スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ(BlogPet)

きょう、ピンツはタイっぽい加減しないです。

*このエントリは、ブログペットの「とろにゃん」が書きました。
スポンサーサイト

レッスン #93~94 バッハ 協奏曲第1番 1~3楽章

レッスン 2回分をまとめて。

実は レッスン#93(7月16日)のときには、ちょっと調子が悪くて・・
暑いところを歩いていったからか目眩がして、押さえる弦を間違ったり
ボンヤリしてポジション移動を ど忘れしたり
散々だったのだけど・・がーん…



【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集7】

●バッハ 協奏曲 第1番 1楽章 


弓の配分


こういう箇所は、他にも出てくる。
ダウンボウのスタッカートを弾いて、後の16分音符3個がアップ。
ダウンの弓を多く使う(少々、頭にアクセントがついてもいいから・・)ということを言われました。


ポジション移動

G線での 1stから 3rd へのポジション移動って
案外、出てくることが少ない?かな。
なんとなく苦手です。



●バッハ 協奏曲 第1番 2楽章 


2楽章 最後のところ

これは、最後のところ。 
譜例の1段目の終わりから、いままでとまったく雰囲気の異なる少し強い音で、
直線的な主張のあるフレーズ。
陰っていたところに、明るい日が差してきたかのようで
いいな~、 こういう終わり方、好きだなーって 思いますウッドストック

 2楽章は レッスン #93 で終わりになりました。


レッスン #93 では 1~3楽章を弾いたので時間がなくなり、
最後の3楽章はざっと弾いただけに留まり、ほとんどレッスンできなかったので
次回  レッスン #94では 3楽章中心にすることに。



●バッハ 協奏曲 第1番 3楽章 

3楽章は、前のレッスン記事にも書いたとおり、
最初に弾いたときの印象・・ 難しい!なみだ

全体的に、曲想としては音楽にノリやすく弾きやすいほうだと思うのですけど
2か所ある、Soloでの アップボウとダウンボウを駆使して ひとつの音型を弾き、
それを連続させていくところが。汗
Wiki で 3楽章をみると このように書いてある・・

「ヴァイオリン演奏の見せ場もあり、
同音(ホ)を開放弦と別弦で弾きながら和声を変えていく。」



み、見せ場!MoEアイコン(ガーン)

・・・・ぜんぜん 見せ場になってない・・ というか、 ヘボすぎて
「できたら 見せたくない」場 なんだけどぉ(涙)

 (あとで、詳しく譜面、載せます)

レッスン #94 は、大半の時間をつかって 3楽章をやりました。


3楽章 はじめ

最初のところ。 8分の9拍子だから、3拍子系。
(「8分の・・・」 は 8分音符 3つがひとまとめになるので)
色を分けて書いたような、ふたつの要素を感じて弾く。



バッハの協奏曲の練習を始めてから、ボウイングテクニックという面で
容赦なくなってきたなあ~ と思うことが多い。あせ
こういうところも、そのひとつ。

ワンボウで弾くところ

左はA、D、G、D、A と頻繁に 移弦して、右はそれほどでもないけれど
ワンボウでなめらかに弾くのは、まだまだ自分には難しく思えます。あせ



音が錯綜

音型が錯綜し、いろんな要素が出てきて、ひとつの頂点を成している。
ここは大好きなところ。(弾くのは 大変ですけど)。


音が錯綜2


後半、上の譜例のモチーフを拡大、 さらに規模が大きく展開されていく。

ここもやはりボウイングテクニック的にちょっと難しめなところがあって。
4段目あたりの、長いタイをワンボウで伸ばすのは
慎重にやらないと 弓が足り苦しくなってくる。  絵文字名を入力してください



ところで、この前のエントリ 今日のシール 7/22 で
レッスン前日なのに 音程がものすごく不安だったところはこれでした。

Bach Concerto No.1 3楽章より

ここんとこは、練習の成果あってか?すこしマシに出来たのだけれど
そのとき練習していて、続きの部分で
とんでもない譜読みミスをしていたのを発見!



大きなミス!

2段め終わりから3段めはじめにかけての
ファのシャープがとれているところを すべてつけたままにしていた!!
3段目のはじめ、ドにシャープがついていることから
まえのシャープ系の調が続いているものと 思いこみで脳内変換して
譜読みしてしまってたみたい。
(譜面的に、調性がすこし曖昧な書かれ方をしているんですね 汗 )

3段め2小節めからは、調性がハッキリするので、自分勝手にナチュラルにしていたけれど。
無意識にやってしまう譜読みの間違い、またか・・というカンジ。
とにかく、そそっかしいんですよね~(涙)

この前、先生が怪訝そうな顔をして「臨時記号・・?」ってつぶやかれていたんでした。
いまになって、それが何故だったか理解できた。。。苦笑
今度はレッスン前夜に分かってよかったよ~

慌てて修正して、なんとか事なきを得ました(;´▽`A``


音型による弾き分け

これは、私自身すっかり見逃していて、指摘されて 「あっ!?」と思ったこと。

フレーズ的にはこのレッスン記事の一番上のと同じ、
ただし 丸で囲ったように部分的に ボウイングが変わっている。
それによって音符の記譜法 も変わっている・・
ここを、ちゃんとそれらしく弾き分けるようにと、指導されました。
私はなんにも考えていなくて、なめらかに弾き過ぎていたみたい。

そしてこのあたりは、「見せ場 その1」に向けての
ながーい経過的フレーズがあるところでもある。


ながーい経過的フレーズ

もうすこし前からみると、こういう譜面。


レッスン記事、あとすこしなんだけど
長くなってきたのでとりあえずここまででアップしますね~

続きは「見せ場」汗のところから手のひら


Theme:バイオリン
Janre:音楽

できない言い訳を封印

最近、つぶやき(Twitter)経由で、ある記事を目にする機会があった。

それは「仕事術」カテゴリに属するブログ記事なのだけれど
読んでいて(さまざまな、立場の違いもあるし)100% 同意できるというほどではないにせよ、
概ねそうだよなあー、と、
そしてこれは 何にでも もちろん、ヴァイオリンの練習に関しても!
いえることかも知れないな、と思ったので すこし紹介してみたいと思います。

  シゴタノ!デイリーポスト より。

------------------------------------------------------------------------
できない言い訳を封印するためのキラークエスチョン

わかっちゃいるのに行動を起こせない、ということは少なくありません。
それをしなければ確実の自分の将来に影を落とす
(ポリシーに反する、人格を損なう、評判に傷がつく、年収が下がる、etc)ことが
明白だったとしても、「今すぐそうなるわけではないから、よかろう」と、妥協してしまうのです。

言うまでもなく、こうした妥協は少なければ少ないほどいいでしょう。

ゼロにできたら最高です。

もちろん、人間ですから100%は難しい。

可能な限りこうした妥協を少なくするための方法はないかと考えるわけですが、
そこで思い出すのが、数年前に師事していた老師から突きつけられたこんな質問。


 
 できなかったの? やらなかったの?


この問いに対して「できなかった」と答える限りは、進歩も成長もできない、と
老師は言います。

 

人の成分の大半は水ですから、何もしなければ高いところから低いところに流れ落ちていきます。
すなわち、放っておいたら楽な方にしか行かない、ということです。

イヤなことがあれば、真っ先に「できない理由」を探し始めるのです。

できない(=不可能)のだから仕方がない、という形勢に持っていくことによって、
自分が悪いわけではないことにできるからです。


もしここで、「できない理由」の代わりに「やらない理由」を考えたらどうなるでしょうか。

たとえば、今日中に仕上げるべき仕事について、
「資料がそろっていないからできない」とか「やる気が出ないからできない」といった言い訳の代わりに、
次のような「やらない理由」をリストしてみるのです。

* この仕事よりも重要な仕事の納期が迫っており、
  そちらを優先したいので、やらない

#リストしようとしましたが、1つしか思いつきませんでした…。

 

まず、「できない理由」より「やらない理由」の方が本気を試されることに気づくはずです。
それもそのはずで、「できない理由」には責任を他人に押しつけるという前提があり

「やらない理由」には逆に自ら責任を背負うという前提が、それぞれあるからです。

つまり、「できない理由」を考えることは身を守る行為なのに対して
「やらない理由」を考えるのは身を削る行為なのです。

 
日々、その日一日を振り返るときに、やるべきであったのになされなかったことについて、
「できなかった理由」ではなく「やらなかった理由」を自らに問い続けることは、
成長への近道になるでしょう。

・・・ここまで書いて、
「成長への近道だとわかっていても、自分にはできないかもしれない」と思い始めた自分に
気づきました。

成長への近道は険しいものですね。

 

そう考えると、成長とは、身の削り節をダシにしてつくった極上のスープといえるかもしれません。
削って初めて持ち味が出る、と。


------------------------------------------------------------------------

ヴァイオリン(その他、なんでもかな)の練習について改めて考えると、
 (以下、完全に私見です)

ひとつ確実にいえるのは 

練習は 無条件に楽しいものではない ということ。

これは人によりけりなのかもしれないけど、すくなくとも私は、そう思う。

だから 疲れているときとか
気分が上向きになれないとき(いろんな理由があるにせよ)は、
やりたくないこともある。
(・・・って、しょっちゅうだったりして?あせ


上の記事に当てはめてみると、

>それをしなければ確実の自分の将来に影を落とす
  (ポリシーに反する、人格を損なう、評判に傷がつく、年収が下がる、etc)

練習をしなかったら・・・
ポリシーには反しない、人格も損なわない、評判にも傷がつかない、年収?・・フッ(虚しい笑)

でも、間違いなくヘタになる。

レッスンにいってもムダ・・ にはならないな、単に進歩がないだけか。
いやいや、「単に」などというものじゃないですよね?

だって 進歩したくて レッスンに、いや、ヴァイオリンを弾いているのだから。
 (これも、私の場合です)

そこまで分かっているなら 練習するしかない のは当たり前っちゃ当たり前だけど、
人間ですし、やっぱり たまには サボり癖もでますくまった…
そういうとき、『練習をしなかった事実』に対して、
自ら責任を背負わなくちゃいけないなと、上の記事を読んであらためて思った。


「できなかった」 んじゃなくて、「やらなかった」んだって。

その、やらない理由は、なにも体裁のいいものでなくてもいいと思う、
「やる気がでなかったから」でも 全然、OK。

大事なのは本当にそうであるとき以外、
「できなかった」と自分を誤魔化してしまわないことじゃないかな。


時間がないから 練習できなかった・・

などと、ありがちなことを、思ってしまったとき
それが本当にそうならば、心の中では
すっごく残念、無念、一刻もはやく時間をつくって、練習したい!!!と思っているはず。
だけど そういう「練習できなかった」の前向きな気持ちは、
必ず後々の進歩につながる。
だから歓迎すべき「練習できなかった」なのですよね。

でも、もし、そう思えなかったら・・・
そこには やっぱりなにがしかの誤魔化しがあるのだろう。


『練習しないと、うまくなれない』  
とっても あたりまえのことですよね?
(と、自戒の念をこめて)・・・

「やらない」 ことが続けば うまくならないのは あたりまえ。
「やれない」 事情があるのなら、
(いまは)うまくなれなくても仕方ないと現状をそのままに受け入れたり、
自分の求めるもの(レベルなど)をすり合わせる。


結局は、練習するか しないか、
自分はどのようになりたいか(やっていきたいか)、というだけの問題なのですよね。



いずれにせよ、いつも自分をよく見つめて
自分の責任は自分で背負い
誤魔化かさないで いきたいものだなあ、と思う。


Theme:バイオリン
Janre:音楽

今日のシール 7/22

これは、単なる記録。。jumee☆faceA107

練習していて、しょうもないところで、あり得ないほどテキトーな音程。
我ながら自分の いい加減さ、に苛立ってきたので jumee☆disgust1
またシールを貼りました。

それが いままでで最短、 『ほぼ 1小節のため 』 だけのシール。


ここが弾けないことにはシールが取れない~

だって取ってしまったあとで、まだダメだったら
もう一度同じのを貼るのは、さすがの私でも イヤだもん~~泣黙。

なんとしても、キチンと音程が取れるようにしなくっちゃ、と 焦って練習中。


あーあ、せめて30分以内にとって、次の小節を練習した~い!!
でも1回弾くの、数秒しかかからないから 30分もあれば・・・?
(などという 甘い期待)


まあ、 また、違う配列でシールを貼るかもしれないけどぉnyan6


4ポジ シール

Bach Concerto No.1 3楽章より


 丸いシールが大きかったので
 4分の1に切って貼っているので ヘンな形してますよねー
手書き風シリーズ汗1



Fis(♯ファ)に何故 貼っているかというと、他のところの練習を見こして。
というか、最初は ここじゃないところを考えていたのよねー(^^;;

Theme:バイオリン
Janre:音楽

「ピアス、つけたことありますか?」

FC2ブログトラックバックテーマ。今日のテーマは「ピアス、つけたことありますか?」です。みなさん、ピアスつけたことありますか?ピアスをつけるには、皮膚に穴をあけないといけません!安定するまで、膿まないように気を配らないといけなかったり、穴をあけた後も、閉じないよう...
FC2 トラックバックテーマ:「ピアス、つけたことありますか?」



「ピアス、つけたことありますか?」

・・・っていうのはどういうこと?
つけていたけど、やめたヒトが多いという前提なのかな?


って、そんなにやめる人が多いんでしょうか~すらいむ


私は、あご当てで赤い痕が・・Part.2 にちょこっと書いたこともあるんだけど、
(それにしても、ふっるーい記事、2年以上まえですよー )

もうすっごい大昔、二十歳そこそこの頃にピアスの穴を開けました。

ところで、このTBテーマの担当の方、穴を開けるのコワイって書かれているけど
私は、そんなに怖くなかったな。 耳たぶを輪ゴムでビーンって弾く感じで
ほんの一瞬にして開くんですよねえ。


それからしばらく、ピアスをいろいろ買い集めて楽しんでいた。
雑貨屋系なお店なんかで売っている、おもちゃみたいに可愛い色石のピアスとか
大きなワッカが、ぶらぶら揺れるようなのとか、
そのころはタイトな服もしばしば着ていたから
それに合わせて、大人っぽい雰囲気のものなんかも。
18金に限らず、お値段の安いもの とり混ぜいろいろと・・・

でも・・
ある日突然 、それは夏だったのだけど、
シルバーメッキのビーンズ型のピアス(耳に密着するもの)をしていて
耳たぶがかゆくてたまらなくなってきて、そのときは何も考えずにムレたのかなあ、と
すこしハズして、またつけたりしていたら そうではなく、
耳たぶがいつの間にか爛れてきて、異変に初めて気付いたのでした。

それが金属アレルギーの始まり、f


そのとき、ピアスが完全にくっついてしまって 剥がすのが大変!

ムリにとったら、
耳の皮膚が一緒に・・ ベリっと・・・ 

 きゃぁあああーーーーーっ!!! 

  夏らしく「怪談」をお届けしております。口裂け女



以来、ピアスは18金のものしか出来なくなったし
それでさえ、なんとなくかゆみを感じることもあったりして
だんだん、やらなくなっていった。。

それでも せっかくの穴がふさがってしまうのはイヤだな、と
ときどき、確認のためにつけてみたりはします。
この前つけたのは、いつだっけ・・?
数か月前かなあ~ とりあえず まだ穴は大丈夫だった。


でも、ピアスって
つけているのを忘れて うっかり耳に手をやってしまったりすると
金具のところが 耳たぶの薄い皮膚を傷つけたり、危ないですよね。
何かのはずみですぐ、キャッチ(おさえているところの金具)がとれて落としてしまったりするし。

それに ヴァイオリンにピアス・・  あまり合わない気がする。
弓毛が、ひっかかりそうで ちょっとコワイあせ


まあ、ピアスに限らず
ヴァイオリンは首まわりのアクセサリーは、出来ませんよね~
うむむ


レッスン #92 バッハ 協奏曲第1番 1~2楽章

た、たまには単独でレッスン記事を書かなくては汗
(またまた、レッスンエントリになってしまうけれど。)


7月10日、この日は結構、暑かった。
外にいるときはそれほどでもない?とも思ったのだけれど
レッスン室に入ったら・・・  なんかアツい~汗
準備をして、譜面台に教本を広げてから、
下ろしていた髪を、サッとピンでアップにしたら 、
先生は 「あらっ!? 笑」。

暑いですよねー ここ。z

先:そうかもですね、それにヴァイオリン弾いていると 暑くなりますよねえー

・・・とエアコンのリモコンを操作して設定温度を下げてくださった?
(それともドライでも はいっていたのかな?)

などという会話を交わす。



「レッスン」

先生、教本をみられて

「あ、今日は新しい曲、バッハの協奏曲でしたね。
 どこまで・・? 全楽章ですか? 」
 
 ・・って すっかりそうだと思ってましたけどぉーあせ

ハ、ハイ、いちおうみてきましたが。。(^。^;)


ということで、1楽章から。


【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集7】

弾き始めて、1楽章が終わったら やっぱり続けて 2楽章を弾くようだった(ーー;)
うーん、ホントは 間あけたーいため息

2楽章まで弾いたところで、先生はパッと時計をみられて
3楽章を弾くと時間がなくなると思われたようで
1楽章から、もう一度、ということで 弾きながら すこしずつレッスン。


●バッハ 協奏曲 第1番 1楽章 
(レッスン記事はいつもながら 自分で練習時に注意していた点、中心に。)

実は 私はこの1楽章(とくにはじめ)、どうも 苦手っぽい。
弾き始めが、自分としてはノリにくく感じられて。

最初のところ

冒頭部分、8分音符を丁寧に。 4分音符は響かせて。

こういうカンジ

間に、休符をはさむから やりにくいけれど
次の小節につながる 8分音符を突っ込まないよう、やや長めにとる。
小節のなかの、時間の流れは均等ではない。
これは、なにも この曲(この部分)に限ったことでは ないのですが。
(イメージとしては、丸が大きいほど、長めに感じるように)。



半音注意

レッスンでは、ここを注意された。
この半音、 音程悪くて、まるで♯ないかのように弾いていた。
次の拍頭の音に気を取られてました~(^^;
それに半音 + はやい音型 と、このボウイング・・ なんだかやりにくい。


部分1


この2段目最後あたりからの ボウイングをみるに、結構、細かい。
それに準じたフレージングにしなくっちゃいけないのだなあと思った。
あらためて、フレーズラインを書きこんでみました。
私はもうすこし、大きく考えていたのだけれど。


中のひとつ

上の楽譜のなかの 一部分。
複旋律になっている。 問いかけ と応えのように・・


指使い まちがえたところ

指番号を間違えて、最後のとこ D線でとってしまってたです~@困る



部分2

中間あたりのフレージングやメロディーライン。
この長いスラー、ひとつめはまだしも
ふたつめは、続くのが16分音符の動きのある音型だから アップで
弓をかなり節約して弾かないと、元弓にきてしまったら次が弾きにくい。。
そう思って、弓速度をかなり落として弾きました。
ふたつめのスラーの方が弓速度、遅くなっていたなあ。
こういうの揃えるべきなのかも?ぬこ  なにも言われなかったけれど。

一番上の段、メロディーラインが 一見すると同じようにみえるけど
ふたつめは 短縮されているのに注目。



音程悪かったところ

ここ、音程 完璧に狂わせちゃいましたーー(涙)


ところで、前回のレッスン日記で ひとつの指で ふたつの弦を押さえる(5度把弦)のは
少しやりにくいと書いたところだったのですが
そういうことは もう言ってはいられないなと・・ このバッハでは思いましたほっ

5度把弦

こういう5度が、あちらこちらで 出現する。
いちいち、指を離して、ひとつずつの弦を押さえるのもいいけれど
そうするよりは、2弦をいっぺんに押さえて すぐ次の音では押さえていない状態を
つくるほうが、効率がいいみたい?
そう思って、5度把弦で弾いたあと、
すぐに指を1本の弦にかからないようにしてみた。
(ちょっと、傾けるイメージ)
これも、何も言われなかったけど・・・ 良かったのかしらん。。


結局、今日のところは1楽章の注意点は
音程を(大きく 汗)狂わせた2か所と指番号のミスだけだったな。



●バッハ 協奏曲 第1番 2楽章 


2楽章冒頭

これが冒頭部分。
最初からして、とっても 繊細な音の動きが分かるでしょうか・・?
私は、この2楽章、大好き~ぬこ  え、そんなのどーでもイイ?(汗)



ハイポジ

2nd → 4th → 6th のところ ハズしやすいので気をつける。


遅い楽章のご多聞に漏れず、ポジション移動、てんこ盛り?絵文字名を入力してください


部分3


でもこのフラットとシャープ、長調と短調、を行き来する複雑な転調をする音楽には、
得も云えぬ魅力がある。
まるで、移ろう光と影のようで・・


もうひとつ・・


ポジション移動を書き込んでみると、、 なんだか鬱陶しげになっちゃってますが

微妙な音の変化のある楽章なので、音程にはよく注意しなくてはいけません。


でも、言われたのは これは4分の4拍子なのに 
ひとつずつの音型をキッチリ弾こうとしすぎ?その倍の8個分の刻みに聴こえる。

ウーン、確かに。 そうでした~ 自覚ありマスたそがれ…
そんなにリズムが悪いほうではないと思うのだけど、
大きく4つにとると・・・ なんとなく狂いそうなんだもーん(^^;

ヴァイオリンでリズムをきっちりと取るのは難しい。。
ボウイングの都合もあるし。


ここまでのレッスンが終わり、先生がもう一度、時計を見られると
あーあ、やっぱり 時間切れ~汗

3楽章、私にはとても難しく思えて
一番、練習したのでみてもらいたかったのに~(涙)
残念だけど、30分レッスンだから、仕方無いですよねえ(>< )


そういうわけで 3楽章は次回に持ち越し。
次のレッスンも 課題はバッハの協奏曲1番の1~3楽章まで。


でも・・・長いから・・ ちょっぴり練習がタイヘンなのよネ~苦笑

Theme:バイオリン
Janre:音楽

レッスン #90~91-3 ヘンデル ソナタ第1番 4楽章

「内容、少ないからー」 なんて言いながらも、 もう3つめのレッスンエントリd

ああ、かつて、レッスン記事3連続なんて、したことあっただろうか?(反語)
   とろにゃん(Blog Pet)が書いたのは除く。

このまえの、3連続 重音練習日記といい、
最近のヴァイオリン関連記事の長いこと、長いこと・・。
ハァ 我ながら、、呆れます。


それでは、早速、続き。


ヘンデルのソナタ1番 4楽章は スーパーマリオブラザーズ(あの有名ゲーム)の
水中面風 だから ヘンデルの 「水中の音楽」ぷかぷかマリオ泡
(これは、私が勝手に そう呼んでいるだけー ^^ )


●ヘンデル ソナタ 1番 第4楽章

3楽章を弾き終えてから、4楽章に入るとき ちょっぴり躊躇ってしまうんですよね。
しーっとりした気分から、うって変わって明るく楽しげな 4楽章を弾き出すのって
切り替えがタイヘン~・・あまつぶちゃん


4楽章はレッスン ♯90 で すこし弾いていたとき、
楽譜の読み違いがあったのを指摘されたのでした。
それは、この部分。

2弦 同時鳴らし

 わたし、この 「棒2本 」 完全スルーしていたわ d

3か所でてくるこのパターンは、開放弦と指押さえで ふたつの弦を弾く。
・・ってことは、否が応でも 音程がズレてたら もろバレ
1st ならともかく3rdは・・(汗)
最初に指摘されたとき 咄嗟に弾き直そうとしたのだけれど、いちばん上の「E」(ミ)のが
ひどく ズレてるううぅーーー
焦っているから、修正しようとして ますます ズレる!!(号泣)

 すごい怪音波に、凹みました。。d

それに、このまん中の段のは、
A線(1st) から、G線の3rd ポジションにいきなり移動すると同時に 2弦を弾く。

これって、『音程テスト』 のために やらせているの?
(マジで

のちに練習してすこしマシになったけれど、 いつでもここは気が抜けないところ。。(^^;


4楽章 冒頭

4楽章のはじめは、こんな風。 明るく、ノリのいい?曲想。
いちおう、grazioso(グラツィオーゾ 優美に)がついているので
「活発」というのとは違うんだけど。


典型的な・・

1拍ずつのスラーが4つ連続するところ、
ここは典型的な和声進行パターン で出来ていて
こういうのが出てくると、私はついつい ゴキゲンになってしまうのです。
ああ、それそれ~~d  ってカンジ。絵文字名を入力してください
(なぜに?(^^;・・ )

ひとつずつの気分としては、
上向き♪→  まあまあ(おさえて)→上向き♪→ まあまあ(おさえて ) みたいな。
 どんな 説明やあせ
上昇する気分のところと、それを抑制するところが交互に出る、とでも言ったらいいのでしょうか。


音の進行に合わせて強弱を

ちょっと面白い変化のあるところ。
2小節にわたって間にFis(♯ファ)を挟む音型がでてくる。
頭の音がメロディーになっていて、
その流れ(音の上下)からするとまえの小節のほうが下降気分、
あとが上昇気分であるのだけど、はさまれたFis(♯ファ)の音はオクターブ下になっている。
ひとつずつに細かい強弱記号 をつけてみた。。
全体としては 書かれているように cresc.  それも molto (モルト 極めて)で。


・・こういったことに注意して弾きました。

2~4楽章はまとめて、6月25日のレッスン ♯91 で 合格。祝
あとすこしだけ、時間残っているなあって思ったら・・・

先:「次の バッハの協奏曲1楽章、弾けますかあー?」
 うっ、デジャヴ・・・(汗)

ええーと、、ちょこっとだけ・・
 (う、うっそお。。 そんなこといって、このシトったら

自分で自分の発言が信じられなかった。だってほとんどやっていなかったんだもの。
以前、同じ状況で「とんでもない」連発 →( レッスン ♯ 89 ) をして回避したのが
無意識のうちに、よほど気にかかっていたのだろうか・・??

などと、分析している間に、
「私という他人」が 平然と、勝手にバッハを弾きだして・・・d
 もちろん奇跡は起こらずボロボロでしたー(涙)
 (さすがの私も、はじめのほうだけで、ストップしました。)

ときどき、自分でも呆れるというか、
心臓に毛が生えているのではなかろうか、というような言動をとるときが
あるのよね~
心の片隅では[うっそぉーー! 滝汗]って思うところもありながらも。
  ・・・な、なんなんでしょうね~
でも、すぐに ま、いっかあー、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗) 
と 思えてくるから、気分と行動に矛盾があるわけでもないみたい。
(天然なのかもしれない d



さて次週、7月2日はレッスンはお休みかーアップロードファイル

先: 「次は バッハの協奏曲1番 みてきてくださいね~♪」


あ、ハイ。 まあ、2週間あるから・・・
でも センセイ、何楽章、って言わなかったナ。


ってことは・・  やっぱり 全楽章・・・??  なのね、きっとアセ


 な、7ページあるぅ~(確認した)   。。。死亡d 


ところで、私のブログをよぉーく読んで下さっている方なら
ビブラート やるハズだったのにどうなってんの?って
思われているのじゃないかな?

そうだったんだけど、曲が長くて? 先生が忘れて? ・・立ち消えになってる模様。
まあ、ラッキーねこちゃん ってなもんで あえて指摘せずにおりマス♪d

Theme:バイオリン
Janre:音楽

用意すればよかった(BlogPet)

きょうは、用意すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「とろにゃん」が書きました。

レッスン #90~91-2 ヘンデル ソナタ第1番 2~3楽章

それでは、ヘンデルソナタ1番の 2楽章のつづきから~e

 ・・2楽章、まだあるんです、あと少々。 今度は重音のこと。、螯rヲW、J、O


「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集7】

●ヘンデル ソナタ 1番 第2楽章

この前のレッスン記事では、重音以外の(自分にとっての)練習すべき箇所について
書きました。
そして、重音・・ ホントにこの曲は課題満載~汗

 d複旋律として現れる重音に関しては、以前の練習日記で書いています。
  
  * 重音の練習 5-1 *
  * 重音の練習 5-2 * 
  * 重音の練習 5-3 * ある日のれんしゅう



レッスン で、先生に
「この曲のメロディーになってる重音、まだちょっとうまく弾けないですよねえ~」
などと、話していたら、
メロディーのなかでもふたつの音がちゃんとした?重音になっているところを
キッチリ弾くと、もっと弾きやすくなるかも?とのアドバイスをもらいました。

重音のひとつのポイント

ここでの丸で囲ったようなところを、丁寧に弾くようにする、と。
うまく出来たかどうかはわからないけれど、次のレッスン(♯91)にはすこし気をつけて練習。


ところで、6月18日の レッスン ♯90 では このヘンデル、全楽章(1~4楽章)が
宿題になっていたのだけれど、
さすがに 1曲すべてとなると ・・・弾くだけで 時間がかかる汗

しかもこのときは、1~2楽章を通して弾いた後、
先生は全楽章を宿題にしたことを忘れておられたのか?
1楽章はそのまま、すんなり合格になり、続けて2楽章のレッスンへ。

上の注意と、このまえの日記に書いたようなポジ移動して
音がひとつずつ下がっていくところの音程のことなど・・
それから、2回めを弾く。
そして最初、走ってしまったこともあるし、これはもう1度課題に、ってことで
レッスンが終わりかけ。。そのときになって
あ、3楽章、宿題でしたっけ・・?
「4楽章もです。。d」という流れで あとのふたつの楽章を弾くことになりました。

なので、そのときは時間が足りなくて 3~4楽章 について細かいレッスンは出来ず。
とりあえず、最後まで 弾いて、ミスなどがないか、
かる~くチェックしてもらったのみ、というカンジでした。

 → レッスン ♯91 (6月25日)の課題は 2~4楽章。



●ヘンデル ソナタ 1番 第3楽章

この曲は、非常に短くて、
パターンのある音型を繰り返し4回弾く、というかたちで出来ている。

3楽章 全体

レッスン ♯90 では、1~2小節目の最初はそれぞれ「ド」であっても、
音の長さは違うのに2小節目を1小節目のように長く引っ張りそうになってしまった。
勘違い?なんでそういうことやっちゃったのかなー・・(^^;

25日のレッスンでは、ちゃんとしたリズムで(って当たり前)弾いた。


それでは 1小節ずつ 私の感じることを・・・


3楽章1

最初の音の長さがアバウトにならないように、テンポを決めておく。
頂点に向かって、cresc.
天辺の音をきっちりと、次の付点はリズムがキツくならないように。


3楽章2

はじめの「Cis」(♯ド)付点8分音符に注意。
それから、ふたつの32分音符をテヌートでクッキリ弾いたあと、
一揆に次のスラーの音型を。 膨らみをもたせて・・
「A」(ラ)の4分音符を弾きながら、はっきり判るように音量を減じていく。
まん中あたりの「Eis、Gis」(♯ミ、♯ソ)は
音と音の隔たりが思ったよりあるので、
はやく動くところだけに音程が悪くならないよう。
緑丸のような、音符が連なった音型の終わりというのはいい加減になりやすいので
とくに意識して丁寧に。

水色で上に書いたように、
4つのまとまりを感じて弾くとリズム、テンポがルーズにならなくていいかも。
(これは、フレージング スラーのつもりで書いたのでは ありません)


3楽章3

ここまで1小節ずつ楽譜をのせていて あらためて思ったのだけれど
これは、起承転結 になっているんですね。
そういう意味では、ここは「転」のところ。 

それにしてもこの曲、
こんなに短い曲なのに とても変化に富んだ雄弁な音楽だなあと思う。
一点の無駄すらない凝縮された楽想。
時間にすると1分ないくらいだけど、名手の演奏を聴くと圧倒される、
強く訴えかけてくるものがあるのですよね。

 まあ、私が弾いたら ヘボヘボ、のっぺりですけどね~d

ここには、largamente( ゆるやかに)がついている。
スラーではないのだけど、頂点の「G](ソ)のあるスラーまで ひと息のつもりで。
(付点リズムは次にかかる)
・・それと、、 (わかり難いコトだろうから書こうかどうか迷ったのだけど)
ここのテヌートの3つの音は、とても重要。
とくに「D」(レ)から「Fis、Eis」(♯ファ、♯ミ)に到るわずかな動き。
f と、この動きで 伝わってくる「あるカンジ」。

もうすこしいうと、、
言葉にしては表しにくいことではあるけれど、
譜面の行間にあるものをよむ ということ。
別の言い方をすれば、音の流れのなかに漂う「空気」とでもいうのかな、
とっても自然で、至極あたりまえのもの。
そういった文字通りの「空気をよむ」「心に感じる」、が
大切なのではないかな、と思う。
音楽にはたくさん、それこそ至るところに そういうことがあって、
それらを的確につかんで、あるべきやり方で示すことが出来たならば、
一歩作曲家の意図に近付いた、といえる演奏ができるのかもしれません。

私自身は、それがしっかり出来ているとはとてもいえないし、
いつか出来るようになるものかどうかも分からない。
けれども、音楽をやるからにはずっと目指して行きたい目標(というより理想)ではあります。




3楽章 最後のフレーズ


これ以下は、完全に私だけの独断
こんな考え方が正しいのか、
共感してくれる人が他にいるのかどうかも知れないので
こうなんだ、とか思わないでかるく流してほしいのだけれど、

このフレーズの水色の丸をしたところ、「接続詞的」なものを感じる。
日本語に直すとなんだろ・・・? 
ひとつめは「まあね、だから~」、 ふたつめは「ってわけで~」かな(爆)
間に挟まれた緑色丸のところは、すこし弛緩する感じ。
スラーも、細かく分割されているし。

最後は sul D(D線で)なので、5th ポジション。



3楽章、長々と書いてしまったのは(とくに遅い楽章だから感じられたというのもあるけど)
わずかな音句、もしくは、たったひとつの音にも、
必ずなにか 意味があるのだ、ということ 一度書いてみたかったからかな。
音符のひとつひとつ、もっと大切にしなくっちゃいけませんね。
 ・・これは、自分に言い聞かせるつもりで書いてます。d

この3楽章、
レッスンではほとんど注意らしい注意がないまま、合格だったけれど。
(レッスン ♯91)


はあ、しかし、なんで 今回はこんなにレッスン記事が長いんでしょう。。
この次に、4楽章を書くつもりだったけど もう長くなりすぎぃ~(>< )


なので、
あと、もう、ほんの少しなんだけど ここで分けることにしますねーd

Theme:バイオリン
Janre:音楽

レッスン #90~91-1 ヘンデル ソナタ第1番 1~2楽章

レッスン日記、どうしようかな、って考えていて遅くなりました。
 これホントぉ~(^^ゞ
どうしようか、というのは、レッスン記事をどのように書くか、なのだけど、
2回分をそれぞれ単独で書くには内容が少ないから、まとめるとしても
2楽章についてだけ、偏って書くことがたくさんあって。
全体でどのくらいの分量になるかが、見当もつかないので
とりあえず、書きはじめてみようと思います~。

ということで、 レッスン ♯90 、
6月18日(!?・・す、すっごい前だ~d)の日記をベースに
内容は、2回分のもので。




18日のときは、ヘンデルのソナタ1番が全楽章!という初の
(私にとっては)なかなかなプレッシャーあせがあったので、
またまた焦りながら、新曲3~4楽章と引き続き課題の1~2楽章を復習う。
とはいうものの、
やはり心配なのは(重音のある)2楽章なので、こちらを重点的に練習、
ブログに重音練習記事、三連発をしたのもこの週のことでした。

「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集7】

●ヘンデル ソナタ 1番 第1楽章

1楽章は、この前も書いたようにすこしイメージが掴みにくいところがあるようで
そのことが、弾き始めてすぐさまスッと曲の中に入っていきにくさにつながるような。
いきなり弾きだすと、とくにそういう傾向が顕著なので すこしばかり間をとって
頭の中に、音楽を思い浮かべるようにしてから・・


1楽章
 
これが、前半部分。
同じようなパターンで少々、変化のあるものが2回繰り返されるというシンプルなつくり。

1楽章、割と調子よく弾けたかも~ウッドストック

と、思ったら 先生はじっと なにも言わず佇んでいる・・

??? ・・あっ! 2楽章続けるのねー!?
ハタと思い当って、大慌てで2楽章を。

あー、気持ちが慌ててしまって すこし走ってるー?
ダメだー と思ったんだけど ついそのまま 最後まで。 ガク泣きうさぎ


●ヘンデル ソナタ 1番 第2楽章

2楽章は・・
前回のレッスン日記では、(重音以外のところで)
自分にとって、どういうところが難しいかをあげると沢山 ある、だなんて
書いてたのだけれど(そのときはあまり時間がなかったので 詳しく書けず)
今日は、すこし簡潔にまとめて 書いておこうと思います。
これはもっぱら 家で自分で練習していて、難しいと感じたこと。
  とくにレッスンで注意されたところ、というわけでもないのですが。。


やりにくいところは 大きく分けるとみっつ。


1 まずはこういう細かいところのボウイング、
 これが、このまえボウイングが問題と言ってたところ。

順方向のボウイング

ここは、D線 を ダウンボウ、 A線 を アップボウ、だから
(つまり 自分からみて上方にある弦をダウンで、下方にある弦をアップで)
弾きやすくはある。  「順方向」


でも、続く次の小節は・・

逆方向のボウイング


A線 を アップボウ、 E線 を ダウンボウ、だから
( 自分からみて上方にある弦をアップで、下方にある弦をダウンで)
とても弾きにくい。泣  「逆方向」

この曲は、このとき走ったこともあり、レッスン ♯90 では合格ではなく
レッスン ♯89~91の 3回に渡ってやることになって、
徐々にすこしマシにはなってきたのだけど・・ でも、やはり やりにくさは感じます。




つなぎの部分

この楽句は「つなぎ」の音型。
2の指に1の指が飛びうつる?ような、素早いポジション移動が要求されるところ。
連続して、 2ポジ →  3ポジ 、 3ポジ → 4ポジ と 目まぐるしい。
そのあとは、また逆方向の動きが。d

  関係ないケド、この色使い・・・ 桜餅みたい~ウインクさとと-ピンクハート


それとふたつめ。 


2 これも先ほどの音型についてなのだけど、特筆すべきは、

5度把弦

このあたりの細かい音の動きがすべて、1の指をつかった、
A線と E線 の2弦同時おさえ(5度把弦)によって 成されているところ。
(上の楽譜の部分を抜粋しました)。

これが、最初はとくに ものすごーーく!!弾きにくかった(涙)
いや、いまでも、まだ要領を得ない・・・かな。
5度を、とくに1の指で押さえるときって、
1の指の向きを考えると弦に対して斜めになっているから どうしても、
高い音のほうが 低くなりがち だと思うのですよね。
そうならないように、気をつけて 高音弦の方を厚めにおさえるようにしているんだけど。
だけど、細い1の指でふたつの弦を同時に押さえるのはキツい。
指自体をすこしななめに寝かさないと、弦の間にスッポリと嵌ってしまうのです
 これも、音程を狂わせる要因なのかも。


みっつめ。

3 これも・・ 結構、難しく思えること。d


音程の取り難いところ

画像に書いたように、1段目の最後の水色カッコのあたりから、
1の指は1音ずつ、ポジション移動をともなって降りて行く。
 ・・4th、3rd、2nd ポジションというように。

それなのに、もうひとつの対になった音が変わらないということは
指使いがひとつずつズレていく、ってことになる。
これが 思いのほか 難しい!
画像に四角で囲ったように、同じ音が違う指になっているんですね。
ひとつめでいえば、
4ポジ、1-2の「E、C」(ミ、ド) を 3ポジ、1-3の「D、C」(レ、ド)にするとき。
同時にふたつの指をパッと押さえ直すようにしているから(動きがはやいので)
余計に音程が狂いやすいのか・・
慎重に、注意を払いながらやらないといけない。

からし色で書いたメロディーラインも意識して出す。

・・・とくにやり難く思ったのは、このみっつでした。


それ以外の注意点。


違いをだす

上の楽譜の続き。
フォルティシモから1小節(上の譜例の最後の2ポジ)dim.(ディミヌエンド)して
 1小節だけなので音量的にはおそらくフォルテくらい?
ピアノで一度、小さくしたあとを、仕切りなおすかのようにハッキリと弾くところ。
・・なぜならば、音型的にかなり思い切った跳躍を伴うので。




違うところを指摘された。。

前回、茶色のところをハッキリといわれたので、そのつもりでいたら
今回はエンジ丸のアクセントをはっきりということだった。
ちょっと、慌ててしまった。汗


ああ、長い~
これでやっと、2楽章の(重音以外の)注意点 おしまい。。
では、ここで一旦アップしますね~

続きは、またあらためて・・・d


Theme:バイオリン
Janre:音楽

・・こねこねこねこ・・

タイトルは 「コネ」お金 じゃないです、こねこねはくしゅのアレ

 あれ?ますます分からないかーしずく こねこ、ね キティ

ヴァイオリンとは なんのカンケイもないことなんだけど、
この記事、面白いなって思って。。 

ま、とりあえず見てクダサイ手のひら

---------------------------------------------------------------------------
ベネッセコーポレーションが発行する生活総合誌『ねこのきもち』は、
飼い猫1000匹を対象に調査を実施。猫は“毛の色”によって性格が異なる傾向にあるとし、
黒と茶が混ざったしま模様の“キジトラ”は、慎重で警戒心が強い性格、
全身の大半が白一色の“白猫”は繊細な性格をしているなどと調査結果をまとめ発表した。

調査は、同誌読者と同Web利用者を対象に、
計1000匹の飼い猫の「毛の色」と「性格」についてのアンケートを実施、
“ノラネコロジスト”として、ノラ猫の社会や生態を研究する山根明弘氏に分析を依頼した。

 黒と茶が混ざったしま模様“キジトラ”の慎重で警戒心が強い性格は、
「猫の祖先といわれる野生動物のリビアヤマネコに近い毛色で、
その野生的な性質を強く受け継いでいるのではないか」と山根氏は説明。
また、映画『魔女の宅急便』に登場するジジでお馴染みの全身黒一色の“黒猫”は、
友好的で猫にも人にもフレンドリーな性格。
これについては「フランスの研究者が、黒い毛色のノラ猫は都心に多いという
調査結果を紹介しています。
争いを好まない黒猫は、他の猫に対しても人に対してもフレンドリーで
集団生活に向いているのでしょう」と述べている。

 遺伝学の父と呼ばれるメンデルが遺伝子の法則を発見して以来、
猫の毛色が遺伝子によって決まり、性格にも影響していることがわかってきており、
「猫の性格は持って生まれた遺伝による性質と生活環境が大きく影響するもの。
同じく遺伝子で決まる毛色が性格と関係していても不思議はないと思いますよ」(山根氏)と
話している。


にゃんこの毛

リンクは ココ だけど、すぐになくなると思うので画像で貼ってみました。
(これは、べつに子猫に限らずですけどね ^^ )


しかし、、すごいなーbaa 本当にあり得る(?)ことなのか。
 私、半信半疑なところあるんだけどー(^^;  ま、ま、ネタですから。

やっぱり こういうの見たら、
 じゃ 人間は? って思いますよね~

でも、 金髪、栗毛、赤毛、黒髪は? っていうのでは ちーっとも面白くない・・・

“遺伝子で決まる毛色が性格と関係していても不思議はない” って言うんなら
遺伝子で決まって人種や性別に左右されない、顔のつくりや 雰囲気とか、
そういうものだって性格と関係していても不思議はない、ってことになるのではないかなあ?

人の印象ってパッと見たとき、時間にしておよそ15秒ほどで決まってしまうって聞くんだけど
服装とか、あとからくるものはともかくとして
姿カタチ、その人からうけるカンジ、などをみて、
無意識のうちに個人的に蓄積されたデータを照合して、なんらかの判定を下している部分って
あるのかもしれないですね。
あの知人に似ているから、こういう人なんじゃないか、とか・・
それが案外当たっていたりしてーハーボット そう考えたら、ちょっと面白いですよね。 
勿論そうでない場合もあるけどね、ひとは見かけによらない、とも言うし。


ところで、上の表。
ここを見てくれているみなさんは、どのニャンコ ですか?

私は、うーん・・ 自分のことはよく分からないけど
黒 × 白 と 三毛猫 、合わせたようなカンジかしらん??(どんな 性格やキw


月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages 1

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。