スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guillaume(ギョーム)の松やに

ギョーム 裏蓋
いきなりの画像で、
     失礼しまーす


そうです、
買ってしまったのデス(^^;



この松やには
Guillaume ギョーム 



過去日記のコメを、下まで よく読んでくれている方には 判っていたことと思うんですけど
   ・・そんな人いるのかな?  ムム… 

メロスの松やに を購入して、しばらく経ったころ(だったかなー?)
前の松やに 日記 松やに ほすぃ(かも?) のコメント欄にて
necoさんが この ギョーム 松やに の お買い得情報を教えて下さった。

それがまた、とーっても お買い得価格 だったので、
かねてから ギョームにも興味があった私としては、どーしても欲しくなってしまったのでした無言、汗

   necoさん、その節は ありがとうございました~ はあと

さてさて、
最近、松やに記事ばっかり 書いている気がするので この ギョーム について
書こうか、どうしようか 迷ったんですけど
いままで散々書いていて、これだけ書かないのも片手落ちかなぁー? と思ったので
レポすることにしました アップロードファイル

  大概にしてよー  飽きてるよ~~ と言われそう?  ゴメンーー(汗)

もう、 ワタシって 松やにコレクター??(爆)

ギョーム1

 パッと見、こんなカンジ・・


 バーズアイ・メープルの
 なかなか素敵なケース入り♪

 お色は、かなりダークです。




ギョームとメロス

 メロス ミニ・ダークと並べると、
 ずいぶん、形が違いますよね。
 








ギョーム2

まずは、ヤスリで
(コレ、爪やすり♪)
表面に細かいキズをつけまーす。



これやるときって、
ちょっぴり ツライ 謎猫 ナキ のは
私だけ?
 

それから 匂いを嗅ぐ・・ クンクンクン・・犬
おー、松のいい薫りがしーっかりとしてますlove  メロスはほんのりだったけど。

それでは、実際にヴァイオリンで音をだしてみませう。。

ひっかかりは・・・ かなり いいみたい。
そんなにダークの松やにって感じはしないんだけど、結構、しっかりと弦を捉えるという印象。

メロス・ダーク は 完全に ダークっ! というカンジだったけど  
  って、どんなカンジ~??
jumee☆faceA109
このギョーム は ライトとダークの中間くらいの雰囲気だけど、ひっかかりはいい。
重くならないながらも、はっきりした音、音量もよく出る。
ただ メロス・ダークの方が、音の輪郭はクッキリするように思います。 
(これは好み次第)

というか、弾き比べて思ったのですが、
メロス・ダークは、引っかかったという手触りと僅かなノイズ?が感じられる音色が味がある。
いわば、渋みのある音(ダークって、大抵、そうなのかな?)

ギョーム は、音は透明感があり、伸びやかな音でありながらも 適度に弦に吸い付き
普通のライトタイプの松やにに比べると、とても弾きやすい印象。

雑音らしい雑音は、さほどしない・・
上質の良い松やに、という気がしますねー  粉とびもそれほどないみたい。
これは、結構、いいかもーー♪  人気があるのも頷けますheart

いまの、ちょっと暖かくなってきた季節にはピッタリあっているように感じます。

でも、前回のメロスの記事でも書いたように、
メロスの松やにのライトとダークをブレンドして作り出したまーるい音が私は好きなので
どちらも、それなりに甲乙付けがたい また、違った魅力があるように思う。

 だから、どちらと決めてしまわないで、気分や気候によって使い分けていきたいかな?

それにしても、ダーク、というか引っかかりのよい松やにって、
今回2種類を使ってみたワケだけど、弓の操作がしやすいという点で
私はとても気に入っています。 

まーだまだ初心者なので、弾きやすいことって大事。 (^^ゞ
特に、G線などは こういう松やにだと ライトタイプとの違いが
顕著に現れるように思いますねー


さて、これからの季節、どんどんと暖かくなっていくんですけど
最近、手持ちの種類をかなーり増やした松やに達(苦笑) 。
その都度、何がいいかなぁ~と 弾き比べたりしながら、最適なものをチョイスしたり
もしかしたら、また なにか違う松やにを試してみたり・・(えーっ!?)

なんだか、そういうのが 楽しみ になってきましたーにっこり

あー、もうこれは
確実に 松やにコレクターへの道 を踏み出しているのかなーっびっくり


そう言えば、以前の松やに日記のコメ欄で
マイスター ふるふる などと 名乗って ふざけていたんだけど
いまとなっては 笑い事ではなくなって来ているのを、
   ひしひしと感じる今日この頃なのでしたjumee☆faceA104
スポンサーサイト

MELOS(メロス)の松やに

1月23日の過去記事、松やに ほすい(かも?) では、
沢山の方に 松やに情報を教えて頂きありがとうございましたBrilliant

さて、あれから3週間ほど経ったわけですが・・・


あの時点では、どーしようかナ~と悩んでいたんだけど  ホントよ~jumee☆faceA3
せっかく、こうやって色々と情報も もらったことだし、
やっぱり実際に使って試してみないとーってことで、松脂をようやく 購入しましたーびっくり

購入したのは、CEROさんに教えてもらった MELOS(メロス) 
 CEROさん、ありがとうございましたープレゼント


何故これを選んだかというと、あまり使っている方がいなくて興味を惹かれたのと
同じブランドの ダーク(秋・冬用)ライト(春・夏用) をブレンドすることによって
その都度 自分にあった状態を作って使うので 年中オールマイティなのが嬉しいナ、と。
しかも、ミニの小さめのが発売されていて、なんとなくだけど
そんなに無駄にならないような気がしたのですよねー  ええ、ちょっぴり気分的に 笑2 

以下は、ネットで見つけた紹介文・・

透明度の高いきめの細かい松脂で心地よい引っ掛かり具合です。
いかなる化学物質も含まず、調整の為のブドウ糖や砂糖等も含んでいません。
注文されてから製造されのでいつも新鮮で100%ハンドメイドです。
ギリシャの松木から採取した松脂から精製して製造されます。ギリシャ製。


HPを見てみると、
ライトは春、夏(気温の高いとき)に、ダークは秋、冬用というのに加えて
ライトは室内楽の中のソロで、ダークはオーケストラやコンツェルトでのソロでの
使用に向いているということ、
2種類をそのときの状況に合わせてミックスして、より適切なブレンドにして使用することが
推奨されています。

melos松脂1

 左がライト、右がダーク










melos松脂2

アップこんな カワイイポーチに入っているんですよ キラキラ(ピンク)

この松脂は、見ての通り キャンディーみたいに まーるいカタチ・・
ポトッと、落として固めたような ちょっと 不揃いなカンジ がカワイイですうふ

・・さて、 使用しての感想です音符
  ただ、これは完全に私の主観なので、あまりアテにはならないとは思います・・



最初に、ダーク 単品を塗ってみる・・。
はじめて、使うダークタイプということもあり、まずは引っかかりのよさに驚いた。
各弦で、レガート全弓、音をストップさせるスタッカートなど弾いてみる・・
スタッカートのとき、とってもストップがかかりやすい!
どちらかというと、いままで音を止めてのスタッカートは苦手だと思っていたんだけど
この松脂だと、しっかり止まってラクに出来る!
弾き難く思っていたのは、さらさら(ライトタイプ)の松脂のせいも、大きかったのでした。
 驚きの?発見でした~
ただ、急にストップさせると 弦が ギッ!と音を立てる。
あっ、これが雑音・・?!
いままで弾いていて、雑音というものを意識したことがなかったので なんだか新鮮?というか
これはこれで、味がある気もしますねー♪
ダークは、やや暗めの音色、輪郭のハッキリした音で、大きな音量 が出る。
弓の操作性が向上するので(超初心者の私には)扱いやすくて、気に入りましたチューリップ

次に、ライト 単品。
うーん、ダークと全然、違う~!
違う弓に塗って、連続して弾き比べたんだけど、
当然ながらすべすべしていて、同じように弾くと、弓が、ちょっと横すべりしてしまう。
 (これは ヘタさのせいだと思います、ハイ (^^; )
ライトで弾くときは、ダークより心持ち重みをかけて、もっと慎重に弓を置いてから
移弦しないといけない。
弓の重みをつかってレガートをつくる、という感じ。。
逆にダークの場合は、ひっかりが良いので弓を動かしながらでも、
次の移弦先さえ意識しておけば、比較的スムーズに移弦できるようです。
ライトは、音の立ち上がりがキレイ?
ひとめ(ひと聴き? )ですっかり気に入ったのですが、
澄んだ明るい音色、でも、くっきりしているというよりは丸く柔らかい音がするような。
 これも完全に私の主観なので、あまり参考には ならないと思います ウインク


2種類をブレンド してみて思ったのは、
部屋の気温、湿度のせいもあるかもしれないけど、意外と ダークの影響が出やすいということ。
あとで塗ったものの印象が出やすいというのも あるけれど。

ライト2回ひき ダーク1回ひき だと、少ない割りに 最後のダークの雰囲気がハッキリする。
ダーク1回ひき ライト2回だと、やっとライトのカンジが少し出てくる。

ダークの方が粒子が粗く、ライトよりも よく粉とびがする。
その分、1回ひきでも沢山、弓に松脂がつくのかもしれない?

ある程度のひっかかりで良くて、ライトの音を重視したい場合は
ダーク1回ひき(軽めに塗る) ライト2回 が いいかな~?

ダーク → ライト → ダーク だと、完全にダーク。
ライト → ダーク → ライト だと、ちょっぴりライトで、ややダーク。 

     ・・ という印象がします(私の場合)。

  ・・って、こんな書き方で、判るのか~~!? あちゃー


弓の操作性のよい ダークと、音がとっても好きなライト
どちらを取るかちょっと悩むけど、気候にも合わせて色々とブレンドを試しながら、
自分の好みの状態に近づけていけたら、と思っています。


はー、この記事、時間かかりましたぁ~(汗)
次第にワケ判らなくなっていたかもしれない?(^^;;

Theme:バイオリン
Janre:音楽

松やに ほすぃ(かも?)

このところ、ヴァイオリン話にちょっとご無沙汰しているので
今日は 新しい 松やにが欲しいー 
  ・・けど、もったいない?どうしよう?ムム…  
ってことを書きたいと思いまーす♪

松やにって、なかなかなくならないから 一度買うと長ーく持つことになるチューリップ
いま、合計3個持っているので (それもほとんど減ってないか使ってないもの)
新しい松やにを買うっていうのは、ちょっと気がひけるのですよねーアップロードファイル

割れても大切に使ってるとかいう話を聞くと、とくに。

でも、私の持っているのはすべてライトなタイプ(サラッとしているもの)だから
もう少しダークで引っかかりの良いものも、使ってみたい気がするのですよね・・´д`トホホ


では、私の持っている松やにをご紹介。

最初に買ったのは、
Bogaro & Clemente (ボガーロ アンド クレメンテ)

Bogaro&Clemente1
Bogaro&Clemente2

美しいバーズアイメイプルで作られたヴァイオリンのかたちの容器に入ったこの松やに。
これはヴァイオリンを習い始めるときに購入したもの。
この良質の松やには古いイタリアの松やにの調合方法で開発されているとか。
楽器を製作する際に 用いられる型(内型)が精巧に型取りされ、松脂の背になっているらしい。
松やに本体が剥き出しなので塗りやすいです。
 でも何よりも、やっぱりこの可愛い形が購入の一番の決め手だったですね(笑)

アルシェ301
これは、アルシェ 301
もともとは、アルミのチャック付 袋に入っているのですが
嵩張って携帯しにくいので、HELLO KITTY キティちゃん のケースに入れ替えました♪

 ・・以下、ネットで検索した紹介文。

上質の松脂できめが細かく弾いた感じも良く、引っかかりも緻密で均一です。
音自体もノイズが少なくクリアです。
松脂自体は201と全く同じ物で使いやすさと環境に優しくした製品です。
高純度松脂原料を用い、幻のベルナーデル製法をべ一スに開発した。
雑音がほとんど無く、美しい澄んだ音色、ひっかかりがよく弾きやすいなど
演奏家から高い評価。
またアレルギー症状が出にくい松脂だそうです。


スーパー センシティブ
スーパー センシティブ
これは、いまのヴァイオリンを買ったときについてきたもの。
木枠で、アルシェと同じで塗りやすいカンジではあるけど、いまのところ使っていない。
なので、写真は一番、綺麗ーにっこり

ところで、私はヴァイオリンを始める前から松やにには憧れ?があった。
琥珀色をしていて、とーっても綺麗だなと思っていたのですね。
特に、この3番目のスーパーセンシティブなんか、使っていないから
光沢があってちょっと鼈甲飴?ぽくてキレイ♪ 
こういうのって、見ているだけで楽しいードキドキハート

松やにって、そういう コレクションしてみたいなーキラキラと感じさせるところが
あるような気がします。
子供の頃から習っている人とかだったら、そういう風には思わないのかもしれないけど?

さて、上の2つの使い勝手についてですが、

どちらもサラサラして、良く似ている感じがします。
比べるとアルシェの方が、サラサラ度が高いかも?
それと、アルシェはとても粒子が細かいのでそんなに飛び散らないみたいです。
音もクリアな音になるような?(好み次第ですけど)

そうそう、
ボガーロ&クレメンテを使っていたとき、(たまたまかもしれないけど)
アレルギーなのか?胸の痛みが出ていたんですが、アルシェ301に替えてから
なくなったのは、やっぱりアルシェがアレルギーが出にくい松やにだからなのかなー?


まぁ、新しい松やにを買うか、どうかは別として
色々候補を考えたり、するくらいはしておきたいかな?  ホントに考えるだけー?・・jumee☆henoheno5

オフ会で Chocolatさん に使わせてもらった アルシェ201 solo も、
なかなかイイカンジでしたね~

・・ってことで、
使っている松やにの使用感とか、これがお勧めなど・・他、
なんでも 情報がありましたら 教えて下さいね♪

 後の参考としても お聞きしてたいので、ライトタイプのことでもOKでーす! flower3

  オンプP1もちろん無期限、募集中でーす。 あとでコレ見た方もヨロシク~~ ウインク

Theme:バイオリン
Janre:音楽

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages 1

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。