スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #47 ザイツ 協奏曲第2番 3rd Mvt.

このレッスン日記は、5月22日の分。
遅れまくってますーかお

でも、この回は あまりレッスンできなかった。
というのも、すこし前に弦を替えたからか、とっても楽器の状態が悪く
音程があんまり安定しなかったので、そのことでかなりの時間を取ってしまったのですねがーん
弦を換えてからは、5日めだったんだけど・・



レッスン前に先生に、いつものように楽器を渡して調弦してもらうのだけど
このとき、まだ弦交換後のペグの向きの調整がきっちりと出来ていなかったので
「すみません、調弦しにくいと思います」と言いながら、楽器を渡す。

先生はペグのことは、それほど気にしているカンジではなかったんだけど、
音が安定しないようで、何度もやりなおされる・・
私も、そのレッスンの直前まで弾いていて、
「どうも弦のせいか、音程が取りずらくて・・練習しにくかったんです」というと、
「ちょっと駒が、傾き気味かも?」とものさしをどこからか出してきて、角度を見られる。
そして、「ああ、曲がってますよ」と、駒を直してもらう。

駒

この駒は、今日、写真を撮ったもの。 テールピース側が直角になっているかを見るらしい。
直してもらってから、もう1週間以上になるので、若干歪んだかもー?汗

 ※写真で、駒よりも指板寄りにE線のビニール?がはみ出しています。
  これは良くないので(ともさんが指摘してくれた、アリガトー♪) 直しました。



駒が曲がっているから、音程が取りにくかったのでは?とおっしゃる。
へぇ、そういうこともあるのかー  そうかも? (って実力のせいって気もするけど 汗)

時間が かなり経ってしまったので(15分ほど経過)
    今日は、篠崎のサードポジション教本はなし。


『レッスン』
【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集4】

ザイツ 協奏曲第2番 3楽章

まずは、最初から通して弾く。


難しいもので・・ 
この曲の1回目のレッスンでの注意、冒頭のスタッカートを弓を離して弾くということを
言われたんだけどー
今回は、弓はあまり離さないように、との注意が。
やりすぎになっていたのかしら・・・・・
ザイツ 協奏曲2番 3楽章 1

でも、
 
今回のレッスンで 全体を通して弾きながら 、先生の部分的な模範演奏も聴いて
思ったのは・・
先生の曲の捉え方と、自分のそれが、だいぶ違うんだなぁっていうこと。
私は日頃は、エレガントな、柔らかい演奏が好きなのだけど、
この曲を弾くと、なぜだか各音を強調して、 ハッキリした男性的な弾き方をしてしまう。
それは もちろん技術が未熟なせいなんだけど(それだけでもないのかな?)
スタッカートとかアクセントを、やりすぎるくらいにやってしまうので
音楽の流れがいまひとつ、になるのですよねぇ。。かお
この曲は、grazioso(グラツィオーゾ 優雅に)だし、もっとなんというか ふわっとした感じで、
ハッキリさせ過ぎないように 弾いた方がいいんだろうナー

部分毎の、表現についての先生の注意を聞くと、結局はそういうことに集約されるように思う。
それが、ちゃーんと出来ればいいんですけどねーうーん
まぁ、ちょっとずつ、意識してやるしかないですね。
 いろんな表現が出来るに越したことはないし・・


ザイツ 協奏曲2番 3楽章 4   この重音、最初はスラーのみで、
 次はスラーにスタッカートがついている。
 アクセントの音も、最初はスタッカートあり
 ふたつめは、なし
 そういう違いが、聴いていて判るように弾く。
  あ、あたりまえなのに・・ 出来てない(泣)


音をつなぐ

今回はこのespressivo(エスプレッシーヴォ 表情豊かに)のところ、
またまた、表現について注意される。

もっと滑らかに・・
アップ → ダウンを感じさせない、一本の弓で弾いているように聴こえるのが理想。
うーん、難しいですーうーむ…

今日のスタッカート部分

今日のココ・・ っていうくらい いつも注意されているここのところなみだ 

今日は、基本的なミスをしてしまったー(汗)
オレンジ色の丸のところ、
似た音型で微妙に音が変わっているのを、おんなじファ#ふたつ、で弾いてしまった。
楽譜をみないで弾いていると(スタッカートの弾き方のことで頭がいっぱいなので)
いつの間にか、違った音になっちゃってたんですねぇートホホ
あと、もっと強弱をつけて表現する、特に へ向かうところを しーっかりと盛り上げる、螯rヲW、J、O

前から悩んでいたスタッカートの弾き方については 「だいぶ よくなりましたよ」と、
言ってもらえて、よかった。
あぁ、やっと・・ちょっとは マシになったのかなーほっ…
(って、褒められたのそれだけですよー (^^;; )

今度は、もう 仕上げられるようにしてきて下さい ということでレッスン終了。

長いもんねぇー、この曲。 
私も はやく終わりたいのはヤマヤマなんです。   ・・がっ、出来ないのよー パピヨン 泣く

次回、どうなることやら。   でも・・  練習しても、なんも変わらん気もする・・・ガーン

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

下降音形で

クレッシェンドって、大変だよねー!(笑)
盛り上げた後のfの先にも、cresc.あるのね^^;あはは。
v-391ここは男前フルフルさんでいくの?(爆)

オケのおもひで:音の長さも長めにしていって、下降音形でもクレッシェンドに聴こえるようにしたことあったけど、これはどうしてもrit.かかっちゃうので、この曲知らないけど合わないかにゃ?
あとね、cresc.の間だけど音量上げないでおいて、最後だけcresc.してみたり。いわゆる『姑息な手段』ですね(え?)

駒は弦を替えた後、しばらく要注意ですぜ!
弦が伸びてる間は、駒も指板へ向かって力が加わるから。
あとね、E線に付いてるチューブみたいのあるじゃん?
これは、駒より指居た側へはみ出さない方が、いいみたい。
指板方面は、音に影響のあるエリアだからでーす!
↑意味、分かる?v-11

今日こそバイオリン弾こうと思ってたのに「掃除しなさーい!」って言い残してダンナが出かけちゃったので、そろそろしてたフリ、するか。
ま、昼間で寝てた私も悪いかな?(悪いだろう^^;)

ぐらじおーぞって、ブラームスのゆるやかーな楽章でしょっちゅう出てきたなぁ。浪漫だねぇ(イミフメイ)
  • 2008-06-01 15:42
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

すっかり見慣れたこの楽譜^^;

捉え方の違い、 ソリストなら自分の思う通りに弾ければいいでしょうけど、オケだと指揮者の意向をくみ取って。。。結局どうにでも弾けないとあかんってことなんでしょうね。  

本人がそこまで目指してなかったら先生のひとりよがりになるし、本人がそれくらい目指してるのに先生はさらりと流してしまわれるともの足らんってことになるし。

 私は程々がいいですv-393

 芸術家肌の先生って 出来る!と思える生徒さんにはとことん自分の思うように弾かせてみたくなるんでしょうね。 フルフルさん期待されてるんですわ^^;

 アンサンブルのとき 頻繁に調弦してたのは 張りたてだったのね。 
  • 2008-06-01 17:01
  • URL
  • のみや #HfMzn2gY
  • Edit

ともさん

私、ひょっとして演奏の好みと自分の弾き方にギャップが
あるのかしらんv-12
クレッシェンドはね、前回のレッスン日記に楽譜を載せているんだけど、
ここからさらなるcresc.が、(下降音型にも関わらず)続いて、
すぐに重音でスパッと打ち切るカンジになるのよ。
下降音型のcresc.ってなんだか抵抗があるのねぇー
ピアノではあまりないように思う??けど。
ばよりんは、音を伸ばしながらcresc.が かかったり、ピアノで馴染みのないこと多い・・
そのあたりが 私の表現上のネックとなっているんです(汗)

>音の長さも長めにしていって、下降音形でもクレッシェンドに聴こえるようにした
ああ、そうね・・  それは必然的にrit.がついちゃうよね。
この曲は重音の断ち切り音型が、山場だから
テンポは逆にアップさせる解釈が一般的だと思うなぁ。
・・姑息な手段が、いいかも?  ちょっとやってみるわね(笑)

>これは、駒より指居た側へはみ出さない方が、いいみたい。
指板方面は、音に影響のあるエリアだからでーす!
↑意味、分かる?

指居たは笑ったー(笑)  ちょっとしたミスだけどー
うん、そういえば、言われたことあった・・・けど、よく見てなかったのよ(汗)
あっ、そうだ、この写真撮る前にね、E線のペグを直したのよ・・って写真、見たら・・
・・ああーっ、はみだしてるやんかー!!
な、直しますデス(滝汗)
ともさん、前のオフのときみたいにいま、またEのペグがご機嫌ナナメになってるのよー(泣)
しょっちゅう、弦を張り直してます。
数日に1回やってるのよね・・・(涙)

うんうん、ブラムスは浪漫だねぇe-415(同じく、イミフメイ)
どーでもいいけど、「イスラメイ」 とまちごーた・・(爆)
  • 2008-06-01 17:11
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

のみやさん

すっかり、見慣れたでしょー?
もう これみたら、パッと 「あっ、ザイツ2番の3楽章や」って、
のみやさんも、判るんと違いますかー?e-263
皆に、ここまで見慣れて欲しくは なかったがー・・・(涙)

そうですよね、自分の好きなように弾いてるだけじゃダメなんですよねぇ。
言われたようにも、出来ないと、キチンと出来てるってことにならないんでしょうねー
うう・・  私もほどほどで、いいんですけどぉー
いい加減、この曲・・   やめたい・・カモ?
(あぁー、バチ当たりなことを  汗 )

期待されてる、とか じゃないと思うんですが、
若い先生だから、理想が高いのかもしれないですよねーe-330
まぁ、うまく弾けてないから、合格出来なくて 当たり前なんですけど。

そうそう、アンサンブル会のときも どんどん音が狂っていくので
困ってたんですよ(-o-; 
1度は、E線ペグがぐるっとなってたし・・

ちょこっと 弦張りの記事も書こうかな? 短いけど。。
  • 2008-06-01 17:50
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

弾いてみたー!

演奏の好み・・・
自分の好きで良いような気もするんだけど、ダメなのかぁ~^^;
ちなみにアマオケでは、自分の好きなように弾いてる人も多いです。目立たないだけ!(笑)
管は目立つから、注意されることあるけど^^;

ザイツの記事、2個前から読みました。
いやーん!2個前、読んでなかったv-393
素敵な曲ですねぇ^^スラーのトコなんて、かなり好みです♪

スタッカートのとこ、何も考えずに弾いたら、最初の方は中弓辺りで軽めの飛ばし弓、音が大きくなるにつれて元弓で弾いてたわ。
最初が手首コニョコニョ奏法、最後の方肘でエイヤー奏法だった!(なんだソレ?笑)
あんまり手首使っちゃいけなかったんだっけ、と手首固定で弾いてみたけど、小さい音が難しかったです~

重音のところ・・・最後が一番外れた(汗)開放のAとE線で取るAがぴったんこにならなくて^^;
Fisもきっと合ってないんだけど(滝汗)

今回の上2つの譜例も、やってみると「おりょ?」って感じなのね。
ここだけしか弾いてないから出来た(っぽい)けど、曲の中にコレがいきなり現れたら、弾けなそうだわ。

ところで・・・

イスラメイに見えた?(爆)

ノイタミナ

これは何に見えた?(笑)

指板、しばん、と入力しても出ないので、いつも、ゆびいた、って入れてるの!バレチャッタよー(笑)
単語登録すりゃいいんだけど・・・・・・たった今、登録しました!

指板

おお!一発変換!(フルフルさんには分からないのに^^;)

どうでも良い事書いて、大事なこと忘れちゃった!
下降音形でのクレッシェンド、結構見かけたような?
もしかしたら、下降音形は普通に弾くとデクレッシェンドに聴こえるから、クレッシェンドつけて!と指示されたからかな?
確かに不自然ではあるよねぇ~=やりにくい、だわさ。
  • 2008-06-01 19:33
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

もう、内容はあきらめてます。

駒だけど、駒の下の部分、楽器と接するところに隙間が無ければオッケーです。駒を作る人は、テールピース側が垂直になるように削るのが普通だから、フルフルさんの言う通りだけど、駒が立っている時に、薄い紙を駒と楽器の間に滑り込ませるようにして、紙が入るようだとNGです。
  • 2008-06-01 21:11
  • URL
  • マクマク #wLMIWoss
  • Edit

ともさん

あぁ、この頃、睡魔が・・  また負けて、転寝してましたーv-388
ばよりん、顎あてそのままで弾いていたんだねぇ(笑)
ちょっと前、ブログにコメントしてました。
全然、関係ないこと書いちゃったけどーe-263

演奏の好みねぇ、ひとりだったら好きにやるかもしれないけど
レッスンだから・・ 仕方ないかも。
でもオケでもバレちゃったら合わせるよね?i-229
あ、レッスン記事、前から見てくれたの? ありがとう~♪

>スラーのトコなんて、かなり好みです♪
ふふふ、私もアソコ、好きなんですけどね、
コメ見たかナ? ひっきーさんは、そうじゃないのねぇ。
お涙頂戴っぽくて、キライなんですって。 
笑っちゃったーv-411 人の好みって色々よねぇ。
弾いてくれたみたいで、アリガトウーv-353
あ、大きな音は、比較的元弓中心で弾くのかも・・ ちょっと参考にさせてもらいます。
>肘でエイヤー奏法
なんとなく判る。 それが肘から先を動かしなさいってことなのかも。
重音はね、少し前のレッスン日記にのせてたけど、
最後の締めくくりの重音の方が私ははずしやすいです。
レ(0)シ(A1)シ(E4) のオクターブのシが、
バッチリ音程が合うか合わないかは運まかせみたいな・・(滝汗)

ノイタミナ ? どうみてもそのまんまの意味不明な言葉だけどなぁ。

指板は、私も ユビイタ って打ってます(笑)
だから、すぐに判って笑っちゃったのよ、おんなじだーって^^

>下降音形でのクレッシェンド、結構見かけたような?
もしかしたら、下降音形は普通に弾くとデクレッシェンドに聴こえるから、クレッシェンドつけて!と指示されたからかな?

そうかもー?  ばよりんって音がピアノとかに比べると小さいし、
下降音型が自然に小さくなっていくように聴こえるのかも?
そんな気がします、ちょっと不自然さ、あるもんね。
  • 2008-06-02 00:03
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

マクマクさん

え?  何をおっしゃいます~
マクマクさん、いつもシッカリ弾かれてますよー ^^

駒・・ そうなんですか。
足のところって、とっても微妙なカーブですよねー
見てみたけど、紙はいまのところ大丈夫みたいでした。
この駒、気に入っているので 大事にしたいんですよー
もっと、慎重にゆがみチェックしないと、ですよね♪
  • 2008-06-02 07:33
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ともさんもおっしゃるように下降音形でクレッシェンドさせるのは気を使わないと結構難しくて、どうしてもrit気味になっちゃって僕の場合は、音の大きさを同じにしてクレッシェンドしたように聞かせる方法と、わざとテヌート気味にしてあたかもクレッシェンドがかかったかのように聞かせる方法でやってました。また、弓を使う幅を大きくしてみたりして見た目的に大きく聞こえるようにやってみたりと姑息な手を使ってました。

フォルテの先のクレッシェンドはfff気味で弾いてみたらどうでしょうか。これ以上大きな音出ないってってくらい、弓の幅を使い、なおかつ駒寄りで弾いてみたらどうでしょうか。

駒の角度は弦を変えるたびにチェックしたり、弦替える時に溝に4Bくらいの鉛筆を塗ってみたりして摩擦係数を小さくするようにすると、角度の変化が少ないですよ。画像を見る限り今でもちょっと傾き気味ですから、修正することをお薦めします。弦についているチューブは、駒のe線の部分にパッチが貼ってあるなら外してしまっても大丈夫ですよ。
うちのブログに詳しい画像乗せとくのでまた見てください。
  • 2008-06-02 17:32
  • URL
  • triazolam #Pv4IiEa6
  • Edit

triazolamさん

下降音型でのクレッシェンドは、やっぱり難しいのですね。
ああ、なるほど、いろんな方法が考えられるんですねー
やっぱり、rit.になりやすいのですか・・・

弓幅を大きくするようにとは、よく言われます。
弓幅を増やすと、弓の速度が速くなるから大きくなるのかな、って思っていました。

フォルテの先には、ffで重音3つがあるのですよ。
だからやっぱり、大きい音でしっかり弾いた方がいいですよねー
駒寄りですか・・  ちょっと気をつけてみますね。

駒・・ 4B鉛筆は有効そうですよね。
摩擦が変わると、確かに駒の動きが減りそうです。。

パッチはやってないです、いつかはやりたいとは思っているんですけど。

ブログの画像見せていただきましたヨ。
判りやすい写真、ありがとうございました。
参考にさせて頂きますね♪
  • 2008-06-03 00:52
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。