スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューナーはとっても便利

ヴァイオリンを始めた頃、チューニングはレッスンの時に先生にしてもらっていました。
だけど家に帰って「さぁやるぞ」といざ練習し始めたら、
始めはいいのだけど数日経つうちに音が狂って来ている?!・・と気になり出して、
音程感覚がおかしくなるのが心配で練習する気がすっかり失せてしまっていた。
いつまでもこれではイカン!と自分で調弦するためにチューナーを購入することにした。

ピアノがあるのに・・と思われるでしょうが、ピアノとヴァイオリンではあまりに音質が違うし
ピアノの音の感覚で音程を考えてしまうクセを修正する為にもチューナーが欲しいと思ったのです。

ネットで調べると平均率で調律されるピアノとピタゴラス音律で調弦されているヴァイオリンでは
微妙に音程に差が出る、ということらしい。
では、やっぱり買うからにはピタゴラス音律対応のチューナーがいいなぁと思って
唯一対応している「 KORG OT-12 」というチューナーを購入しました。

KORG OT-12

このチューナー、コンパクトでなかなかGOOD!
丸いダイアルで、音に対する反応速度を調整したり出来る。
チューニングの為に買ったはずでしたが、音程を確認するのにとても便利なので
練習するときはACアダプター(別売)を使ってずっとつけっぱなし、
いまでは欠かすことの出来ない練習の友となりました。
省エネで、調べてみたら数時間使っても電気代1円いかないというお得さもお気に入り(セコい)
気のせいかも知れないけど、なんとなくピタゴラス音律の感じが判って来たような?
( ↑間違いなく気のせい (~_~;) )

チューナーで音程を確認することについては色々と賛否両論あるらしいですが、
楽譜や左手や弓の動きを見ていることの方が多く、そうそうジ~ッとチューナーを見ることは出来ません。
時々チラッと音程を確認するのに使うだけなので頼り過ぎてしまうということはないからいいのではないかなぁ?

最近、このOT-12が廃盤になり新しいOT-120という機種になったらしいということで
調べて見ると、機能は変わらず縦型になっていた。
自分は譜面台に置いて使っているので縦だったら譜面の邪魔になりそうだから
やっぱり前のがいいな~。
・・などと、思っていたら使っていたのがAC電源に反応しなくなり、修理に出すことになっちゃった。
戻ってくるまでの間、なかったら不便だし、まだ少々なら残っている店もあるので、なくなる前に・・と思ってもったいないけど、もう1台OT-12を買いました。

ほっ、これでしばらく安心。

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

いいチューナーですねー、しかも精算完了品だと随分お得。

チューナーのチラ見は私も時々やります。
聞いたこのない曲だと、難しくって…。
バイオリンならではの音律にこだわらない音取りを目指していますが、現状では、時々チューナーに頼ってもバチは当たりませんよね。
  • 2007-05-01 00:50
  • URL
  • ばうん #w070iGTE
  • Edit

2台目はちょっとお得に買えましたが1台目は普通のお値段だったんですよ~
なんかかんかとヴァイオリンってお金がかかるもんですねぇ
いまとなってはチューナーがなくっては、なんか心配で・・依存しすぎかも??(汗)
  • 2007-05-01 09:19
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

見るところ

あたしはチューナーはおろか左手さえ見ません…。
弓は時々見る程度<しょっちゅうかなり歪んでますけど…。
ただ単に「それどころじゃない」んです…。
  • 2007-05-14 04:33
  • URL
  • Nagisa Siowatari #KVI.g50Q
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。