スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走 ・・近況報告

前の更新から1ヶ月・・
ずいぶんご無沙汰しちゃいました。リース

いつの間にか師走、もうすぐ1年も終わり、
去年の12月頃のことって、いまもとてもリアルに思い浮かべられるくらいなのに
もうそんなに時間が経ってしまったのだなあ、と感慨深いものがあります。

今日のこれは、レッスンエントリです。
でもレッスンの内容について、ではなくて、
実は私、ヴァイオリンをやめたので そのあたりのご報告など。


以前のエントリでも触れたように、
右腕(肩のすこし下、胸の斜め上)に、いつからか(今年の春くらいかな?)
違和感を感じていたのが急転、激痛で動けなくなってしまったのが9月。
それから、一時、持ち直したというか、やや痛みは好転していたのですが
10月くらいから具合がまたまた捗々しくなくなってきて
だましだまし練習していたのだけど、
10月末あたり、ちょうど鈴木8巻を終了した頃からは
すこし弾いては、数日休み、と まるで、自転車操業のような状態になって
しまったのでした。
勉強していたのは、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲 第5番 1楽章。
いままでの曲よりやはり難しく速い個所も多く、腕にも負担がかかり
休み休みの練習しかできないようでは いつまで経っても、
ちっとも満足のいく出来にならない・・
レッスンにもっていくのは数小節のみにするなど、自分なりに対策をとってはいたのだけれど
腕のことを考えると、このままでは、なかなか治らないだろうし、
レッスンがあると、やっぱりどうしても無理をしてしまうので
考えた末、すこし休んだほうがいいだろうなという結論に至りました。


それから先生に、事情を説明、
(11月になってからはほとんど弾けなかったので、時間はたっぷり。 苦笑)
どうやら先生は、ご自宅でもレッスンをされているようなので
そちらでなら 痛いときは(振替え対応していだけるので)休むこともできるし、
レッスン時間も1時間ほどとってもらえる、ということなので(教室は30分)
今後またヴァイオリンを再開するなら、ご自宅でお願いすることになりそう。

教室のほうには11月末付けで退会届けを提出し、
11月26日が最後のレッスンでした。

その日は腕の状態は、そこそこだったので2~3ページほどは弾けた。
けれども、 出来は最悪~ jumee☆faceA148
それもそのはず、練習、ほとんどしていなかったから。


そのときのレッスンで、
もっとよいボウイングができれば、腕にかかる負担も減るのではないか、
という話をしていて
常々基礎練習も、もっとちゃんとやらなくてはと感じていたこともあり
 レッスン時間30分のうちでは、基礎練習を併用するのは
 無理だったのでした。

腕の具合がよくなって、レッスンに復帰できたなら
ヴァイオリンを一から、つまり開放弦ボウイングから やりなおそうと思い
先生にそう提案すると、大賛成してくださいました。

そういうことで、しばらくの間は 開放弦ボウイングのみをじっくりと練習して、
ボウイングがある程度できてくれば、ぼちぼち音階を始める。
当面は、それだけをキッチリと、
そのうち余裕が出てくれば、なにかのエチュードをやろうと。
(たぶんカイザーとか、そのあたり? 鈴木教本の1巻から、ということはないと思う)
それと今度はヴィブラートの練習も、きちんと時間をかけてみてもらえそうです。

 いま私のひそかに考えているのは、
 できれば音階、ポジション移動、重音をそれぞれの専用教本でやりたいなあと。
 それからボウイングはセブシックあたりで。(実現するかどうか分からないけれど)

そうしたほうが、いままでやっていたように曲をあれこれやるより、
ずっと腕にも優しく、もうすこし基本も身につくだろうし、
開放弦や左手のみ使うヴィブラートなら、再開までそれほど時間をおかなくてもいいかもしれない??
曲は(鈴木教本で)もうずいぶんやってきたし、もう一度基本に戻るのも
ちょうど良い頃合かなと思いました手書き風シリーズきらきら
 それに、、もともと、曲はあまり好きではないのよね~ (^^ゞ
もちろん曲を並行する事も、先生のお考え次第であるかもしれないし、
レッスンで習ったバッハやモーツァルトの協奏曲など、練習にいい曲は、
せっかくなので、忘れないように常に弾き続けておこうかな~。


そういう事情なので、やめている間はレッスン日記は書けないですし、
またレッスンが再開できても、当面は開放弦ボウイングとか、音階とか、
ブログに書けるような面白いことは、おそらくしないのではないかな?
(そのあたりどうなるか、そのときになってみないと分からないですけれど)

ご報告まで長いこと間をあけてしまいましたが
この際、ブログも、ひとまずお休みするつもりにしています。
まあヴァイオリンをはじめてから2年余、ずーっと書き続けてきたから
「超レイト」のイメージにもそぐわなくなっていたし、
それに近頃は、コメントをいただくことも あまりなくなってきて
まとまった時間をかけてブログを書く必要性があるのかについて、
少々疑問を感じてもいたので
ちょうどいい機会かもしれない、という思いもあります。jumee☆faceA114R2


では・・ 
いつもにもまして駄文、長々と 書き綴ってしまいました。

とてもお名残り惜しいけれど そろそろ このへんで終わりとします。
まあネットの世界は狭いですから、
どこかでお会いすることもあるかも知れないし
ブログ仲間の皆様のところには、
またそのうちコメントでお邪魔することもあると思います流れ星



ひとまずの区切りに当たりまして、
ブログ記事、運営に有益なアドバイス、ご協力を下さいましたtakuyaさん
色々と教えていただいたひっきーさんまりんさん
拙ブログを訪れてくださった多くの皆様
リアルで お近づきになれたヴァイオリン仲間音楽仲間の皆さん
他、ブログがキッカケとなってご縁を頂いた沢山の方々に。

 こころからの感謝を込めて。。 またお会いする日まで!flower    


                                ふるふる



Xmas


★ごく直近の近況★

実のところ、残念ながら腕はかなり悪く、この記事も長い時間をかけて書きあげました。
痛みが常時あり、薬と注射でしのいでいる現況。
日常にも差し支えるくらい右手が使えない、ゆえにキーボードに向かうのが難しく、
調子のよいときでも、ほんのわずかしかタイピングができないのです。
(やりすぎると後で必ず、痛みと痺れが出るので)
これは、レッスンをやめたのは正解というか、やめざるを得なかったなと・・手書き風シリーズ31顔6
こういう状態なので、PCに向かうこともかなり制限していますし
ヴァイオリン、ピアノの練習はまったくといっていいほど無理な状況です。 

ほんのすこし前、判明したことなのだけど、
お医者さまによると、右のみならず、左もやや可動性が悪いみたいで
(そういえば、右腕の春先に感じていたような違和感が少々左にもあるような?)
これは、やっぱり長年ピアノで腕を酷使してきたことが原因なのかなあ、と
思ったりします(^^;
ごく若い頃からこういう傾向はあったけど もうだいぶいいトシになってきた今、
ムリをしないように、うまくやっていかないと、ですよね;

開放弦でも、なんでもいいから ヴァイオリンが弾きたーーい!!
切実に思うけれど
こればかりは仕方ないから・・・ まあ、じっくり休養するとします。


こういうことで、いまは お返事を書くのはムリですので
申し訳ありませんが コメント欄は数日置いたのち 閉じようと思います。
(身体のほうは元気ですので、ご心配なく!)

リンクに関しては、こちらには そのまま残しておきますが、
リンク頂いている皆さまのご判断で、はずしてくださっても結構です。
(ブログペットについては、メールによるメッセージ受け取りをしていないので
 友達登録をはずさせて頂きました)
ブログ仲間のみなさん、いろいろと、お世話になりありがとうございましたm(_ _"m
個別にご挨拶に伺うことができず、申し訳ありません!


スポンサーサイト

メトロノーム練習 について

この記事は、過日 私が「ふるふるの つぶやき」に載せたものです。

「メトロノームに合わせる練習」のことで
うまくいかないというお悩みを聞くことがしばしばあるので
メトロノームについての、私の考えをつぶやいてみました。

もうすこし 加筆 or 練り直しなど、しようかとも思ってもいたのですが
上のエントリに書いたように、いまは腕の状態が捗々しくなく 出来そうにないので
そのまま 載せるにとどめておきます。




メトロノームに合わないと悩まれている方へ。 
                               2009年12月 5日


合わないほうがまとも、ということもあり得ます。
悩む必要はないです。
メトロノームの使い方としては「基準のテンポ」を決めるためだけに使ってください。


練習方法は・・

メトロノームを鳴らして数秒間聴いて(弾かないで!)自分でその速さで打てるようにする。

→ワンフレーズを取り出して、そのテンポと合わせる(徹底的に)。

→できるようになったら、その感覚を頭で覚える。「覚える」のが大事!


メトロノームをかけっぱなしにするときは「弾かないで」刻みを覚える。
弾くと、テンポ感は絶対に身につかないし、音楽の内容がメタメタに( ̄□|||

慣れればテンポ100ならこのくらい、60なら..とだいたい分かるようになります。



一昨日、電子レンジに向かって ミルクを温めているとき ふと思いついて
デジタル表示が減っていく カウント感覚を、目を閉じて自分でも数えてみたら
目を開いたとき、ちゃんと思ったのと同じ数まで減っていた。

リズムの感覚とは こういうもの。


視覚的にカウントするのは、いい練習になるので
一度、ストップウォッチや、キッチンタイマーなどの、
デジタルの刻みにあわせて カウント出来るか試してみてください。

これを発展させると、
電子メトロノームを使って、いろんな速さをカウントする練習も有効でしょう。
(振り子になっているメトロノームで揺れにあわせて 視覚的にカウントすると さらによい)

音楽は まあるく揺れる振り子のようなもの。
可能であるならば、電子メトロノームだけでなく
アナログの振り子式のメトロノームも持たれるとよいと思います。


Theme:バイオリン
Janre:音楽

プリント(BlogPet)

きのうはピンツは展開を検証ー!
それで脱線はプリントしないです。
それで追加したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「とろにゃん」が書きました。

レッスン #104 ~105-2 ベラチーニ コンチェルト ソナタ 4楽章

では、前のレッスンエントリと時間的には同じで曲違いの日記 でーすウッドストック

今回のベラチーニ 4楽章、この曲は 鈴木教本 8巻の最後、
ということは 鈴木のピース曲としては最後ということなのですね~jumee☆peace2
(9~10巻は モーツァルトの協奏曲だから)

っていっても、いま思いだしても、そんなには注意されたことも なかったかな・・
曲の難易度って (とくにこういうソナタのように)いくつも楽章がある場合は
楽章によって まちまちになってくると思うのだけれど
4楽章は、さほどテクニックとしては、難しくない?ように思えます。

3楽章と同じく(舞曲だから?)同じことの繰り返しが多くて。



「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集8】

●ベラチーニ  コンチェルト ソナタ 4楽章


4楽章はじめ

はじめの部分。
全体的に、このパターン・・・
長い音符3つ +タイ そのあと、小動き・・ が何度も繰り返される。
8分の6拍子なので、付点4分音符 付点8分音符 は3拍にかぞえる。
それがみっつと、最後はタイで4分音符(2拍)に結ばれる。
ここのところを、かなりしっかりクッキリさせるように言われました。
そしてそのあとを軽く、対比をつけて。
最近、こういうフッと抜くようなスラーのあとのスタッカートがなぜか好きハート



そのあたり

冒頭に出た音型があって、そのあとが変化して、どんどん新たな展開が・・
見ての通り、(1段目のピアノあたりから)
8分音符の続く音型でもその役割によって強弱は変化する。
上に向かうところ、行って帰ってくるように足ぶみするところが交互に。
それから2段目ピアニシモはつなぎながら、次第に音を大きく(cresc.)して
フォルテにつながっていく。



モルデント

このモルデントなのだけど、
あたりまえに、すべてを同じように揃えて弾かないといけない。
でも丸をしたところ、同じ音を連続しているから指を一度あげて置き直さないといけない。
これが、意外とくせもので・・・ねこ
リズムが狂うと、置き直さなくていいところとの違いが 際立ってしまうから
注意が必要。

ヴァイオリンをはじめた頃って、
ピアノタッチというか、ひとつひとつの音を指を離して押さえるのが、
自分にはとても自然なことだった。
なのに、いつの間にか ヴァイオリンの常識 、
=可能な限り指を押さえたままにしておく に ずいぶん慣らされていたんですねえ~
いまは、指を離すほうが難しい。音程が狂いそうでコワいのよねーjumee☆faceA107


おなじく

おなじパターンが繰り返される。
ここは転調してト長調になっているので 曲調は明るい感じ。
(始めはホ短調)
これでもかって具合に続いていますよねー 同じ音型顔



かぶせるように

このような、同じ(G、H、E ソ・シ・ミ ~)を3回続けるところ、
被せるというか、念を押すかのように・・ 最後を丁寧に納める。
こういうのって、話し言葉と似ているように思えます~ねこ



アクセントなど

ここも同じことを(またまた )一度めは 、二度目は で繰り返す。
頭の音にメロディーが含まれるので強調すべきなのだけれど
はじめはアクセント、あとのほうは テヌートになっている。
ということは、アクセントの弱い版がテヌートと考えていいのかしら。
(まあ、確かにそうかも・・・という気もする)



最後のところ

これが終わり。
フォルテのスタッカート連続は、弦に弓毛を(画像には弓と書いてしまいましたがi-mode絵文字風・汗
食い込ませるようにして、区切りのいい音を。
締めくくりの重音はやはり5度を含む。
でも端が開放弦なので、(私には)比較的、弾きやすいみたい。


そういう感じで、
ベラチーニ コンツェルトソナタ 4楽章は レッスン ♯ 105 (10月 22日)で 合格。
鈴木教本 8巻もこの日で終了となりました~花

Theme:バイオリン
Janre:音楽

だんだん寒くなってきました (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ だんだん寒くなってきました
「いろいろな鍋がありますが、あなたの一番好きな鍋は?」

鍋は、もー、すっご~く好きハート
それだから寒い季節の鍋 頻度は、異様に高いのよね(^^ゞ

好きなのは (だいたい、なんでもいいけど)しゃぶしゃぶ かな。
お肉は豚でも、牛でも。
ポン酢とみそだれ、両方で頂きます~

鍋が好きなのは、たぶん、煮た野菜 サラダ が好きだからでしょうね。

とくに「菊菜」 レタスは、
なかったら 鍋をするのをやめる、というくらい好きですねえぴかちゅ
あとは、大根とか、えのき・・・


鍋のために卓上のIHクッキングヒーターを買いたいナ、と思いながら
いまだに買えていない。
数年前に買い替えたカセットコンロがまだまだキレイだからーあまつぶちゃん
でもあれは、鍋の位置が高くなるので
私は立ったまま食べることになっちゃうんですよねえ~
座っていると、鍋の中身がみえないんですもん(子供か 汗)

って、またまた脱線しちゃった~(^^ゞ


さて、今年も、待ちに待った鍋シーズンがやってきました♪
いまのところ、鍋をやったのはまだ3回位だけど、
今年はどのくらいやることになるんだろう?

鍋・・・ 秋~冬の楽しみのひとつ、ですよねアップロードファイル

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages 90

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。