スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューナーはとっても便利

ヴァイオリンを始めた頃、チューニングはレッスンの時に先生にしてもらっていました。
だけど家に帰って「さぁやるぞ」といざ練習し始めたら、
始めはいいのだけど数日経つうちに音が狂って来ている?!・・と気になり出して、
音程感覚がおかしくなるのが心配で練習する気がすっかり失せてしまっていた。
いつまでもこれではイカン!と自分で調弦するためにチューナーを購入することにした。

ピアノがあるのに・・と思われるでしょうが、ピアノとヴァイオリンではあまりに音質が違うし
ピアノの音の感覚で音程を考えてしまうクセを修正する為にもチューナーが欲しいと思ったのです。

ネットで調べると平均率で調律されるピアノとピタゴラス音律で調弦されているヴァイオリンでは
微妙に音程に差が出る、ということらしい。
では、やっぱり買うからにはピタゴラス音律対応のチューナーがいいなぁと思って
唯一対応している「 KORG OT-12 」というチューナーを購入しました。

KORG OT-12

このチューナー、コンパクトでなかなかGOOD!
丸いダイアルで、音に対する反応速度を調整したり出来る。
チューニングの為に買ったはずでしたが、音程を確認するのにとても便利なので
練習するときはACアダプター(別売)を使ってずっとつけっぱなし、
いまでは欠かすことの出来ない練習の友となりました。
省エネで、調べてみたら数時間使っても電気代1円いかないというお得さもお気に入り(セコい)
気のせいかも知れないけど、なんとなくピタゴラス音律の感じが判って来たような?
( ↑間違いなく気のせい (~_~;) )

チューナーで音程を確認することについては色々と賛否両論あるらしいですが、
楽譜や左手や弓の動きを見ていることの方が多く、そうそうジ~ッとチューナーを見ることは出来ません。
時々チラッと音程を確認するのに使うだけなので頼り過ぎてしまうということはないからいいのではないかなぁ?

最近、このOT-12が廃盤になり新しいOT-120という機種になったらしいということで
調べて見ると、機能は変わらず縦型になっていた。
自分は譜面台に置いて使っているので縦だったら譜面の邪魔になりそうだから
やっぱり前のがいいな~。
・・などと、思っていたら使っていたのがAC電源に反応しなくなり、修理に出すことになっちゃった。
戻ってくるまでの間、なかったら不便だし、まだ少々なら残っている店もあるので、なくなる前に・・と思ってもったいないけど、もう1台OT-12を買いました。

ほっ、これでしばらく安心。

スポンサーサイト

Theme:バイオリン
Janre:音楽

弾き方が判らないよ~ (泣)

練習していて行き詰ることはしょっちゅうですが いまテヌートとかアクセントの弾き方が分からなくて困っています。

例えばこんなところ・・

テヌートとアクセント

アクセントは腕の力よってつけるのではなく
(→8分音符以上の速さだとすぐに力を抜いて次の音を弾くなんて出来ないから)
弓を素早く動かすことによってアクセントのついた音を出そうとしていますが、
そうするとテヌートの弾き方まで同じになってしまうのです。
つられて混乱してしまう・・
テヌートって、響きを保ったまま弓を止める、だったと理解しているんですが違うのかな?
でもスタッカートも弓を止めるって習ったし・・・(悩)
色々な弾き方が出てくると、弾いていて頭がこんがらがってきます。 
えっ、えっ???と思いながら弾いていると、気がついた時にはぜーんぶおんなじ弾き方に(泣)

いままで習ってきたことが、なんだかここに来て全部リセットされてきたって感じです。
ふぅ~~ レッスンで聞くのもなぁ・・・
そんなことも判らないでやってたのって思われそう。

困った、困った~~



追記:  この記事には続きがあります。。    1年前の自分へ

Theme:バイオリン
Janre:音楽

発表会だって・・  追記 #21 

前回のレッスンで7月の発表会に出てみない?と誘われていたのだけど
じっくり考えた結果、やっぱり今回はやめておくことにした。
だってあんまりにも自信がないんだもん。
こんな状態で発表会なんて・・・ブルブルブル (>_<)

  「もっと上手になってからにします」
先生「そ~ぉ??」

果たして発表会に出てもいいと思える日が来るのでしょうか、この性格で?・・・(汗)
(大人初心者の皆さんは、どのくらいしたら発表会に出てらっしゃるのかな?)


Theme:バイオリン
Janre:音楽

レッスン #21

ブログ開始からははじめてのレッスンだけど、今日は21回目のレッスンになります・・・

今日はこの時期にしては暑い。
長袖の上に上着まで重ねて着ていたのは失敗だった。
レッスン室に入る前なのに手のひらにじんわり汗・・
“なんてこと!こりゃーポジション移動はダメっぽいわ”と密かに動揺。

さてレッスン、教本は 鈴木 ヴァイオリン指導曲集 2巻・・



まず 3rdポジションの移動練習 ~
2小節を4回ずつ繰り返しながらE、A、D、G線 それぞれのサードポジションで弾いてゆく。
この練習はレッスンの始めとしてはなかなかいい、機械的に淡々と弾くので心が平静に保てます。
1ヶ月ほどの期間限定で今日で大体出来たので終わりとなりましたが、ずっとやりたいなぁ~
 緊張度 90点 (=100点を平常心とする)


ここで「手が汗ばむとネックにくっついてポジション移動が出来なくなるのはどうしたらいいですか」と質問。
先生苦笑しつつ、ポジション移動を見せてくれる。
おおっ!するすると手が動いてます(驚)
どうして自分がやるとああいう風にいかないのかな?
「力を抜きます」と言われるけど、それだけじゃないなぁ~とじっくり観察・・・
やっぱり慣れるしかないのかな?


ベートーヴェン 「メヌエット」
弾きはじめ“割りと落ち着いてる?”と思ったが徐々に緊張が高まる。
緊張してくると緊張を抑えることにばかり神経がいって弾きかたが適当になってるのを感じる。
なんとかミスなく最後まで弾き終えたけど・・  
 緊張度 始め70点→終わり60点

テンポの設定が速い、に始まり、細かく曲想のことなど指導された。
まず優雅さがないこと、出だしの符点の音符のアクセントがキツい、
フォルテとピアノの差をしっかり出す。 中間のスタッカートが焦っている (はい・・自覚してます)
しかめっつらのベートーヴェンになっているのでもっと優しく優雅に、と。

先生の模範演奏を聴く
本当に優雅ですね~ た~りら~りら~りと・・♪うっとり。
(私が弾くと、だーりらーりって感じ 泣)
部分的に細かい直しがいくつか入った後、「はい、仕上げ。通して、優しくねっ」
で、もう一度、最後まで弾く。
色々やり取りしているうちに緊張もほぐれて、我ながらたいぶましな演奏になった気がする。
「優しい音が沢山出てました」 (う、嬉しい~ (^^)v)   『合格』
 緊張度 85点

ベートーヴェンを時間をかけて細かく見て貰ったので、ここでレッスン時間が終わりとなりました。


来週はゴールデンウィークでお休み。次のボッケリーニのメヌエットは鈴木2巻の最後の曲だし
時間もあるので、きっちりやっとかなきゃ。

レッスンと緊張感

レッスンが明日なので、今日は朝から焦りつつ、だらだらと弾き続ける・・

今度は新曲ベートーヴェンの「メヌエット」から始まって
次のボッケリーニ「メヌエット」にも行く?と予想し、この2曲と次のイ長調の音階&3rdポジションの移動の練習を中心に。
レッスンは特に決められた宿題はなくその時のレッスン時間の余り具合で
どこまで進むかが決まる事が多いです。(1回 30分レッスン)

ベートーヴェンのメヌエットは写真の減5度の指使いがちょっと目新しい。
取りあえず二通り練習したけど、4の指を使う上の指使いよりも2、3指の連続の方が弾き易いので、そちらでいく予定。

ところで、ヴァイオリンを習っている大人の方々のレッスンはどんな感じなのでしょう?

私の場合、レッスンではかなり緊張して普段の調子で弾けたことは一度もない、
いわゆり「アガリ」である。
わざとじゃないけど自分で自分にプレッシャーをかける性格、
「明日こそしっかり弾いてこよう」と思う、そうすると・・どんどん緊張してくる。
ここで “毎回のことだし、気楽に考えたら?” という心暖かいアドバイスがあるかも、ですが
私自身、そういう一般的には イヤ~な状態 が決して嫌いではないのです。
ヘンかも知れないけど「緊張」している状態が好き・・いや、違うなぁ?・・興味があるという感じかな?

私はピアノ暦は結構長く、何度も舞台に出る機会もありました。
こんな性格なので、その度に緊張して演奏も“おっとっと~~(~_~;)”ということもありますが
そんな中で数は少ないですが緊張を上手にコントロール出来たときには
普段のように、または、集中力が増した分?とてもいい演奏が出来たことがあります。
残念ながら自分の意思で自在に出来ることではないのだけど
あのうまく緊張を制御している感じをなんとか普段のレッスンを通じて少しばかり体得したいな、と考えています。

そこで毎回のレッスンが終わるとその都度振り返って(・・出来はとにかくとして 汗)
緊張度を自己採点するようにしています。

メヌエット(ベートヴェン)

Theme:バイオリン
Janre:音楽

弓も換えちゃいました 《4ヶ月め 》

先日の弦を変えたことによる音の変化はなかなか満足のいくものだった。

そうなると、次は弓が換えたくてたまらなくなるのが人情というもの。
セットで付いてきたこの弓は、前にも書いたように72gもあり、
重い上にすぐにポンポン撥ねてしまいとても弾きにくく感じていたのです。
レイトスターターならではの耳学問もしっかりつんで、弓は60g前後がいいというのは
知っていた。 
「あとは換えるだけGoGo~」という非常に誘惑的な悪魔のささやきにそそのかされ、
ついに購入。

とは言っても、ヴァイオリン購入の経緯を見て貰えば判る通り楽器店で試奏して・・
な~んてことはド素人には到底出来ません。
ヘボいヴァイオリンは人前で音を出したら大公害、大迷惑なのはよーく判ってます。
というより、自分自身、万が一誰かに聞かれたら (←先生を除く)
穴があったら入りたいというか、ダダ~ッ!と走ってその場から去りたくなります。
なので、やっぱりネットで・・ということに。

買ったのは  「アルシェ SA 1004」  59.7g


自分としては相当奮発しての購入でしたが、買って大正解!!
あんなに、ゴムまりのように弾んでいた弓がピタッと止まった~~。
音も、張りのある輝かしい音がする。(この安いヴァイオリンなりに、ですが)

“弓だけは高いものにしたほうが良い”という意見をネットで見てはいたけど、
信じられないほど、弓って影響があります。
特にまだまだちゃんとした技術を持たない初心者には安物のセット弓は厳禁・・・っていうと
言い過ぎのようですが、本当にそんな気がします。


お財布は痛かったけど(T_T)  これからこの弓と一緒に頑張るゾ!!!!!

アルシェ SA104

Theme:バイオリン
Janre:音楽

形から入るのがレイトの醍醐味!?

マイヴァイオリンのソルティちゃんとの付き合いもそろそろ3ヶ月を過ぎる頃、
自分の出している音が掠れてスカスカしていたり、
金属音っぽくキンキンしていたりしているのが練習していて大変気になりだした。

何故、何故、何故~???

この楽器にもともとから張られている安物の中国製スチール弦が悪いのか?
それともこれまた安物であろうセットのとっても重~いブラジルウッド弓(計ったら72gありました・・ 汗)のせいなのか?
(当然、腕のせいという説もありましょうが、そういう考え方は即刻、却下!です)

考えあぐねながら、うわの空でチューニングしていたら「バチーン」!!!
すごい音と共に弦が切れちゃった!
「あっ困った、練習出来なくなる ヤバ~い」と思うと同時に“ラッキー これで弦が換えれる!”という考えが頭に浮かびました。
(もちろん、1本のみならず総換えのつもりです)

すこし前にレッスンで先生に弦を換えたいんですけど・・と聞くと、もったいないし必要ないんでは?と。
でも「やっぱり換えた~い、何か理由がないと換えにくいなぁ?」と思案していたのです。

早速、楽器店に持ち込んで(当然ながら、弦の換え方なんか知りません)
定価販売の高い弦をくくぅ~と心の中で嘆きながらも張替えてもらい、ちゃっかり張替え方も教わった。
インフェルドの赤を新調したソルティちゃんも嬉しそう~(そんなハズはない)

音は・・だいぶ良くなりました。
まろやかな落ち着いた音、いままでのちょっとヒステリックな音とはまるで違う感じ。
そして加えて嬉しい事には、弦が食い込んで指が痛かったのが少しましになった。

やっぱり安いスチール弦はそれなりなんですね~

なんだかんだ言っても新しい弦は嬉しい♪
形から入るっていうのも、レイトの特権かな。

Theme:楽器
Janre:音楽

レッスン スタート!

某大手の体験レッスンを受けてみて、やっぱり自分には個人レッスンがいいかな~と感じたので
今度は個人に的を絞って探しました。
そして家の近くでこの前の某大手系列の教室で個人レッスンをしているところが見つかり、
10月からそちらにお願いすることに・・
(先生もまたまた若い女性で親しみ安そうで良かったぁ)

そして現在も習っているところでのレッスンが始まりました。

教本は・・
まず「新しいヴァイオリン教本 1」で始めて数曲進んだところで
「鈴木 ヴァイオリン指導曲集 1」も併用して2冊を使って進めていきました。

最初にまず悩んだことは、ヴァイオリンがうまく構えられないこと。
弾いているうちにズリ落ちてくるのでついつい左手でネックを支えてしまっていたら、力のかかっていた左の人指し指が痛くなっていまい、湿布のお世話になったりもしました。
(その頃は、練習~湿布~練習・・の繰り返しでツラかったな~。)
でも結局、肩当てが合っていなかったことが判明し、自分の身体に合ったものに換えたらズリ落ちずに構えることが出来るようになりました。


鈴木 1巻と新しいヴァイオリン教本 1がほぼ同時期の2月の最後に終わり、
次はまず鈴木の2巻をやってそれが終了したら新しい・・2 に入るという順序でやっていくそうで、
3月から鈴木の2巻を使ってのレッスンをしています。


ある大手教室の体験レッスン

マイヴァイオリンも手に入れたことだし、次はレッスンしてくれる所を探さねば、という事で
9月、まずは有名な大手音楽教室のグループレッスンの体験を申し込んでみた。
ところが、体験当日、今月開講したクラスが今日1回目レッスン終了したばかりで入会するならそのグループに、ということらしい・・
ん~、1回位の進度なら、まぁ大丈夫かな??と思いつつ、
当然体験レッスンはひとりきりなんですね~(汗)

さて、レッスン。
ヴァイオリン、弓の持ち方から始め、早速音を出してみましょうということでラの開放弦から・・・
音、始めはギコギコすると聞いていたけど、案外、普通の音が出ました。
でも、ここの教室は「伴奏くん」っていうラジカセのような機械でシンセの音が伴奏してくれるものを常に鳴らしっぱなしなんです。
私はどうもこれが苦手みたいです。
実は私は少し難聴気味なので(音が沢山重なってくると聞き取りにくくなります。)
はじめてヴァイオリンを弾くので音を鳴らすだけでいっぱいいっぱいなところに、
シンセの伴奏もかぶって先生の指示が聞き取れない。
また、あんな大きな音が鳴っていたら自分がちゃんといい音で弾けているか判らない。
弾けていなくても伴奏のせいで気分だけ良くなって、弾けたような気がしてしまいそう??
初めてだから一音、一音きっちりと練習することを期待していたのに、
ヘタなのにどんどん音楽にあわせて弾いていくのも馴染めないし
私の好きなクラシックの音楽とはちょっと方向性が違うみたい。

・・という事で、やっぱり私にはこの方式は向いていないなぁと思ってお断りさせて頂きました。
先生は若くって優しそうな方だったけど、残念。


Theme:音楽
Janre:音楽

ヴァイオリンが欲しい・・ 2

前回のヴァイオリンの件でガックリ来て、しばらくはおとなしくしていたけど
あれをきっかけにオークションのヴァイオリンカテを見るようになり、
今度はもう少しマシなのをゲットしてやろう、という気持ちが芽生えてきた。
(↑こりてない  …だってシロウトには楽器店は敷居が高いのですもの)

そこで目をつけたのが中国製のzhang shu mei とかいう工房の一見、良さげなヴァイオリン。
それなりに数も出ていて、人気があるのか落札争いもあったので参加してみました。
フィッティングがツゲで後ろが一枚板のものが気にいったのだけど
根性なしなので値が上がってきてすごすごと撤退・・
結局、スタートが高めのせいか?フィッティングがエボニー(黒檀)だから人気がないのか?
終了直前でも入札のなかったヴァイオリンを落札。
(出品者がこの楽器は優秀で音がよく響くと書かれていたのにも惹かれて)

そのヴァイオリンは、初心者の自分には詳しいことは何も分からないけれど、
ちゃんとしたもので音もしっかり出るし (いい音かどうかは??)
前のと違って取りあえずまともな楽器だなという第一印象。
お値段は弓、ケースのセットで4万弱、これが高いのか安いのかはよく判らなかったけど・・・


その楽器が現在も使用し続けている愛称「ソルティちゃん」です。


Theme:バイオリン
Janre:音楽

ヴァイオリンが欲しい・・ 1

昔からヴァイオリンの音が好きでいつか習えたらな、と思っていました。
けれども、またそのうち・・と思っているうちに「もういまさらなぁ~」というような感じになり、
いつしか忘れかけていたある日・・
時々利用している某オークションでたまたま、いままで見た事もなかったヴァイオリンのカテゴリを見たところ 「初心者に最適のヴァイオリン」というのがあり、
その商品はいくつも出品されていて3千円位というお手頃価格だった。
入札者も何人もいたし、ヴァイオリンのことなどなんにも知らなかったので、
これ位の値段でヴァイオリン(たぶんそれなりだろうけど)が手に入るのね!と
すっかり心を奪われて、飛びつくかの如く落札してしまいました。

そしてワクワクしながら待ちわびたそのヴァイオリンは
やっぱり・・・(汗)なものでした。
(そのヴァイオリンは見た目もアレですが 駒が立っていなくて
ペグはプラスティックでスムーズに 回らず その上、すぐに緩んで弦が取れてしまった)

う~ん、失敗だったなぁ~

初ブログ!

ヴァイオリンを始めてから早くも6ヶ月超、経ちました。
毎日の練習やレッスンのこと、色々あったけど流れるように日々が過ぎてきました。

これからブログを始めるにあたって、まずはいままでのことなどから
少しづつ、書いてみたいと思います。

Theme:【祝】ブログ開設!
Janre:ブログ

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages 1

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。