スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rough?

rough - ラフ。 粗い、大雑把な様子を表す

  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


この前のレッスン。
時間が早く終わったので 先生と すこし雑談というか 私は またまた質問をひよこ

それは、 センセイが 「もうすこし音がよくなれば  もっと イイ」 っておっしゃったから。

どういうことか 聞いてみると

それは 私の 弓毛の角度 のことなのでした。

音を出すとき、弓毛は 弦に対して、
べったりと フラット であるか、 すこし 指板側に傾けている か なのだけど
私の場合、傾けていることが多すぎる、ということらしい。


ああ・・  そう言われてみれば そうかもしれないなぁー


弓毛の傾きを使うのは、優しい音が欲しい時とか、そういう音が表現として必要なとき。
私のやっていた(いる?)ように、大半に 傾きを使いがちなのは ちょっと違う。

うーん・・  無意識にやっていました。 
その方が繊細な音がでるような気がして それがいいと思ったのかな?
それと同時に、弓を持つ位置の問題が。

私は普通にしていれば、少々斜めに毛が当たる角度で弓を持っていて、
フラットにする必要があるときは、指先(おもに親指)で すこし弓をころがして角度を変えていた。

なんでそうなったかというと、前の先生に教えてもらった弓の持ち方が
親指を曲げている爪下のあたりが弓毛に触れているように・・・というものだったから。

写真、いま ササッと撮ってみたんですけど。  ワカルカナ?ぴかちゅ

親指が触れている。。

こうやって、毛に親指を当てるように持つと 自然に弓毛が指板側に傾くのね。


ああ、じゃ、私は もうすこし弓の持ち方の角度を変えるといいですね?

先生は、  あら、そうなの? という表情だったけど
弓毛の傾きをつかうときは、指先でころがすようにして角度を変えるのではないらしい。

指ではなくて手首の角度。
ごくごく微妙に変えることによって、弓の傾き具合をコントロールしている、ということで
実際にやってみせてもらった。
そのときに、弓を持っている様子もみたんだけど
とってもふわっと持ってらっしゃるなぁと・・

そう、なんだか ラフ なんですね。
冒頭にのせた  「粗い、大雑把な」という意味とは 少し違う。 
私なりに解釈すれば  自然体で・・・ 気負わずに・・・  みたいなカンジかな。


なんというか ほとんど 持っていない というような、感覚。
うまく書けないけど、いままで 弓を ちゃんと 持とう 思っていた 自分の考えは
ある意味では、間違いだったのかなと。  

それくらい ふんわり軽い・・  持ち方にみえた。


まるでこういう風に、

弓をのせて・・

これは 手の力を抜いて 手のひらを上にむけて置き 弓をのせてみたところ。
ころげないように親指を添えてはいるけれど。


いままで 思ってきた弓の持ち方の手順とは まるで違うんだけど
これでも、ごく 普通に 弓が 持てている

いままでは きっと 意識して キチンと弓を持とうと思うあまり、力が入っていたのかな?

力を抜いて弓を持つ感覚 が、すこしだけ つかめたような気がしました。


ふわっと

  この写真は パッと持ち上げたところなので ちょっと無造作に持ちすぎかもねこ
  指の位置すこしズレてるような・・(汗)

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

フルフルさん、こんにちは。
弓の持ち方、私力入ってます! (^_^;)
なかなか軽く持つっていうのは、難しいですね。
とくに、私の親指って反ってるんですよ。
指相撲、負けませんって感じです^m^
だから先生も、教えるのに苦労してます・・・
  • 2008-10-08 13:24
  • URL
  • チロル #-
  • Edit

私もそうだった!

最初に、弓は指板の方に傾け気味に持つって言われて、(多分フルフルさんのように)弾いてました。

ある時、トレーナーに、「もっと弓、ベッタリ付けて!」と言われて驚いた記憶があります。
今は、ほぼ全部つけて、かつ脱力ガンバル、ってトコ^^

他に、いまだに出ちゃう悪いクセがあって、弓の返しで大げさな動きをしてしまい、結果、音が乱れるの。
上手な人のボウイングってカッコイイじゃない?形から入ってしまったわけ。
あはは^^;

そうそう、トレーナー、注意した後、こう言った。

「毛がもったいない・・・」

ごもっともデスv-16

P.S.髪伸びた?v-209
  • 2008-10-08 16:47
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

毛に親指をつけるような持ち方もあるのですね。勉強になりました。
以前の日記に弓の持ち方のお写真を載せておられましたが、その時は気づきませんでした。
バイオリンはチェロと弓の傾け方が逆だからこんなことが起こるのですね。

私の親指は弾いているときは伸びたり縮んだりさせています。
親指の曲げ具合は柔軟でいいと私は思っています。
疲れてくると思い通りに動かなくなりますが・・・

  • 2008-10-08 17:25
  • URL
  • SW20 #45zTKBr6
  • Edit

チロルさん

こんばんはー チロルさんv-290
弓の持ち方って、難しいですよね。
私もヴァイオリンを習い始めてから 2年近く経ちましたけど
なんとなく、いまだに不安があります。
力もしばしば(いや、いつもかも?e-263)入っているし・・

指相撲、チロルさんとやったら 負けちゃうのかしら?(笑)


手の大きさとか、腕の長さってみんな違うし 
やっぱりその人の体格に合わせた弓の持ち方をしないといけないから
先生も教えるの大変だと思うんですよねぇ(^^;)
  • 2008-10-08 17:54
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ともさん

>「毛がもったいない・・・」

笑っちゃったv-411 

弓は一番最初の先生のときに1年ほど フラットにしていたのね、
でも 次の先生に、結構、弓の持ち方厳しく言われたもんで
その持ち方が 半分クセになってきたんですよねぇーi-202
といっても、ほんの短期間だったけど(1か月足らず)

いまは 折衷になってるとこあって、イマイチ確信が持てないのよねv-388

毛に親指をつけると、傾くでしょ?
やっぱり、親指はつけない方がいいのかなぁー 

いまの先生は、弓の持ち方については 何も言われないので 自分で考えないと。。
ただいま試行錯誤中i-227 

ボウイングって 形から入りたくなるよね、判るー
上手なヒトのって、なんかカッコいいカンジがするよね~
私なんて、マルコフさま(憶えてる? 笑)のマネしそうになって。。
キケン、キケンv-12
ああいう、超絶技巧の人のマネなんかしたら とんでもないことになっちゃうーv-393

ふふふ、髪は伸ばしてるのよ♪
ともさんとオフ会で会ったときは、最高に短かったけどv-332
  • 2008-10-08 18:15
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

SW20さん

チェロとヴァイオリンでは 弓の傾きが逆なのですかー?
私も勉強になりましたー^^

チェロは 弓も大きいし 毛の幅も太いのかしら。
ヴァイオリンよりも、なんとなく指が疲れそうです?(またまたイメージですけど 笑)
以前はチラっとしか見なかったので また機会がありましたら、
ぜひ見せて頂きたいですね♪

親指は柔軟でいいと私も思うんですけど
先生のやり方をお聞きすると、弓を転がすカンジではつかわないらしいです。
でも、こういうのって 先生の方針によってもいろいろなのかもしれませんよねー

初心者なので、まだまだ、勉強しなくっちゃいけないことが沢山ありますv-410
  • 2008-10-08 18:26
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

わたしも両方の持ち方やらされました。

なんか、どっちでもいいとおもうけど・・・やりやすいことが持ち方によって違うから一長一短?

どっちが好きですか?っていう問題のような気がします。


上の親指まるめる持ち方も好きです。
  • 2008-10-08 19:05
  • URL
  • くまあ #E9q6l6Gk
  • Edit

くまあさん

フラットにする持ち方が、いま、うまく出来なくなっちゃったみたいなんです(^^;;
出来ればフラットで弾きやすい持ち方にしたいんですけど。

上は親指がいつも弓毛に当たっている持ち方なんですヨー
親指はいずれも、まるめているのですけど・・v-410
  • 2008-10-08 20:20
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

弓の持ち方は先生によって微妙に違いますよね。
私は柔らかい音や、弱音を出す時には弓の毛を傾けて使いますが、しっかり弾く時は吸い付けて弾いてますよ。
 親指は元では曲がってますが、弓先のほうではのびきってますね。ただ持つという感覚より、弓に手がひっかかってると思いなさい、、みたいなカンジでレッスンしてます。
  • 2008-10-08 20:34
  • URL
  • ひっきー #-
  • Edit

補足^^

ひっきーさんのコメを読んで、ああシマッタ!と言うことで、補足です^^;

私、弓の毛は全部付けないものだと、ずっと勘違いしてたの。
どんな音でも、毛は半分くらいしかつけない。エコでしょ?(違)

ちなみにトレーナーの先生、逆に「ここは毛2,3本で弾いて!」とも言う人でした。
ムリやー!(泣笑)
この先生のお陰で気づいたのよ、色んなこと。実は大好きなの(笑)
先生の指導が魅力的で、オケ、無茶して続けたなぁ。
ビオラの先生だから、レッスンはムリなの。残念だわ。

弓の角度は、ひっきーさんの書かれているように変えます。
(あんまり出来ないけど、駒寄り、指板寄り、も変えます)
でもね、弓を転がしてはいないわ。手首でやってるのかな?
今エアボウイングで(怪しい)確認をしたら、手首とともに指の曲がり具合も変えてるっぽい。

あとね、毛は初期状態(笑)では触ってない。
ただし、テンパった時、どうなっているかは『まるで解らない!』

マルコフ様、もちろん覚えてますとも!
良い子は真似をしないでね。みたいな?(きゃー怒らないでーv-393)

先生に指摘されてないってことは、基本はOKってことだよね。
じゃあ、自分で考えてていいんじゃない?^^v
そういうことも、楽しいよね。不安もつきまとうけどね。

そうかー。伸ばしてたのね。私は先日、自分で切った(また!)
ショートに近いよv-205
  • 2008-10-08 21:39
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

興味深く拝見しました

フルフルさん、はじめまして、
とても面白い試みだと思います。参考までに、
「ヴァイオリン演奏のコツ」ハーバート・ホーン
をご覧になってみては如何でしょうか。
フルフルさんの発見されたコツの
延長上の何かを読みとれると思います。
  • 2008-10-08 21:55
  • URL
  • すもーるとーく #hSgWHhEk
  • Edit

右手は…

ボーイングレッスン、かなりの確立で教えてもらってるけど未だによく分らない事の一つだわ。
私、どっちかって言うとフルフルさんの最初の先生の持ち方が近いかな。
だから音に‘ジューシィー’さが無い!って言われる。(泣
私の場合、一番の問題は手関節が固くってそーなるみたいだけど。。。
オ、オホホホホ。

追伸:
ポールエンドのアドバイスありがとー♪
とりあえず、弦は全交換したわ。
  • 2008-10-08 22:31
  • URL
  • gabo #-
  • Edit

ふるふるさん、こんばんは~
私も一番目の写真のように、親指は弓毛に付いています
これはとくに注意されませんよ(私の場合)
弦への接触は、先弓でフラット、元弓で傾けるっていいますけど
うまく弾けたためしがありません(汗)
いつも注意されるのが、くすり指を深く押さえること
すぐに浅くなってしまうんだ
って、文字で書くと難しいね・・・
  • 2008-10-08 22:58
  • URL
  • そら #OpjOh/wQ
  • Edit

腕や肘や

フルフルさんこんばんは。

弓身はネック側に少し傾いているのが基本だとは思いますが、うんと向こうに傾けて軽く弾く場合も、垂直に毛の全てをべったり付けて弾く場合も、逆にこちら側に木部が傾くくらいの位置で弾く場合もありますね。

指先でころがす感じは、まったくないことはありませんが、むしろ腕の問題ではないかという気がします。

今日はぼくは楽器を手にしていないので、シャドウヴァイオリン(?)で右手右腕の形を作ってみながらの推測ですが:
弓の角度自体、手先の持ち方の問題もありますが、右肘の位置がポイントになってくるだろうという感じがします。ほんのわずかですが、肘が上がると、手首から先も上がります。言い換えると、手首が下がって手の甲がわずかに立つ感じになります。このとき、右手指は弓を抱き込むような感じ、引き寄せるような感じになり、弓は立ちます。つまり弓の毛が弦にべったり付きます。

逆にほんの少し肘を下げると、手首が上がって手先が下がる(いずれもほんのわずかです)形になり、弓身は向こう(ネック側)に倒れます。

ということで、右肘にも注目してみることがこの問題を考える助けになるかもしれません…というお話でした。

ひっきーさん

先生によって、違いありますよね。
吸い付けて弾くというの、しっかり出来るようになりたいんです。
もっといい音が出したいなぁって思うんですよー

弓先は、まだまだうまく使えてないです、
結構、腕がキツいので(あ、ひっきーさんも体格は小さめですよね)
いっぱいに伸ばすと、親指は・・ 伸びてます。
グリップの位置も少し上がってる・・

うーん?  もっとうまく出来るやり方が あるんでしょうねe-263


>弓に手がひっかかってると

ああ、そうなんだー(^^)
弓に手は添えているだけ、みたいなカンジなのね?

来月お会い出来たら へたくそで恥ずかしいケドe-446
是非、私のフォームを みてくださいね♪
  • 2008-10-09 07:41
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ともさん

前にトレーナーの先生がいいな、って聞いたことはあったわ。
よく憶えているでしょ(笑)

>ここは毛2,3本で弾いて!

それはスゴいi-183 そんなこと その先生は出来るの~?i-229
究極のエコだねぇ(違)
あんまり傾けてばかりだったら、弓毛の摩耗が半分だけになりそうー?v-391

私のもうひとつの課題は、弾く位置なのね。
どのあたりで弾くかというのを、もっと自由に状況に応じて
変えれるようになりたいナー
またそのうち、記事書くこともあるかも?
いまどんな音が出ているのか・・・ っていうのを考えるんです。
でも、なかなか、思っているような音が出ないのねぇ。。

最近 そっちで書いたように、いい音で弾けるようになりたいっていうのが
一番の目標なのです。

あら、今日のレスはマジメすぎだわぁー (笑)

マルコフさま、マネなんてしちゃいけないのは判ってます(*^_^*)
ああ、最近、マルコフさまのこと書いてないなぁー
書きたいナー  でも みんなどん引きしそう?・・・v-399

えっ、ショートに近いの? なんか どんどん短くなってなーい?(笑)
私はふわふわロングを目指してマスe-410
  • 2008-10-09 07:56
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

すもーるとーくさん

はじめまして。 ようこそいらっしゃいました^^

その ご本、ちょっと調べてみましたら よさそうですねー
手に入れて見てみたいと思います。
ご紹介ありがとうございます~i-189

また ぜひ、遊びにいらして下さいね♪


  • 2008-10-09 08:08
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

gaboさん

gaboさんの先生はボウイングに力を入れてらっしゃるもんねー
いつもすごいなぁーって思って、見てるの(^^)
また、これは!って思うようなポイントが見つかったら 教えてねっe-328

音のジューシーさ、私もないのよぉ(汗
最近、注意してるのは・・ 弓を返すとき、手首を柔らかく使うことかな。
意識しているといないとでは、音の滑らかさが違うなぁって思うのねー

ああ、また 話題がマジメーになってきたわ・・i-235
どうもレッスン前はイケマセン。

昨日は、テキトーなコト書いてしまって・・v-436
わざわざ見てくれたのね(しかも まえに見た記事 e-263 )
ありがとう、ごめんねぇーe-459

gaboさんの、テールピースはアジャスター内蔵タイプだってこと
あれを書いてたときには 忘れてたわ。
ヒル式に替えようとしたらテールピースごと交換になっちゃうよねーe-330

弦替えたのねー!
オリーブ? オブリガート? どっちにしてもいい弦でいいなぁe-266
私も近々、替えようと思ってマス。 
ええ、楽器から要求されたり ミステリーが起こったりする前に、ね(笑)
  でも、弦のお値段はgaboさんのの 半額以下・・?i-230

追伸v-254

きゃあああーv-10
フィッティングごと交換することにしたのねぇー!
そしていま、オリーブを張ってるなんてーe-420

あー、いいな、いいな~~v-353
羨ましい~~v-344  今度、絶対、触らせてねっ♪
  • 2008-10-09 08:20
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

おはようございます。
あー、またなんだかおもわずコメントさせて頂きたくなるような内容!
本当に先生によって持ち方が異なるんですね。最近それを実感いたしました。前の先生に教えて頂いた持ち方は親指をPadのあたりに添える感じ、今度から習う先生はFrogの先っちょにひっかける感じ。その先生に見て頂いたときに「親指と人差し指だけでも弾けるんですよ。」と仰って少し弾いてくださったんです。

それで私も試しにやってみたら、ふらついてとてもまともな音なんか出せませんでしたが、前の先生によく注意された「弓を押さえつけて弾くんじゃなく、弓の重さで弾く」ということが少~し理解できたような気がしました。親指と人差し指だけで持つと“持ってる”感はあんまりないんですよね。だから今は練習するとき、この感覚を覚えられるよう同じフレーズを親指と人差し指、全部の指をおく、交互にやってます。

でも、それ以前に手首が硬くて、やっぱりぎこちないんですけどね(笑)
  • 2008-10-09 08:28
  • URL
  • shilka #bFhCZxgg
  • Edit

そらさん

おはようございます、そらさん。

そらさんも、親指が弓毛についているんですねー
手の大きさにもよるのかもしれないけど
私はそのままだったら、やや傾き気味になるんですよねぇ。

>弦への接触は、先弓でフラット、元弓で傾けるって

あ、それは 音量バランスをとるためですよね?
私も ちょっと意識してみます。
・・たぶん うまく出来ないだろうけど 気持ちだけ(笑)

薬指ですかー?  私はそれは はじめて聞きました。
先生によって、教え方もいろいろなんでしょうねーv-290
  • 2008-10-09 08:38
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

takuyaさん

takuyaさん、おはようございますー

やっぱり弓毛の方向け具合はいろいろあって、
角度の調整は 指より腕、なんですね?

>右肘の位置がポイントになってくるだろうという感じがします。ほんのわずかですが、肘が上がると、手首から先も上がります。

ああ、肘。
肘は いまだ、自信がないことのひとつです(^^;;
  ・・自信のないこと多すぎなんですが(汗)

各弦のときに どの位置に肘があるべきか、というのが
おそらく適切に出来ていないんですよねe-263
そのときによって、意識して肘の高さを変えていたり いろいろやってますが・・
体格の問題があって、(というより、自分の構えが安定していないせい)
低音弦になると、かなり肘が上がっているみたいです(指摘されたりします)
でも、弓のことにまで肘が関係あるなんて・・・思ってなかったです。

>手首が下がって手の甲がわずかに立つ感じになります。
>このとき、右手指は弓を抱き込むような感じ、引き寄せるような感じになり
>弓は立ちます。つまり弓の毛が弦にべったり付きます。

おっしゃってること 判ります。。

指の丸みを崩して弓を持つと(手首がさがる)弓を引き寄せるようになって
音がハッキリするなぁって 最近、感じたんです。
偶然ですが ほとんど同じことなのかなー・・?
私はそれをすると 弓の毛が弦についているとは気付いてなくて
音が なんだかよくなった? と思っていたんですね。
takuyaさんのコメントを見せてもらって、新発見??
 ・・はやく試しに行きたいです(笑)

肘についても改めて、見直してみますねe-320

>>全体に、弓を「掴もう」「持とう」としているように見えます。
 すぽっとはまる感じなのですが


この以前に頂いたコメントが 頭にあって・・
今日の日記を書きながらすこしそういうカンジに近づけたかなぁって思ったんですv-354
  • 2008-10-09 09:01
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

shilkaさん

おはようございます~

ご覧になったかは存じませんけど、少し前に 弓の持ち方について
結構、いろいろ コメントを頂いたりして 考えたことがあるんですよ。
っていうか、そんなことばかり書いてる私(笑)
あれは・・・ ボウマスターの記事だったかなぁ?
  それ以外も弓のことは書いてるけど。

http://froufrou2525.blog101.fc2.com/blog-entry-235.html#commenttop

・・・探してみましたi-236 
この記事のコメントの後半でグリップのどこを持つかというお話になってます。

>親指と人差し指だけで持つと“持ってる”感はあんまりないんですよね。
>だから今は練習するとき、この感覚を覚えられるよう同じフレーズを
>親指と人差し指、全部の指をおく、交互にやってます。

やってます、それに近いこと。
またもや、似てるーーi-233  shilkaさんって、私~?(笑)
それは記事にしようかなって思ったことあるんですヨ。
弓をどれほど、指を減らして握れるかというと
親指と、もう一本あればとりあえずいけるみたいですね(^^)

その練習をすると、そのあとちょっといいカンジで
弓を持てるようになるんですよね♪
  • 2008-10-09 09:19
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

> 体格の問題があって、(というより、自分の構えが安定していないせい)
> 低音弦になると、かなり肘が上がっているみたいです(指摘されたりします)

拝見しないと正確なことは言えませんが、もしかしたらそれは悪いことではないのかもしれませんよ。先生によっては、やたらに肘を下げろ下げろとおっしゃる方もあるようですが。

> でも、弓のことにまで肘が関係あるなんて・・・思ってなかったです。

今度先生に同じことをやっていただく機会があったら、手先だけでなく、手首、肘、腕全体をよく観察してみてください。

スポーツでも楽器でも、要は自分の身体の使えるところをすべて上手に組み合わせて使っていけるようにすることが肝心なのだと、最近とくに思います。手先なら手先、文字通り小手先だけではなく。

> 指の丸みを崩して弓を持つと(手首がさがる)弓を弾き寄せるようになって
> 音がハッキリするなぁって 最近、感じたんです。
> 偶然ですが ほとんど同じことなのかなー・・?

だと思います。このとき、他の方がコメントされているように、親指の関節はより曲がりますし、他の指は(指先から数えて)第2関節が余計に曲がる感じになります。

> >>全体に、弓を「掴もう」「持とう」としているように見えます。
>  すぽっとはまる感じなのですが
>
> この以前に頂いたコメントが 頭にあって・・
> 今日の日記を書きながらすこしそういうカンジに近づけたかなぁって思ったんです

そうかなあと思いました。(^^) Way to go! です。

takuyaさん

こんにちはー takuyaさん。
今日は ドッペル初レッスンだったので、ドタバタでした ^^
出来?  まずまず・・かなー  
いや、私にしては よかったかも、ですi-185

やっぱり、弓は手首をさげるとフラットになってました。
お蔭さまで、いままで疑問に思っていた ちょっとしたことが、判った気がします(^^)
とくにアップボウ。
この手首を立てるカンジのままで、弓に引っ張られるようにすると
ボウイングが安定するし・・
正しいかどうかは判らないのですが、ボウイングがまっすぐになるということは正しいんでしょうねー?
ちょっとしたことで、違うもんですねー
今日はもうずっと練習しまくりたい気分です、レッスン終わったところなのに(笑)

肘のこと、また先生にやってもらったときに観察してみますね。。

>スポーツでも楽器でも、要は自分の身体の使えるところをすべて上手に組み合わせて使っていけるようにすることが肝心なのだと、最近とくに思います。

そうですよね、 合理的な奏法というのはとても大切ですよね~
いつも思うんですけど、楽器演奏のテクニックを身につけることはちょっとスポーツと似ていますね。
もちろん、違う部分もあるけれど・・

>(^^) Way to go! です。

ふふふ、ありがとうございまーすv-290  
またよろしくお願いしますね♪
  • 2008-10-09 16:57
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

こんばんは。
弓の持ち方についてのコメントの応酬?読み応えありました。
(以前に日記の方は拝見していたのですが、コメントは途中から読んでいなかったようです、ごめんなさい)
やっぱり右手はヴァイオリンをやっている限り、永遠の課題なんだろうなと思います。納得して弾ける時なんて絶対ここないんじゃないか、とか(笑)
でも、別に悲観してるわけではなく、今やってることが少しでもそれ(理想の音)に近づくかもしれないと思えば楽しいです。
  • 2008-10-09 21:02
  • URL
  • shilka #bFhCZxgg
  • Edit

補足です。(^^)

たびたびお邪魔して…。もう一言二言補足させてください。

> そうですよね、 合理的な奏法というのはとても大切ですよね~

ええ。いかに楽をするか、ということを考えるべきなんです。少し古い方や大学オケ系の方だと、それが悪いような、スポ根でなければいけないかのような、感じ方をされる場合もあるのですが。で、

> 角度の調整は 指より腕、なんですね?

いまのフルフルさんの場合は、腕のほうに余計注目してみることが役立つだろうとは思いましたけれども、本来、両方が、すべてが連係しているわけです。手首が硬くて、という shilka さんや gabo さんも、肘の位置を変えてみることが解決につながる可能性が高いと思います。

つまり、うまくいっている場合は、身体から腕から肘から手首から指先、弓先にいたるまで、一本のラインがすうっと通っているような感じがするはずなんです。それが外から見たら結果としてカッコよくもある。その感覚を目指さずに部分だけに注意を向けて一生懸命になると、結局うまくいかなかったり、その部分を痛めてしまったりする可能性が高い。

弓先について:本当に腕の短い人は無理やり先まで使う必要はないと思いますが、ダウンで弓先に行くとき、肘がぐっとのびて、関節とは反対側、前のほうに、ぐいと出る感じ、同時に手首がぐっと下がる感じになっているかどうか(かなり肘が曲がったままで、弓先に届かない、と悩んでいる人もままあるようです)。またこうすると、弓先ではおのずと毛は弦に対してフラットになります(そらさんの書かれているように)。そしてアップに移るときに、手首と肘をふっと緩める感じになります。

弓先でのアップへの切り替え:余談ですが、逆に弓先から元に向かう場合、「下り」の逆順に徐々に弓の毛をフラットから立てていくものだと考えている方がプロにも多いですが、ぼくは弓先でのアップへの返しの瞬間(本当にその一瞬、上に書いた手首肘をゆるめるのと同時に)、弓を少し向こうに倒します。つまりアップでは弓先から元まで、弓身がネック寄りに倒れたまま、ほぼ一定の角度で動いていく、というのを基本にしています(ということは例外もあるということです)。これをやると、面白いことに、弓先で返しがわからないようにふわりと返すのもやりやすいし、逆に、弓先アップではっきりしたアタックやアクセントが必要な場合にも簡単にそれが表現できます。弓先アップでしっかりした音が出ないことに悩まれている方にはとくに試していただきたいと思います。

shilkaさん

おはようございます^^

いえいえ~ とんでもないe-463

コメント欄まで 見て頂いてたりしたら 恐れ多いですよー(笑)
あのときは、shilkaさんがおっしゃっていた弓の握る位置のお話に
なっていたのでご紹介させていただきましたv-410

ホントに右手は きっと、ヴァイオリンをやり続けている限り、
永遠の課題、でしょうねー
ボウイング練習って地味だけど、
それで、少しでもいい音に近づけると思えば 張り合いも出ますよね。
そういう、苦労?っていうのは 楽しい苦労? 
・・・って思えるようになりたいですねぇーv-353

もっと 成長しなくっちゃ  うふふ^^

モチロン、まだ 、そこまで思えてませーん(笑)
  • 2008-10-10 07:36
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

おはようございます。
takuyaさん、初めまして。アドバイス有難うございます。
それで思い出したのですが、前の先生がボウイングは右手の動きの延長上にあると仰ってました。takuyaさんが書いておられることもそれと同じですよね。
私はまだ肘から先ではなく肩から動いてることが多く、16分音符あたりになるとかなり見苦しいボウイングになってしまいますが、ゆっくりのテンポから腕を自然に動かせるような練習をしたいと思います。

>そこまで思えてませーん
フルフルさん、同じくです。
ボウイングそのものは楽しくないわけではないんですが、出る音にイライラするので精神衛生上よろしくないというか・・(笑)
  • 2008-10-10 08:14
  • URL
  • shilka #bFhCZxgg
  • Edit

takuyaさん

おはようございます、takuyaさん。

補足、沢山、書いていただいてー^^  ありがとうございます♪

音楽をやるには根性がいるか?・・ って言われると 「いる」とは思いますけど
でも意味のない練習というのは、ただ単に時間が盗られただけならいいんだけど
それだけでは終わらない。むしろやらない方がよかったなんてこともあり得ますよねぇ。
そこまで時間をかけなくても、弾けるようになるところを 、
わざわざ時間をかけて 逆にうまく弾けなくしてしまっている・・
それだから スポ根的要素に価値を見出す考え、は危険ですよね。
おかしなところで精神論を持ち出すと 得てしてそういうことになるもんですけど・・
合理的な奏法で はやく弾けるようになるに越したことないですねi-190

上達の過程に於いて、重視すべきことが変わっていくというのは当然ですよね。
 (私も 指より腕、とお聞きしたのは そういう意味でー・・笑 )

>うまくいっている場合は、身体から腕から肘から手首から指先、弓先にいたるまで、一本のラインがすうっと通っているような感じがするはずなんです。

そうでしょうね、 
自分を振り返ると・・ うまく、いってないような・・気がしますけど(^^;)

私も、カッコよさを あるひとつの部分だけみて追及(笑)することの
意味のなさ、は感じます(^-^)
takuyaさんのおっしゃっていることと ほぼ 同じ考え、だからですけど、
もっとシンプルに 自分はどうしたいか、って考えたら
やっぱり「上達したい」が一番にくるので横道にそれそうなことは排除したい、それだけなんですね(笑)
子供と違って、これからうまくなるには残された時間も少ないし
(どんどん脳も手先も衰えそうー e-263 悲 )
合理的に、シンプルに、いきたいもんですー ^^

弓先の使い方についてアドバイスありがとうございますーv-290

すこし前から、自分なりに弓先を使うことには取り組んでいて
身体を少々反らせ、楽器を遠くすることで腕が足りない分を補ったり・・
いろいろ考えてやっているので、とても参考になります。

>逆に弓先から元に向かう場合、「下り」の逆順に徐々に弓の毛をフラットから立てていくものだと考えている方がプロにも多いですが、

あ、そうですよね。
以前にどなたかのコメントで聞いたことがあったんです。
先弓と元弓への動きとで 弓毛の向きが完全に違っているプロが多いって。
私はそこまで、観察する機会がないので分からなったのですが・・
takuyaさんの方法は、返しのときに弓を向こうにむけるのですねー

>弓先で返しがわからないようにふわりと返す

これ・・ いまもっぱらの課題です(汗) 課題多すぎi-202
ときどき(いや、しばしば?)失敗して返しがバレてます・・・i-238

書いてくださったこと、また練習のときに意識してみますねi-194

本当にいろいろと、ありがとうございます~♪
  • 2008-10-10 08:32
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

shilkaさん

ふたたび、おはようー、ですね(笑)

>肩から動いてることが多く、16分音符あたりになるとかなり見苦しいボウイングになってしまいます

そうそうー
速いところもちゃんとした音で弾こう必死になっていると
ボウイングまで必死になっちゃって 見苦しいんですv-406
まだ、練習が足りてないってときに よく そうなってます。
無意識にも、スムーズなボウイングが出来るようになれたら いいなぁ。。

>出る音にイライラするので精神衛生上よろしくないというか・・(笑)

ああ、これも、判ります~!

自分の出してる 理想とはほど遠い、汚なーイ!! 音に
ときどき頭に血がのぼってしまってますv-404
  • 2008-10-10 09:02
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメント、30ってすごい!
みなさんのコメント、読まずに記載ごめんなさい
同じこと書いているかも
篠崎先生の本(1巻19ページ)には、こんなこと書いてました~
「親指の持ち方が悪いと手指や腕まで堅くなりますから注意しなさい」
で、
「親指頭を弓のわくの端と竿とに半々ぐらいに当てる」のだそうです
表現むずかし~
親指のはらまで接触せず、親指の先だけでもだめだそうです
一番目の写真では、親指の第一間接が曲がりすぎみたい
実は私も同じに持ってますv-356
直すべきなのかなぁ
  • 2008-10-11 02:48
  • URL
  • そら #OpjOh/wQ
  • Edit

彡 ★彡 ★彡

☆すごぉいッッッ!! クラッシックのボゥイングにも いろいろあるんですねぇ わたくしが以前習っていた先生は 弓の握り方を丁寧に教えてくれました(詳しくゎ忘れてしまった!)が 皆さんがコメントで書いている握り方とは ちょっと違うみたい… 毛の面と弦の角度ゎ 先から元まで?傾けて弾くょうに教えてもらいました~(弦に対してフラットに)←ならわなかったなぁ~…まだ初心者だったからかなぁ??? &ヴァイオリン屋さんは 「弓は傾けて弾くから 使っているうちに (上から見て)左に反ってくるものだ」という事を話していました
☆彡 最近観た映画(タイタニック{DVD})のなかでは クラッシックとは全然違うボゥイングで フィドルが演奏されてました…楽しそゥ~~♪♪♪ アイリッシュいぃネェ!!♪
  • 2008-10-11 05:52
  • URL
  • まいけるじぇ~むす #-
  • Edit

久しぶりに来てみたら、コメ30ってすごすぎ(笑
でも、まだ最後のコメ返しがついていないので、ぶら下がっちゃいます。

私も、毛に親指がついている感じかなあー。
でも、弓をいつの間にかぎゅううっと力入れて持ってしまうので、
脱力が難しいです(汗)
傾け方も、先生によっていろいろなのね。
元弓が傾いてて、先弓にいくに従ってべっちょり、というイメージでした。
(でもそんなこと考えながらできないけどねー)
毎回、きちんと検証していて、えらいわ!
  • 2008-10-11 11:42
  • URL
  • ちゃいむ #mQop/nM.
  • Edit

そらさん

コメント、いろいろ頂いて・・ 参考になって助かりますー
(もちろん、そらさんのコメも i-185 )
篠崎先生の ご本は 結構、細かいことまで書かれてますよね。
私も手に入れようカナ? 1巻^^

>親指頭を弓のわくの端と竿とに半々ぐらいに当てる

そうですよね~
文章だけでは なかなか伝わりにくいかもーi-229
きっと、大事なことを言っているんでしょうけど。
この1枚目の写真は前の先生のやり方なんですよねー
毛に指をあてようと思ったら、
ここまで、親指を曲げないと 当たらないんですヨe-330
そらさんもですかー?
うーん・・ 先生のご指導法だし、直さなくてもいいんじゃないかなぁ?(汗)
弓の持ち方って、いろいろありそうですもんねぇーv-392
  • 2008-10-11 13:38
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

まいけるじぇ~むすさん

あ、みなさんのコメントも、見てくださったんですかー
ありがとうございます♪
まいけるじぇ~むすさんも、ヴァイオリンされているんですよねi-179
 ・・って当たり前でしたネ(笑)

以前の先生は 丁寧に教えて下さっていたんですねぇ。
なんか、大半傾けて弾く、という先生もいらっしゃるみたいですね。
私も どこかでそういうの、目にしたことがあるような・・?

>弓は傾けて弾くから 使っているうちに (上から見て)左に反ってくるものだ

えっ、そうなんですかー?
弓が反ってきたら ちょっとショックかもしれないe-263
 直せるのかな??

タイタニックは、見たことはあるんですけど そこまでよく見てなかったですねー
フィドルは、かなり クラシックと違うんですね?
面白そうー、どんなボウイングなんだろ・・
タイタニック、また見てみようかなー♪
  • 2008-10-11 13:52
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ちゃいむさん

あ、またまた、オヒサになっちゃってるi-236

もう、付き合い悪くて アカンよねー  スミマセーン(^▽^;)

うふ、ぶら下がって?くれてありがとう~i-236

ちゃいむさんも、弓に親指がついているの?
案外、よくある持ち方なんですねぇー
そう、なにかと力が入っちゃうんですよね。
私も他のことに気をとられていると、うまく出来てないこと多いのよv-388
そして、弓の傾き・・ やっぱり先弓はフラットなんですね。

検証っていうか、レッスンでみた先生の握りが とっても自然でねー
どうやったら、あんな風に出来るのかなぁって 思ったのーv-278

  • 2008-10-11 14:04
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。