スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あがりを克服?

実にインパクトのある書名のこの本。

「あがり」を克服する―ヴァイオリンを楽に弾きこなすために「あがり」を克服する―ヴァイオリンを楽に弾きこなすために
(2002/04/01)
カトー ハヴァシュ

商品詳細を見る

この本については、いつか書こう・・と思いながらも、
今日まで、ずいぶん経ってしまった。アップロードファイル


 いままでも、ちょこちょこ書いてきたのですが 私はあがりです。 TTTT

あがりの程度は、たぶん中くらい?
そうひどくガタガタにはならないんだけど、
ちょっとしたことで緊張が一気にきて、崩れるタイプ(汗)

ところで、あがる機会というと
このブログに来てくれる方にとっては、一番の機会は 発表会 だと思う。

私もピアノには長年、関ってきたので、
発表会、その他の人前に出る機会って、それなりにあったとは思います。

それで それだけ場数を踏んでも 慣れないのか というと 

多少は 慣れたところもあるけど、根本的な解決にはならなかったみたい(私の場合)
やっぱり、緊張って性格のものでもあるってことでしょうねー

まだ、ヴァイオリンで、発表会に出たことがないのは救い。
ヴァイオリンって、ちょっとした動揺でも弓ビブラートがかかるから~(@_@)

  ・・などと、長々と自分語りをしてないで早く本を紹介してよ! ですよねえ


この本、実に真面目にこまごまと綴ってあり、あがりの身体的側面 という章では
実際にどういう 恐れ が起き、それにどう対処したらいいかが書かれています。

例えば・・
私が一番、気になっていた (いや、いまも「気になっている」かな?笑)

弓が震えてしまう恐れ について。

きっと、ここを見ている方も どういうことが書かれているか、興味深々なのでは?キラキラ(水色)
少し、抜粋してみますね~(^_^)

原因
1.必要以上の力で弓をつかんでいるため、拍の伝達がさまたげられる。
2.弓身に上から圧力をかけることで、親指と他の4指がこわばる。
3.肘のかたさが原因で手首を使い過ぎる。
4.ダウン・ボウとアップ・ボウが単純な一直線とだという考え方

 
    なんとなく どれも心あたりばかりだったりして・・ 汗;

治療法
1.身体の内から沸き起こるリズムを体感しつつ、弓を楽に持つ
2.親指でバランスを取ることにより、
  他の4指が弓に不要な圧力をかけないようにすること
3.ボウイングを肩関節から行うこと
4.弓の「そり」を考慮に入れたボウイング


治療法って~!!と、最初は度肝を抜かれたんだけど
     ・・・い、いまいち、判り難い? びっくり

あっ、でも
少なくとも1番の、リズムを感じつつ弓を楽に持つを心掛けるように努めたら、
レッスンでの弓の震えがマシになった感じはしましたヨ。

ただし、それが発表会で実践できるか は、 また別問題だと思いますけど~がっくり

ちょっと、待ってっ!?

あがらない方法のはずなのに、それをあがらずに行えるかって

なにかが ズレてる~~!? えぇ

発表会で、慌てず騒がず、
あがりの症状に対処できるってことを前提に、書かれているのね、コレって。
  勿論、その為にどう練習すればいいかという練習方法も細かくのっています。

・・ってことは、頭が真っ白になったり、 足がガクガク震えたり している場合は
 使えないんじゃ?(^^;)

いやいや、それでも こういう対処方法があるっていうだけでも、
なにかの参考にはなるかも?


結論としては、ここに載っている細かい練習を積み重ねて、発表会に備える。
つまり 基本は十分な練習 ってことは同じなんですねー
違いは、あがりに対処する練習をするかしないかの差ってことでした。

あー、やっぱりネ・・
パッと見て、パッとあがりに効くような ムシのよい 方法などは、ないのだった謝罪~!


それでも、色んな恐れに対する治療法と練習方法がのっているので
興味を感じた方は、一読されてみるといいかも、ですー羅琉 ニヤリ

うん、それなりに参考にはなると思いますよ~ (たぶん、ですけどネ汗とか  )

あっ、もし参考にならなくても、責任は負えませんからー  念のため ぷぷ

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

「あがり」ですか・・・

そういえば先秋に弦楽器フェアという催しに行ったのですが、
朝一というか開催始時に行ったのでブースはガラガラ。
しかも周りは耳の肥えたディーラー・店員・Vn教師・製作家等ばかり。
プロと思われる人も試奏してたりして。
で、試奏した訳ですが初めてヴァイオリンを人前で弾いたんです笑
最初は弓ヴィブラート、しっかりかかってました(爆
周りがそれを感じていたかは定かではないですが。
ま、そのうち何とも思わなくなって平然と弾けるんですが・・・

バンドでも最初のステージではやっぱり心臓バクバクでしたね笑
場数を踏むと大丈夫というか「聴け!」という感じになるのですが・・・苦笑

やっぱり経験値というか場数を踏むしかないような気がします。
  • 2008-01-10 10:08
  • URL
  • むら5678 #coo0QYPI
  • Edit

私も読みました 良本です

フルフルさんこんにちは

良い本をご紹介ですね。私もこの本は何度も読み返しました。この本は「あがりを克服する」という題名よりは「脱力して演奏できる正しい左手の形」のとした方が良いくらいの内容です。

意識しないことが重要?

空気読まない人になるのです!
曲は体に覚えさせて、何も考えなくても弾けるようになれば、意識真っ白でもどうにかなるものです。

って、大型バイクの教習所の卒検、そんな感じでクリアしたなぁ。
よくコース間違えなかった。
集中しすぎて、周りとか全然見えてなかった。安全確認はきちんとしてるけど、それ以外ね。
余計なことを考える余裕すらなかった。
ちなみにそのとき私は2番目で、1番目の人の一発落ちを目撃した直後でした、、、。
なぜか、私の前に受ける人って落ちるんだよなぁ。
自動車も、中型二輪も、そして大型二輪も・・・。
しかも、毎回2番目。

あがり対策として、、、
「あきらめる」「開き直る」というのも方法かと。
最近はこればっかりな気がしますが・・・。
  • 2008-01-10 12:46
  • URL
  • 滝 #-
  • Edit

私も、未だにあがる時がありますよ。苦手な曲の時に体がこわばってしまうので、うまくひけないんですよね。(それが、あがるってことですね~笑)
 むらさんがいうように経験値と場数を踏むことで、随分克服できると思いますが、心理的なことも多いので、メンタルトレーニングも結構役立つと思います。
 でも、やっぱ一番は練習量でしょうね。たくさん練習すると、「ここまで頑張ったんだから」と自信(開き直りかも!?)がもてますしね。
 私も演奏会があるから練習しなきゃな~。何となく憂鬱(苦笑)
  • 2008-01-10 12:48
  • URL
  • ひっきー #-
  • Edit

むら5678さん

弦楽器フェア、行かれる前から、
行く予定と書かれた日記は読んでましたよー

うーん・・ そういうトコロで試奏する気持ちって いかばかりのものか(ーー;)
とってもオソロシー気がしますよ~ あがりの人間からしたら。

>初めてヴァイオリンを人前で弾いたんです笑
最初は弓ヴィブラート、しっかりかかってました(爆

むらさん、初めての人前だったんですねー(笑)
いやぁ、むらさんって、心臓に・・ゴニョゴニョ・・ かと思ってましたよー(爆)

>場数を踏むと大丈夫というか「聴け!」という感じになるのですが・・
あー、これって最高~!!
大きく紙に書いて、壁に貼っておこうかなぁーv-411
笑いころげましたよー (* ̄m ̄)プッ

場数は・・ 確かに大事ですよね。
  • 2008-01-10 13:46
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

マクマクさん

マクマクさん、読まれてらっしゃるんですね^^
それもよく読みこまれているようでi-229

この本、とっても固ーい文章で学術的?理論的?に
書かれているので
実のところ本当にここが困っていると思うところ以外は
あまり読む気がしなくって(-_-;)
紹介しておいて、こういうことを言うのはナンですがe-263
ここ、と思うところだけしっかり読むのがいいかなぁと・・
(うわー、不真面目ですね~ 汗)
Vn理論書と言えるような内容なので、とても役に立つ内容だと思いますが。

本当、左手についてや、脱力が重要ということや、
色んなテクニック的なノウハウがギッシリ書かれていますねー
  • 2008-01-10 15:05
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

滝さん

「空気を読まない人」ですか~ なんだか新鮮ですね^^
日頃、KY、KY !と ばかり思っているのでー・・(爆)
(KYとは・・ 判りますよね 笑)

そういえば、いつだかの本番で、
ハタッと頭が真っ白になってここはドコ、私はダレ・・じゃなくてー(^^ゞ
「私って・・いま何してるのっ?!」状態になったんですよ。
当然、音も一瞬、ピタッと止まってました(泣)
でも直前、そんなヨカンがしたからか?倒れるほど(大袈裟?)
弾き込んでたんですよネ~
その成果があったのか、いつの間にか左手が勝手に動きだしていて・・
左手につられて右手も動き出したんですよ。(ピアノなので両手で弾く)
あとで先生によく左手だけで弾きだせたね、なんて言われましたが、
滝さんの大型バイクの卒検とちょっと似てるかも?
卒検の話、ちょっと面白いですね、集中しすぎると周りが見えない、とか・・
あー、私の教習所通ってたときは・・などと語りたくなりますねー(笑)
滝さんと違って、とんでもない状態で卒業させてもらったんですよー
・・かなりの笑い(泣ける?)話です (+_+)

開き直り・・ 会得?するとこればっかりになりますよねーv-394
  • 2008-01-10 15:32
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ひっきーさん

あがりって、なくなっていきますかー?
曲の難度、関係なしみたいに思うんですけど・・

あ、ヴァイオリンは旋律楽器だから、また少し違うかな?

本番前、うっかり頭の中で楽譜を考え出すと
あそこの音符が憶えられていない!とか極端に不安になったりしますよ(-_-;)
私の場合、一番の不安は暗譜だな~
一番、最近の本番は、んーと・・3年前ですけど(リストを弾いたんです)
暗譜、とびましたよー(泣) 
転調した和音を思いっきし、転調前と間違えたっ!!(号泣)
 幸い、すぐに持ち直せたけど。

あ、ひっきーさんにグチってしまったe-263

練習はしないと不安でどうしようもないから、するしかないって感じかなぁ。
これだけやったからとは、なかなか思えないですねー。
(やっぱり、そう思うには時間が足りないのかな?)

ひっきーさん、演奏会、頑張ってくださいね!v-218
  • 2008-01-10 15:55
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

私は~

発表会は聞いてる人間だったのでわかんないですが、もう半年後には表舞台の人になっちゃいますね~^^;

そろそろ、曲が決まってると思います。
ドキドキな感じです。

野球のたしかイチローさんが言ってましたけど
いいプレーができる時は
緊張50%リラックス50%の時なんですって。

いい演奏をする上でも適度な緊張感は大事だと思います。
洋菓子の世界にもコンクールってものがありまして
私の経験上、開き直ったほうがいいと思うなぁ!!
私の場合は「結果は神様が決めること」なんて開き直ってますから^^;
結果は聞かないでね^^
  • 2008-01-10 16:13
  • URL
  • Chocolat #4ARdecsc
  • Edit

>場数を踏むと大丈夫というか「聴け!」という感じになるのですが・・

あ、これ念のため付け加えておくと音形がやや単純なロック系だから成せる事ですよ笑
リードギターは音符を詰め込むので一概には言えませんが。

ま、弦とかの旋律楽器ならいざ知らず、ピアノでは絶対に無理かも・・・
ピアノって一回落ちたら復帰するのがもの凄く大変そうな楽器だと思います笑笑

即興演奏は別として、何の楽器にせよ事前の練習は大事ですよね・・・
  • 2008-01-10 16:19
  • URL
  • むら5678 #coo0QYPI
  • Edit

空気読むな(笑)

最近は、KYは空気読むなって使い方もあるみたいよ(爆)

私の場合、自分が出来ること以上をしようとすると、何事も「あわわわわ」ってなっちゃう。
かっこつけようとした途端、ピエロになっちゃうんだわ。

オケの定演、緊張しなくなったのも、観に来た友人ではなく、自分が楽しもうと決めた時だったな。
本当は来てくれた人へ感謝するのが大事なんだろうけど、それでヘタレてたら意味ないし。
楽しんでない演奏を聴いても、ツマランだろうし。

楽しむには、それなりに努力も要るんだよね。
でも、努力も楽しめる人になりたい、今日この頃。

ホルンとチェロに浮気中のダメばいよりん弾きより
  • 2008-01-10 17:46
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

Chocolatさん

発表会、いよいよ曲が決まるんですね!
うわー、ドキドキですよね~ 
半年か・・ いまからだと7月くらい?
夏の発表会なんですねー^^

確かに、いい緊張って大切なんだろうなぁ。
うまく緊張をコントロールできて、フィフティ・フィフティに持って行くのは難しそうだけど・・
そういうことが出来るのが一流の人なのかなーって思いますねー(^^ゞ

洋菓子コンクール、あるのは知ってますよー
なんだかすっごく難しそうですよね。
制限時間内に決められたジャンルのお菓子を作るんですか?
会場で作るんですよね?  ・・緊張しそう(汗)

Chocolatさんはクリスチャンですもんね。
「神様が・・」そう考えていたら、それほどあがらないように思います♪
結果は・・ どうでしたかぁー?(なんて・・ 笑)
  • 2008-01-10 19:07
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

むら5678さん

いやいやー
ごくごくたまーにだけど「聴け」って思うことも、実はあるんですよ~(爆)
本番には、そういう気持ちが少しはないと呑まれてしまうから
日頃からなるべく強気で!とは思っているんだけど、
調子が良かったら(かな?)ゴキゲンっていうかHighなときもあって・・
勿論、緊張はしているんですけど、ニヤリ☆っていうカンジなんですよー
でも出たときだけ。 長続きはしないことが多いけど(泣)
大抵、演奏しているうちに緊張に呑まれてしまいますー
あー、いつも「聴け」って思いたい!

ピアノはコケたら復帰が難しい・・ それは確かにあるなぁー
だから復帰予定の場所をいくつか作っておいたりするんですよね(笑)

教えてたときは、発表会前に「ここでコケたっ!」とかいきなり止めて
弾きなおす練習をさせたり・・

事前練習は、やればやるほど気持ちにゆとりを持てますよねー
(やりすぎて、本番前から疲れてたりして 汗)
  • 2008-01-10 19:22
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ともさん

へー、そうなんだ~
KY(ともさんが初出だったよね 笑)は、空気読むな、もあるの?(^_^)

しかし空気って、読むべきなのか、読まないべきなのかーv-394
そういや、鈍感力ってのも、流行ったよね~ 
そういう価値観ってものは、表裏一体なのかも知れないねー

カッコつけようとした途端、ピエロ・・ 判る気がするナ。
やっぱり、自分は自分らしくが大事ですよね。

そういえば前からのテーマでもあるよね 「自分を肯定」するってこと。
そして努力さえも楽しめるっていうこと・・
なにかと、ともさんとは、そういう話をしていたよねー
(うーん、今日はちょっぴりマジメだわー (^^; )

あっ、知ってるよーん♪  いま浮気中、なのよねー(爆)
ところで、ばよりんはともかく、
ピアノはドコへ行ってマスカー?v-391
  • 2008-01-10 19:43
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

お久しぶりです~☆

こんな本があるんですね。私も態度はでかいくせに気がちっちゃくて、とっても緊張しぃです…。
フルフルさんのおっしゃるとおり、緊張で出る症状の回復方法よりも、緊張しない技を知りたいです!

私の緊張を取る最善の方法…それは、『酒』でしょうか…(笑)
究極、ですけどね…。

  • 2008-01-10 20:26
  • URL
  • めありー #B/Co7ykw
  • Edit

めありーさん

あー、めありーさん!
ご無沙汰しちゃってます~v-222
元気にされてますかー? 最近、お仕事どうですか~
なんか久しぶりにお会いして嬉しいー
うふふ、また遊びに行きますねっ♪

>態度はでかいくせに気がちっちゃくて、とっても緊張しぃです…。

あはは、態度がでかいんですかー?
めありーさんの態度がでかいんだったら、
もう、みーんな でかすぎーになっちゃいますよ(笑)
・・やっぱり小心ものが、あがるのかな?e-263

>フルフルさんのおっしゃるとおり、緊張で出る症状の回復方法よりも、
>緊張しない技を知りたいです!

ですよね~!
良かったー、そんなムシのいいのは 私だけかと思ったーi-229

>私の緊張を取る最善の方法…それは、『酒』でしょうか…(笑)

もう、引用しまくり~(^^)
またまた笑いましたヨ。
お酒かぁ~ 
じゃ、発表会の前にも、一杯ひっかけなくっちゃねー?
ぷぷっ・・ (今夜は 笑い上戸?^^ )
  • 2008-01-10 22:28
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

こんばんは~

フルフルさん、ご無沙汰しちゃいました。
今年もよろしくお願いします~。

とっても小心者で人前が苦手なので、この本はずっと気になってました。
しかも発表会(生まれて初めてです!)に出ることになりそうなので、
フルフルさんのレビューはとっても有り難い~!!

でもやっぱり、そう簡単には行かなさそうですね。
楽しようと思うのは甘い考えなんだろうなあ。。。
うまくいかなくて当たり前と開き直ったり、
ここだけは気をつけるというポイントがあったりすると
意識が集中できるのかもしれないなあと思いました。
まあ、ともかく、練習!練習!というのが一番なのでしょうね。
  • 2008-01-10 22:42
  • URL
  • るるこ #-
  • Edit

フルフルさん、こんばんわ~
そんな本が存在するんですねぇ…知りませんでした!

昨年末に初発表会を経験しましたが
わたし、ほとんど緊張しなかったんですよ。
それまで、エレクトーンの発表会や吹奏楽で
多少は舞台慣れしていたのもありましたし、
プロでない人の弦楽を聴く機会は初めてでしたけど
まわりも似たようなレベルかなぁ、な方がほとんどだったので
安心感もあって、アンサンブルでの参加ということもあって。
(ひとりだとガクブルだったかもですが…)

でもでも、本番では力みがあったのか、すんごい弓ビブでした。
一瞬、楽譜から余所見しちゃって、となりの仲間と
ボーイングがずれてしまったり。
弓ビブは中盤からはやや落ち着いたものの…
終わってみたら、けっこうへコんだりして。

結果、ほどよい緊張感は必要なのかも…とも思ったり
リラックスしていたはずなのに、楽しんで弾く余裕も
それほどなかったような…???な感じで終えてしまい…
次にこの経験を活かせるのでしょうか?
次の発表会では、フルフルさんの紹介本、読んでみようかしら。
ボーイング技術がないから、と言ってしまえば
それまでなのかもしれないんですが、普段のように…って
すごく難しいことなんだなぁ…と。
それをささえるのは、日常の練習なんですよねぇ。
やるだけやったわ!あとは楽しむだけよ!と
思えるようになりたいものです。
  • 2008-01-10 23:54
  • URL
  • やま #-
  • Edit

あけましておめでとうございます(って遅すぎ!)!
私の場合は○ズキ2回、○マハ1回発表会が過ぎました。
4月にまた○ズキの発表会があるのですが...。
最初の発表会のときは心臓発作おこす?というくらいバクバク状態で弓ビビラートも
かかりまくりでした。(音もギギギギーとそれは聞かせられないような...。)
でも○マハのときと2回目のときはそれほど緊張しなかったです。
たぶん、どちらも前や後に別の予定があって「移動間に合うか?」とせっぱ
つまっていたからかも。ということで、発表会の日は忙しくしておくことが肝心!(爆)

  • 2008-01-11 00:04
  • URL
  • neco #35Z5PB8o
  • Edit

るるこさん

るるこさん、こちらこそ~
かなーりご無沙汰しちゃってごめんなさーい!v-399
久々にお会いできて嬉しいです♪ 今年もヨロシクねっv-290
また、遊びに行きますねー

発表会ですかぁ。 ついに(笑)
るるこさんは確か2月に始められたんですよね。
1周年記念日は発表会の練習で大忙しになりそう?(^^)

1回目の発表会だったら、案外、うまくいくかも、ですよぉ
ヘンな恐れがないから。
失敗したこととか、なまじっか経験があると
また、あーなるんじゃないかと、ビクビクしたりするから・・(^^;)
でも1番は、やっぱり練習をたっぷりして、
これ以上は、自分のいまの段階じゃー出来ないんだから
仕方ないもんネー 
という開きなおりに持って行くことかなぁ~v-392
・・なーんて、言うだけなら簡単ですけど(苦笑)

ガンバッテくださいねっ! 応援してまーす♪
  • 2008-01-11 07:33
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

やまさん

憶えてますよー 
グリ丸ちゃんの初めての発表会だったですもんね♪
緊張しなかった、ってすごいわー
私だったら、ガクブルかも・・(ーー;)
あ、でもアンサンブルは仲間がいて心強いですよね。

緊張しいの私なんだけど、連弾(2人で弾く)などの場合、
たまに、まったく緊張がないこともあるんですよ。
だけど、それでうまく弾けたかというと・・多少は緊張した方がうまくいくのよねー
やっぱり、緊張感って大切なんでしょうねぇー
やまさんの経験と少し、似ているかな?
集中力の持続って難しい・・e-263

弓ビブは、仕方ないものなのかナ~?
イヤですよねー そうなっていると自覚するだけで
ますます緊張感が高まりそうv-12

次回は、この経験が きっと役に立つのではないかしら。
本も、なにかの心の支え(笑) にはなってくれるかも?
私、心の支えは沢山あった方がいいって主義です。
小心者なので(笑)
  • 2008-01-11 07:51
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

necoさん

necoさーん、やっとお会いできたー(笑)
あけまして おめでとう ございます♪
去年は沢山いい情報を教えてもらったり
楽しいコメントなど、とーってもお世話になってありがとうございましたv-352
今年もどうぞよろしくお願いしますねi-236

発表会、もう結構の回数をこなされているんですねー

>心臓発作おこす?というくらいバクバク状態で弓ビビラートも
かかりまくりでした。(音もギギギギーとそれは聞かせられないような...。)

きゃー、コワイ。。
自分も、ばよりんで出たら、そうなりそうな気がします・・(@_@)

でも、もう大丈夫なんですね~?
「移動、ドタバタ、忙しくする」というワザを覚えたから(爆)

私も、発表会経験そこそこ多いので、ありますよ~
移動もドタバタも、(伴奏の)譜面どっか行ったぁ~( ̄□ ̄;)!!も・・
確かに、直前に他のことでパニックになってたら、
演奏しているときにも、その感じを引きずりますよね。
でも、私の場合、取り乱しやすいのでその気分まで
引きずっちゃうかもーv-12

切り替えの早い性格だったら、きっと有効なワザなんだろうなー
うーん・・ 
でも一つの手なのは間違いないですネ♪
  • 2008-01-11 08:08
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

私の場合・・

フルフルさん、私の場合です。
ひっきーさんも書いてらっしゃるとおり、まずは練習、練習。苦手意識がある箇所をなくす。ここまでは下準備。
発表会の日は、頭の中で自分の弾く曲をガンガン鳴らして、徐々にテンションアップします。心の中で歌いまくりです。テンションの波が最高潮に達したときに、発表!となるように調整します。頭の中で鳴らし始めるのが早すぎると、発表の時までもたずに息切れしてしまったり、エネルギーを使い果たしてしまうし、遅すぎると、十分にテンションが上がらないまま弾かなければならなくなるので、調整は重要なポイント。要は集中力ってことでしょうか?
バイオリンを始めて何回か人の前で弾く機会がありましたが、これができずに気分がノリノリでないと、弓ビブラートがかかってしまいます。(毎回独奏というのも超きつかったんですが。)人前で弾くことを恐れるんじゃなくて、「みんな、聴いてよー!」「私の音楽を分かち合って!」という一種の*恥知らず*的な根性ですよ。ずーずーしくなければできないわー、と開き直り根性。
テンションあげてるときは、周りから見ると、かなり変人な雰囲気を醸し出してると思うけど、そんなの何のその、ですよ。

春には本格的な発表会がある予定なので、がんばります!

風邪、どうぞお大事になさってください。
  • 2008-01-12 22:16
  • URL
  • Pleiades #-
  • Edit

Pleiadesさん

うん、まずは練習ですよね。
苦手なところを残してたら、ゼッタイ、本番でそこが失敗しますよね。
そしてここからがPleiadesさん流ですねー(笑)

>頭の中で自分の弾く曲をガンガン鳴らして、徐々にテンションアップします。
>心の中で歌いまくりです。テンションの波が最高潮に達したときに、発表!となるように調整します。
>頭の中で鳴らし始めるのが早すぎると、発表の時までもたずに息切れしてしまったり、
>エネルギーを使い果たしてしまうし、遅すぎると、十分にテンションが上がらないまま弾かなければならなくなるので、
>調整は重要なポイント。

これは、オリンピック選手、特にスピードスケートとか?の選手のやり方に近いような?(^o^)
そうですね、そういうやり方もいいのかも・・
私が試すと、どうなるかな~?機会あったらやってみようかな。

私は緊張感を高めないように、曲のことを忘れて過ごしますよ。
まーったく他のことを考えてて、
かなり時間が近づいてから楽譜を取り出し(楽譜携帯必須!)
練習している雰囲気になるように、気持ちを持って行きます。
あ、このへん、似ていますね(笑)
そしてその気持ちのまま(平常心を保つようにして)
本番となると一番いい感じ。
頭の中は、ここをどう弾くとか考えているように・・
発表のことをあまり意識してないように・・
 でも、これがなかなか難しいんですけどね~(苦笑)

そして舞台に出るときは、まるで女優!ですよ(笑)
「注目して」っていうような気持ち、本来も持っているけど
最大限、そういう気持ちを高める。
これも似てますよねー(笑)
やっぱり、そういう気持ちがないとダメなんだろうなーi-179

春に発表会ですかぁ~
きゃー、あと少しじゃないですか!頑張ってくださいね♪
  • 2008-01-13 09:07
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。