スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調って どうやって

今日はなんとなく ぐだぐだ過ごしてました。 

横になって ボケーっと 考えごとなどしていたら、
そーいや いつも、

調 って  どうやって みわけるの?    

   って聞かれること、多いよなあ と思った・・ ぽやん


せっかくだから 書いておこうかな~ 調の見分け方
 ・・て、ことで 今回は こういう日記。




ここで、ちょこっと 余談。。

私がまえに、ピアノを教えていたときには
小学校低学年(またはそれ以下)のちびっこの生徒さんでも
シャープとフラットが6個までの調(つまりほぼ全調)はすべて
見ればすぐに判る(=楽譜がすらすら読める)ようにさせていたのだった。
いや、べつに音楽理論を 完璧にさせる方針だからではなくて
ピアノの場合、いちばん最初の一歩は ハ長調(なにも つかない)からはじまるけれど
初心者用教本の「バイエル」でさえ、 すぐにシャープ、フラット4個あたりまで
出てくるんです。 (大半はハ長調ではあるけど)

シャープ4個の曲が課題になったときになって、
いままでにやったことがなかったものを 初めて目にしたら、
「ええーっ ナニ、これ!! ややこしそー こんなのできなーい!!なみだ」 ってなって
決して、曲の内容は そこまでむずかしいとはいえなくても
練習するのが億劫で、見ただけでまったくやる気もでなくて、
結局、挫折してピアノをやめてしまう例を (よその先生のところでは)たくさん見てきた。

およそ、すべての楽器をやるうえで  こんなの できなーい!! と
思うこと は、禁物です。  (って、楽器に限らずですよねー)
そう思った途端、自分で みずからの行方を阻む 高い壁をつくりだして、
出来るハズのものも 出来なくしてしまう。

ところが、ずっと以前に 学習済みでしっかりと頭に入っているものが出てきたら、、
「あっ? やっと 前に習ってたの出てきた~! 嬉しい~ ガンバロー♪」 と
なるのですよね~
(だからと いって、 すごくうまくなるというワケでは決してないけどね(^^; )
そして、シャープ4個の曲を、いままでより楽しい曲をやっている気分で弾けてしまう。

それにしても、この差は大きい。  

要は、気持ちの持ちようラブ って とっても大事ということねー



はい、余談は終わり。。ごめん


調を憶えるには「理論をしっかり理解して」 というのが 最終的には理想だけれども

最初はとりあえず まる 暗 記 ~ トゥース が・・ てっとり早い(笑)


でも まず、調のことをやるまえに、
予備知識というか、シャープとか フラット(調号という)の つきかた。
 (別に憶える必要はナイけど、憶えると「便利」ではある。)

「この曲、シャープたくさん ついてるなあ~」とか思われること、あるでしょうけれど
あの 調号のつく順番 というのは、決まっているんですね~


例えば、シャープ のつく 順番ならば、 1番目 ファ、2番目 ド ・・・・ という具合。 
 絵文字名を入力してください下の画像をご覧くださいね~。


シャープのつく順番

フラットのつく順番

しかし・・ どデカイ画像が目に突きつきささる・・・ 汗
や、 高齢化社会に 対応~ ってことでえ~ 絵文字名を入力してください   
あんまり考えてなかっただけなのに すごい 言い訳。。(ーー;)

ここで 気をつけてほしいのは 調号は左から右に向かって書くってこと。
つまり、ひとつずつ、ズレていっているということですね。
  → シのフラットの上に、ミのフラットを書いたりしない。


それでは・・ ようやく 調の見分け方。 にいってみます~(#^_^#)



★ 長調 

長調の見分け方

すこし説明しますね~

まずシャープのときから、
 ( ここで上の シャープ、フラットのつく順番の画像をみてもらうといいのだけど)

たとえば、♯ が5個 ついたとすると ファ、ド、ソ、レ、ラ ってことで・・・
最後の♯は「ラ」
その ひとつ上だから 「シ」 (を主音〈開始の音〉とする)長調。
「シ」 音名でいうと・・ 「ロ」

だから、答えは  「ロ 長調 」


次にフラット。

フラットひとつは「ヘ長調」と、憶えるしかないんだけど
ふたつめからは、ひとつ前のフラットの音をみるとよい。
たとえば、フラットが4個だったら ひとつ前の3つめは シ、ミ、ラ・・・ 「ラ」
「ラ」 音名でいうと・・ 「イ」
だから、答えは  「変イ 長調 」


音名、階名の表

必ず気をつけてほしいのは 主音に シャープやフラットがついていないかということ。
この#の例では、ついていないけれど
もしついていたら 「(えい)ロ長調」っていう 言い方にしないといけない。

同様に、フラットならば「(へん)」がつく。 ・・上の例のように。

  ハートシャープは (えい)、 フラットは (へん)。


★ 短調 

短調の見分け方

基本的に長調のときと同様に考えてもらえばいいのだけど・・

ただ、「3度」 という言い方には ご注意ください。

この「音程」を表す「度」という言葉は、 数えはじめる音も含めて考える。

ドの3度上だったら:  ド、レ、ミ・・・で  「ミ」。
ソの5度上だったら:  ソ、ラ、シ、ド、レ・・・で 「レ」。 という具合。


ひとつ例をあげて 考えてみるとして、 ではフラット4つの短調は?笑顔


♭ が4個 だから シ、ミ、ラ、レ ってことで 最後の♭は「レ」
その 3度上だから 「ファ」 (を主音〈開始の音〉とする)短調。
「ファ」 音名でいうと・・ 「ヘ」

なので、答えは  「ヘ 短調 」



 ・・ということで 今回は 調の見分け方(まる暗記方法)を かいてみました。

まあ、他にも 考えかたはあることだろうと思いますし、
それぞれが、 一番やりやすいやり方で やればいいのではないかなあー、と。吹き出し


ひとつの例として、なにかのご参考になれば、嬉しいです~ねこ

スポンサーサイト

Theme:バイオリン
Janre:音楽

ドイツ音名表

私の レッスン日記に ちょくちょく 出てくる  ドイツ音名 の表です。


ドイツ音名表1
  ☆左から ド  レ ミ ファ ソ ラ シ ド  と 順番に 
  ツェー、デー、エー ・・・ となる。
  同様に たとえば シャープがつくと、ツィス、ディス、エイス・・ という具合
腟究


ドイツ音名表dur_moll



  ☆追加☆
 階名(ドレミのこと) と 音名(イロハ)も 載せておきます~♪


階名と音名


音名って、「ドレミ・・」のことだと思っている人、意外と多いみたいキティちゃん
あっ、そうそう ドレミ・・ っていうのは もともとイタリア語なんですよ~

(すっかり日本語みたいに馴染んでいるけど)

ホント、頭ん中、ゴチャゴチャになるよねぇー感動◇



  ライン



音を いちいち 「ドのシャープ」とか いう 書き表し方をするのは 紛らわしい。

例えば   ド♯レミ って書いてあったら

 1. ドのシャープ があってから レ、ミ なのか、

 2. ドがあってから、レのシャープ、ミ なのか、 とっても判りにくいですよねーピキッ


楽譜的に考えたら、シャープは音符の前につくものだから
これは、ドがあってから、レのシャープ、ミ だなぁって思うのです。
 私が書くなら、必ず前のほうにシャープをつけるんです。

でも、どこかのブログで、
そうじゃない使われ方をしているのに遭遇したこと、あるんですよねぇー

それで私は、時々 レッスン日記では ドイツ音名を使っています。
 必ずしも、常にではないけど。。  
たまに、日本語で 「♯ド」とか書くのが面倒なときとかあるし~ねこ

そのとき、いちいち ドイツ音名の読み方について 解説してもいられないので

とりあえず、メモとして書いておいたので  (例によって きちゃない手書き )

アップしておきたいと思います~  

カテゴリの「音楽理論」を作ったからそこに入れておこうっとースマイル2

あ、ついでに

 長調 = dur (ドゥア)    短調 = moll (モール)

 ・・ って表すのも 書いておきました。 (a moll とか、例 も一緒に)

ちなみに、短調の場合は 基本的に小文字を使うのですネ。

 私の知る限り、たぶんそうだと思う。  もし違ってたらスミマセン 絵文字名を入力してください

だから例えば、A moll って書いてあったとしたら 正式の書き方ではないんですよね腟


というわけで、
私のブログで ドイツ音名がでていて アレっ? キw と思ったら ココを見てね~OK


誤解があったかもしれないので、追記。

これはあくまでも 私が横着をして 「ドレミ」で記事を書いていないときの申し開きに使うために
アップするものです。

ドイツ音名を憶えるために、ではないし、ましてや憶えた方がいい、などとお勧めする意図は
まるでございません。 

だいたい、そういうのって 人それぞれ。
必要なヒトも 不必要なヒトも・・・ それにまた、いろいろな事情もあるし・・ですものね♪

あっ、もちろん、憶えたいナァーって思われている方がお役に立ててくださったならば
とっても嬉しいですけどネ~♪

Theme:バイオリン
Janre:音楽

キーボード 感覚

『鍵盤の 感覚を
    いまさら おぼえるのって 大変 』


   ・・っていうのは、ちょくちょく耳にしていたんだけど、 考えだすと


この前の 記事、
  不親切すぎたかな? と トッテモ 気になってきたので、補足しとこうかなと。


まずは、自分のことを考える・・

私って 鍵盤のカンジを わかっているかな?  

当然、答えは Yes だと思われるだろうけど 、No でもある。

もちろん、長年、ピアノの鍵盤を見てきたから そういう部分ではYes なんだけど。

でも私って、空間把握能力が 著しく悪いのですねー
三次元のパズルとか まったく出来ないし、
前に書いたように 神経衰弱が とび抜けてダメ
だからか、鍵盤を頭に思い浮かべようとすると、よく知っているもののハズなのに、
なんとなーく ぼんやりとしかイメージ出来ないのですね。。

そんなだから、ピアノを教え出してから、
黒い鍵盤って 3つのところと 2つのところがあるっ!
っていうことを 改めて 考えたという・・
  なん十年 ピアノやってんだよ、、ってカンジですが


で、 とりあえず 
子供に教えるように 自分も チョキ みっつ、チョキ・・ と考えていた ってことは
生徒さんにはあまりに恥ずかしいので ずーっと ヒ ミ ツ だった。。

なにが チョキかって? 

黒鍵には チョキの指が乗るところがあって(ふたつってことね)
ドの鍵盤のすぐ横チョキ があって、そのあと、黒いのが(鍵盤だよっ鐔?
みっつあってから、 また チョキの鍵盤がある、ということ・・

下の鍵盤の絵、見てくださいネ。  チョキ、みっつ、チョキ になってますよね膃


1

ちょき・・



そして、鍵盤を ながめていて、 つぎに 気付くのは。。

ミ ファ  と  シ ド の間に 黒鍵 がないこと。

2

半音


それが、 半音  ということなのですね。

そして、半音 っていうのは となりの鍵盤のことでもある。



それから、あとは シャープ とか フラット (臨時記号) の ことだけど。。

ご存じのとおり、 

シャープ(♯)は、半音 上がる(高くなる)

フラットは(♭)、半音 下がる(低くなる)


3

臨時記号

つまり、

シャープ(♯)は、右よこへ いき

フラット(♭)は、左よこへ いく



音は、 右に行くほど  高く、 左に行けば 低い 。 


考えてみたら、 鍵盤 を知っている ということは
この3つを知っているというだけのこと、なんですよねー


って、やっぱり、、 ややこしい・・ かなぁ??


うーん、なかなか 自分では こういうこと わからなくて・・

加えて 文章もヘタクソなので つい メンドウくさく 書き過ぎているかもしれない。


だとすれば、スミマセンー  


でも、鍵盤のこと、知っておいて ソンはないと思うので  
気が向いたら、チラっと見てくださると、 そのうちに、馴染んでくる ってこともあるかも?・・


     ・・・・ なんて、思って 今日は補足を書いてみました。


  まぁ、でも、

  なんでも 自分のやりやすいやり方で やるのが 一番ですよね~腟究    

☆スケールの学校 * 追加問題

さっきの スケールの学校の記事のテキトーに作った問題に、
しょこらさん は、マジメに考えてくれて 全問正解されたみたい

ちゃんと、考えてくれる方 いらっしゃったんだわ~ とちょっぴり感激腟究したので
追加問題を、もう少し キレイに作ってみました膃

お遊び気分でやってみてくださったら ・・・ と 思いまーす腟究



鍵盤の 矢印のようになるように ♯や、♭ をつけましょう。



鍵盤問題1

鍵盤問題1-1




鍵盤問題2
鍵盤問題2-1




鍵盤問題3
鍵盤問題3-1


回答は コチラ (白字なので反転してね)→  1  ♯、♯   2. ♯、♭  3. ♭、♭



★次の音は、何番ですか?

鍵盤図


臨時記号の問題

回答は コチラ 
(白字なので反転してね)→ 11、9、2、7、12、11、7、6、13 


 鍵盤図、あとでつけたしたところあるので、あまりキレイじゃなくって スミマセン腟究

スケールの学校

そろそろ、世間はお盆ですねぇー

お盆はとくに予定ないような気がする?ので 練習三昧kirakiraになるのかなぁ。
 って言いながらも 「暑くてぇー」とか理由つけて あんまり やらない可能性大

でも16日には、ひとつ あんさんぶる会への参加を予定していて楽しみにしています。

それが、いままでより 家から近めの会場になるので、嬉しい~♪
田舎に住んでると、都会に出るだけでも なかなかターイヘンなのよね


今日は、お風呂の換気扇が潰れた(泣)ので
もう少しあとでサービスの方が修理に来る予定。
ああ、いまから 掃除しなくっちゃー鐔  

暑いしー   眠いしー  ツラーい~  と ブチブチブチブチ。。。

  ・・・と、珍しく、どーでもいいことを書いたところで、


さっきっから、ピアノレッスンのお仕事をしていたときに使っていた教材を見ていた。

それは スケールの学校 という本。

そのタイトルが表す通り、
スケール(音階)を判りやすく学ぶための教材なんですね。

はじめて音符(楽譜)のことを学ぶ子供に、 何長調とか、全音とか半音とか、
そういう、音符の成り立ちについて 教えていく・・・というもの。

子供向けだから、内容はとっても簡単に書かれているんですけど、
この本をひと通りやれば シャープやフラットが 6つついた調まで
しっかり憶えられて 音を鍵盤で弾けるようになる、というもの。

これは、いま、ヴァイオリンを学んでいて
楽譜に苦労されている大人のレイトスターターの方にも参考になるかも?
 ・・・と思ったので、すこしばかり紹介してみようかなー

で、まずは どういうカンジなのかというのを、
そのまんま、載せていいものかどうか分からないので
例によって パソコン超レイト らしく ペンタブを使って
きちゃない 走り書きをしてみました。

えっ、きちゃないの見たくない??? 
 まぁまぁ・・ ちょっとだけだから、許して~~

 だって、キレイに書く時間がないんだもんー  
誰か代わりに掃除してくれるんならなー。。羈c



問題1


 こういうカンジで、シャープやフラットがつくと、鍵盤のどの位置にくるかを憶える。



問題2

シャープやフラット がつくと どの音になるかを素早く理解できるようにする問題。


私はちいさい子供に教えていたとき、たくさんこのような問題をつくって
五線ノートに書いていました・・

 えっ、回答~?膃
 上は ♭、♯。   下は、6、12、9、9、2



最初は、こんな風に、シャープやフラットにまず慣れてから、
全音、半音についての勉強が始まる。

そして、次第に調号(シャープ、フラット)が増えていく・・・ようになってます。


もし、また希望があるようだったら、つづきも紹介しますね


さあ、掃除、掃除~~ 

Theme:バイオリン
Janre:音楽

ド・レ・ミ ・・ 音符をよむ、の話

今日は 少々マジメに 「楽譜=音を読む」 ことについて書いてみますオンプB2

 っていっても、とーっても簡単なことなんですけど・・焦る3
 

 以下、音を読める方には関係のないお話ですし、
 ちょっぴり退屈な話かも知れないので追記で書こうと思います。

 ちょっと 見てみようかなー? と思われる方は、
 READ MORE(続きを読む)からご覧下さいね~
キラキラ

「ド・レ・ミ ・・ 音符をよむ、の話」の続きを読む

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages 1

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。