スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maestro は まうすとろ♪

ヴァイオリン友達のやまさんが、
ブログにて 「まうすとろ」という日記をアップされていたのですが。。

  お気楽とろにゃん

 左1-GL これ、ウチの お気楽 とろにゃんたらり






この まうすとろにゃん もとい まうすとろ絵文字名を入力してください

これこそ、5月24日の日記 3 (まったり編)   (要するに、オフ会ね) の
みんなのお楽しみの 晩ご飯の席で話題になったもの。
  後に、コメント欄で やまさんの×× として 話題にも出てましたよん♪ 
  え、そんなの知らん??  さいですか・・・(汗)


やまさんが、おもむろに ヴァイオリンを取り出し
こういうミュートあるのよー・・と見せてくれたとき・・

私と まうすとろにゃん 運命の出会い絵文字名を入力してくださいをしてしまったのデシタ。

えっ、大袈裟ってー?  

ううーん 
見た途端、ヘニャヘニャ~~loveっとなった私の周りから すべての世界が消えたわ(爆)絵文字名を入力してください

これ、これっ、 どこでぇ~~っ???血相をかえて叫び
ブログで紹介するまではー・・・と 言われるやまさんに
 「自分だけっ! 自分だけで見て楽しむだけだからぁーー! どきどき・・・
         ・・・と、写真まで 撮らせてもらったのでした。

モチロン、その後、しつこく 入手先を 聞きだしたのは 言うまでもない。



  これが、ウワサの まうすとろ 様

まうすとろ様 1


ああ・・  何度見ても、 りりしいお姿に萌ぴかぴかハート

そして 後ろ姿は・・・

まうすとろ様 2

んーーーと。。。  ちょっぴり・・  マヌケ かなっ アップロードファイル


いままで、私はミュートとか 使ったことなかったんですけど(田舎なのでえーねこ )

こんなにカワイイ のに めぐり会ってしまったら、これからは使うしかないっ!
  えっ、 なんか、チガウ気がするって?  まぁ、まぁ 気にしないでクダサイな~ねこ

知らなかったけど、ミュートって 音がマイルドになるのですねーえへ
耳に優しくて、なかなか Good ~アップロードファイル
まうすとろとろにゃんは、 ネズミと猫。
トムとジェリー みたいに なかよーくケンカして  すっかり いいお友達でーす(爆)


さて、これだけでは、やまさんのブログの しょぼいパクリ に、なっちゃうので絵文字名を入力してください
ちょっと、私の指の写真など載せておきます。 (ナゼに・・・ガーン )

ばよりん指

見てのとおり、これは いわゆる ばよりん指。 
 リアル指は見苦しいので ボカし入ってます~(汗)

私は、以前 謎のヴァイオリン指 という日記を書いていたのですが
えーと、去年の5月23日(古っ!) 。
そのときに書いたけど、練習すると 指に
くっきりー、と黒い線が入るのですねぇーふぅ

しばらく気になっていなかったんだけど、どうも 弦をインフェルド 赤にしたら こうなるみたい。
(A線とD線かなー)
そういや、インフェルドって、ドミナントと同じ会社の弦!

ドミナントって、 シャリシャリザラザラした音で、それを改善するためには
アルコール綿で拭くといいっていう記事をネットでみたことあるけど
  いちおう、リンク →  ttp://www.sarasate.net/mente/index.html
  (コピペして 頭に h をつけてください)

そのとき、かなりのアルミの粉末が取れるみたいだった。 
もしかして、インフェルド 赤も おんなじ傾向あるのかな?

  ・・と思って調べてみたけど インフェルドは  コンポジットコア/ハイドロナリウム巻
ドミナントは、シンセティックコア/アルミ巻 かぁー

なんか よくわからないけど、指が黒くなるのは 事実・・

これが、練習したあと、なかなか取れなくて 困っているのです。きゃーーーーー
指がいつも黒ーいフルフルさんって言われそうー溜息
スポンサーサイト

PEG DOPE と COMPOSITION

最近、弦を替えました♪
それで、下のような記事を書いたまま放置していたのを思い出したので
先に、これをUPします(笑) かなーり前に書いた記事ですが、見てやって下さいね (~_~;)
弦替えのことは、また後ほど 羅琉 喜



写真は、しばらく前、Solty(ソルティ 前の楽器)のペグの状態が悪くて
困っていたときに買ったペグ潤滑剤。

Goetz(ゲッツ)のPEG DOPE (ペグ ドープ 銀色のもの)
  Hill(ヒル)のPEG COMPOSITION(ペグ コンポジション )

Peg dope & Peg CompositionPeg dope & Peg Composition2


その時は、まだ工房に持ち込む前だったので
Soltyのペグはすぐに緩んでしまうし
Canaly(カナリー 現在使用している楽器)のペグは反対に固め・・
調弦の練習をやっていたので、ペグの状態をもっとスムーズにしたくて
潤滑材を買ったのでした。

始めは、定番のチョコレートことHillのペグコンポジションだけで
いいかなと思っていたんですが
ネットで調べているうちに、ペグドープはペグの緩みにも使える
らしいと見て、迷いに迷って結局、両方買ってしまった(^^ゞ

ペグ コンポジションは 茶色いリップのような形状で
ちょっとクレヨンを柔らかくしたような、口紅よりは硬いカンジのもの。
ペグドープは 香りといい固さといい、完全に石鹸そのもの(^^;)
もしかして・・水に濡らしてこすったら泡が立つのじゃなかろうか?
ためしてはいませんがsc06

Peg dope & Peg Composition3

Soltyのペグを抜いて、ペグドープを塗ってみたところ。
一生懸命塗ったんだけど、本当に石鹸みたいでポロポロとかけらになって
落ちてしまうので、これで精一杯。 あんまりついていないかも ̄□ ̄

これで、うまくペグが止まるようになったかというと、
あい変わらず滑るままだった。
だけど、後に工房さんで見てもらったらペグ穴が合っていないようだったので、
ペグドープ自体に効果がないからではないかも?汗
・・うーん、よく判らない。
使ってみて効果があったよ、という方おられましたら
ご一報 下さいね rirakuma

ペグコンポジションについては、効果はあったと思う。
Canaryのペグに塗ったら、いままで固くて回しにくかったのが
随分、ましになったみたい。


また弦を替える機会があったら、どちらももう一度、使い比べてみようかなー?



Goetz Gold アジャスター

やらかしました・・

先日のSoltyと同じく、今度はCanary(Myヴァイオリン)のA線の向きが
気になり出して、また、ちまちまと弦をいじっていたら・・
「バッシィ~~ッッ!!!!!」 と爆音が( ̄□ ̄;)!!

弦が切れた?   いや、違う・・

駒が倒れた~っ!! オーマイガー!!)゚O゚(

慌てて、Canaryちゃんをヒシッと抱き寄せ、よく見ると駒が横倒しになって
弦がぺっちゃんこになっていました・・・(号泣)

あ、でも魂柱は大丈夫。 よかったぁ~~~(^。^;)ホッ!

少し安堵しつつ、急いで弦を緩めて駒を取り上げ
足のあったところにくっきりと白い型がついていたので、それを目印に
どうにか同じ状態(だと思う)に立てた。
そしてゆるんでしまった弦をもう一度、ひとつずつ張り直し(~_~;)
(この頃、弦張りばっかりしてるワ うぅ 泣)

そこで、どうせ弦を張り直すなら、と最近購入してあったHill式アジャスターを取りつけることにしました。
アジャスターは Goetz(ゲッツ) の Gold 
ループエンドのE線はゴールドブロカット0.26 を使用。

GoetzゴールドブラカットE線の袋


ヒル式アジャスターは、弦の長さがいままでのウィットナーと比べて長くなることと、
(つまり四弦の長さが揃う)重量も軽くなるので音質がよくなるらしい。
しかも見た目もカッコいいのです(笑)

E線をループエンドにしなければいけないので、最初はためらっていたんだけど、
ともさんの「とってもいいよ~」のひと言に背中を押され、買っちゃった(*^_^*)

はずしたウィットナーGoetz 細部

音についてはE線を変えたこともあり、いままでのオブリガードと単純に比較することは出来ないのだけど、気分のせいかもしれないけど軽やかな音がしているような?
ゴールドブロカットのE線、お値段がとても安いわりに(定価304円)、
クセのない、いい音がすると思います。
オブリガートのE線は金色だし輝かしい音で気に入っているのだけど、
いかんせんお値段が高いのよね~ (確か1,700円ほどもするはず)


こんな感じ
 これが Goetz Gold をつけたCanary
 (写真ボケボケだけど・・)

 Goetz のアジャスターは、頭のネジ部分が丸みがあって
 スタイリッシュ!
 ネジも大きくて回しやすいので、お薦めです♪



駒は・・とりあえず見た目は、なんとか元どおりになったような気がします??
明日のレッスンで先生に見てもらわなくては。

(注意:この日記は6月6日時点のことです)

Theme:バイオリン
Janre:音楽

アジャスター

昨日、弦のことを書いていて思い出したアジャスターのこと。

Solty(=ソルティ、前楽器)には最初、スチール弦が張ってあった。
ヴァイオリンを習い始めて数回目のレッスンで、家で調弦が出来ない気持ち悪さに耐えかねて、
先生に「調弦をしたいんですが・・」と切り出すと
「初心者の人はアジャスターがないと出来ません」(だっけ?)とのことで
アジャスターなるものを弦につけてもらった。
それは、弦の上から装着するタイプのもので、微調整はこれで行うという。

アジャスター

  これがそのアジャスター
  クリックで拡大します。


それ以外は何も調弦のことは教えてもらえなかったが、チューナーをピタゴラス音律にセットし、
1つずつ弦をはじきながら、微妙な調整はアジャスターのネジを回すことで対応しつつ
家で自分で調弦をするように・・

それからしばらくして、弦を「インフェルド」の赤に替えた。
(→スチール弦からナイロン弦になった)
楽器店で張りかえてもらったときに、アジャスターを外されたのでレッスンに行く前に
自分でつけなくっちゃと思いあまり分からないままアジャスターをグイグイっとつけると、
アチャ~、弦にキズがいってしまった!!(T_T)

キズのついた弦

レッスンでは弦を替えたことがなんだか後ろめたく、(勝手にしたことなので)
あまり詳しくは報告しなかったけど、先生も「ああ、替えたんですか」位でアジャスターのことなどは何もおっしゃらなかったのでそのまま使っていた。
(ただ・・前に比べてあまり微調整が効かない気も)

ところが最近、新しい楽器にしたことで「アジャスター、どうすればいいんだろう」と思い色々ネットで調べると・・・・
こういう弦の上から装着するアジャスターは分数楽器などに使うことが多いらしい。
 (スチール弦だから?それとも小さい楽器(=弦の細い)にってこと?
  どういう意味かは、はっきりとは分からなかった)
そして、弦が痛むのであまりお勧め出来ないとも。  (も、もう遅い ・・号泣)

そういうのを読んで、この手のアジャスターはあまり良くない気がしてきて、つけるのはやめた。
レッスンで「アジャスターなくって大丈夫ですか?」と言われたけど
「大丈夫です(^_^)」とのやり取りをしたままこの件については終わり。

・・が、しかし、調弦をしていてペグが固くて微妙な調整に時間がかかるので、
アジャスターがせめてA線にでもついているといいかも?と思いだした(¨;)
今度は、 テールピースにつけるタイプの幅広アジャスター にするつもりだけど
やっぱりつけるとつけないとでは、微調整のやりやすさが違うのかな?

アジャスターをつけるかどうするかは予備弦の購入と合わせて、
ただ今、考え中です。 (゜_゜>)

 

Theme:ヴァイオリン
Janre:音楽

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages 1

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。