スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newヴァイオリンを求めて・・ 2 (決定♪)

今日はNewヴァイオリンを求めての旅(ウソ)の続きです・・・

新しいヴァイオリンを購入する、となればいままで短期間ながら培ってきたネットでの情報を
存分に駆使して、といきたいところ。
(相変わらず楽器店に行くという選択肢が外れているのが私らしい? 汗)
いや、判っているんだけど。ちゃんと見て弾いて買うのが一番っていうのは。
でもへなちょこ初心者が独りで行って試奏なんて・・やっぱりどうしても出来ません!
先生に相談? ん~先生は弓や弦換えの時もチラッと相談したんだけど、
そういうことを特に勧める方ではないようだったし、レッスン時間30分しかないから
ゆっくり話をする暇もないしね~

ま、とにかくそういうことで、今度もネットで買うんだろうなぁと思いながら、改めて情報収集。

ソルティの購入以来、日課に近いものになっている某オークションのヴァイオリンカテゴリ巡りや
検索で集めた情報によると中国の某工房のヴァイオリンがなんか評判がいいみたい。
それで、実際にWebで音を聴いてみると・・まぁまぁいい感じだし、
実物を置いているところにも行ける距離ではある。
行こうかな~?とチラッと思いもしたけど、うーん・・(人前で弾きたくない気持ちがどうしても根強いのです)
それにソルティちゃんも中国生まれだしなぁ、もう今回の楽器を買ったらしばらく(ずっと?)
買い換えることは出来ないだろうし、中国製ばっかりなのも面白くないかな、と保留。

次に考えたのが前から興味があった「Gliga(グリガ)」というルーマニアのメーカー(工房?)
ここのメーカーは手工芸というのがウリで
(って言ってもグレードによっては半手工芸らしい?という説もあり)
ルーマニアの質のよい木材が使われていて音や造りの評判も上々、
(オークションでも時々見かけます)
ヨーロッパではかなりメジャーな大きなメーカーであるらしい。
国内では某弦楽器専門店が扱っているようなので、そのHPを見たら・・
一番上のマエストログレード(GLIGA VASILE)がエクセレントヴァイオリンという名前で
定価430,500円、その下のグレードのGAMA1が304,500円 GAMA2が252,000円 となっていた。
そんなもんかぁ~、と思いながら、GLIGA USAを見たら・・・な~んか安いのよね~?
ビックリ!!
グレード順に(標準的なもので)それぞれ $1,738 $748 $705 となっている。
つまり日本で買うと軽く2~3倍にはなっちゃう訳ですね~(¨;) ま、値引きはあるだろうけど。

よぉし、どうせネットで買うんだから、ここで買おう。(日本、高いし(ーー;) )
個人輸入なんてやったことないけどなんとかなるでしょ!ということで決定!!

詳しくはまた次回に・・・♪


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。