スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Not found

今日は 日記ではなくて・・   個人的なことを つぶやきます。
なので追記から。 

(暗い話を読みたくない方は、すみません。 ここまでに、お願いします)


もう1年ほども前から
このこと、いつか書こう書こう、って、ずっと思ってきた。
いつからかな? おそらく、初めてオフ会に出ることを決めた頃。

私には 前に書いた病気もあるけど、(それは「奇病」という日記で書きました。)
そういう、ある意味 どうでもいいことじゃなくて
自分の人生、人間性まで左右してしまっていること(病気)があって。
 知ってる人もいる・・ 数人。 でもだいたい詳しく話してはいない。

それで、オフ会についても・・  
そういうものに 自分は 出るべきではないんだ、って思っていたし
いまでも その思いは変わらない。
 なのに なんで出ているのか? 
 やっぱり・・楽しそうなことには 参加したいからかなぁ。




私は・・・ 耳の 病気なのです。

すこしだけなら、レッスン日記でも触れたことも あるけれど
おそらく そこから想像されているであろう程度よりも、もっとずっと悪い。

人の声が、状況によっては、90% 以上聞きとれない・・・ 
従って 普通の会話は困難。
たぶん・・・人前に 当たり前に出てもよい状態ではないのだと思う。

感音性難聴 という病気、きっと、ご存じの方は少ないと思う。


下に、簡単にWiki からの説明をコピペしておきます。。


感音性難聴(かんおんせいなんちょう)とは、
内耳もしくはそれ以降の神経系に障害に起因するタイプの難聴のこと。
症状が比較的軽い場合は、聞こえる音量に関してはさほど問題ないが、
雑音との聴き分けが出来ない、言葉が聞き取れない、
間違って聞こえてしまう、多人数での会話が難しい(話の中身が聞き取れない)などの
症状が見られる。

両耳の平均デシベルが70以上あると、
身体障害者福祉法に基づく身体障害者手帳の交付を受け
等級に応じた様々な福祉制度を利用することができる。

神経系統の故障であるため、具体的な症状は千差万別である。
高い音域が聞き取り難い症状(女性の声が聞き取り難い)や
低い音域が聞き取り難い(男性の声が聞き取り難い)症状がある。
また、聞こえ方には個人差や、または個人においてもムラがあり、
聴力(デシベル)の数値だけでは一概に判断が難しい。

常に一定の聞こえ方である場合の他、
人(声質)によって言葉が聞き取れなかったり、
同じ人でも聞き取れない部分があったり、同じ言葉でも聞き取れなかったり、
大きな声の人の話又は大きい声を出しても聞き取れない場合がある。
反対に、聞き取れないと思われる場合や、それほど大きな声ではない人の話でも
聞き取れたりする場合や、多人数で会話している時に1対1の会話は聞き取れるが
それ以外の話が聞き取れない場合があるので、非常に誤解を受けやすい。

検査による客観的判断が困難なので、人知れず悩みを抱えることが多い。



私の場合は、障害者の認定を受けれるほどには悪くない。
 ・・というか、相当悪くないと障害者とは認められないのですけどね。。

状態は、軽度と中度の間、くらいかな?(自己判断なのでなんとも言えませんが)
高い音域も低い音域も聞き取り難いけど、どちらかというと高い音の方が苦手。
比較的ましなのは中間の音域のみ。
両耳とも悪く、右耳は特に悪い。
ヴァイオリンでは、E線のハイポジの音程はあまりうまくとれません。
 ま、へたぴのせいもあるけど

比較的 静かなところで 1対1でする会話なら だいたい大丈夫、
だけど外の雑音のあるところだとか、
広い空間であったり、音場がデッドなところ(音が消えていくところ)での会話はしんどい。
多人数での会話も、少し離れたところから声をかけられても判別できない。

ごく一般的イメージの 耳が遠い、というのとはまったく違っていて、
「聴こえない」というのは、本来の意味での聴こえていない状態なのではなく、
音量だけ上げても、とてもよく聴こえていて うるさくてツラいくらい、と思いながらも
その中身は まったく判別できないのです。
だから会話していて聞こえなかったことは、
何度 大きな声で繰り返してもらっても 聞こえないままのことも多い。
水の中で聞く音のよう、と言ったら イメージはつかみやすいかもしれない。
すこしでも聞こえやすいように・・ということになると、
ゆっくりとやや大きめの声で明瞭に発音してもらわないといけないのです。

この病気は聴こえが複雑なため、補聴器は使えないし、
神経がやられているので、治療法もない。
それにまた、病気はどんどん進行していく(場合が多い)。

気付いたのは小学校の頃だけど、
昔は、そこまで悪くもなかったのですが、年々 症状が進んできています。
おそらく、将来、音楽が出来なくなることは確実、
まったく音の活きていない世界に住むことになる可能性も高い・・・と思う。

 だから・・ 私のヴァイオリンもピアノも、期間限定なのです。

普段、普通に家で生活していると このことは忘れているけど、
耳鳴りは常時しているし(20年以上続いています)
テレビは 殆ど聞き取れないので見ないし、
いろいろ困る場面が多いので、外にはなるべく出かけたくない。

 付き合いではなくても 銀行、病院、買い物など・・・
 人と応対しないといけないところは沢山あるのです。


これが、いまの私の現状です。


いま、直前にひとつのイベントがひかえていて、そこで起こりうることを想像するにつけ、
このことを書くいい機会かも、と思って・・・  
今日は 思いきって 書きました。



 今回の記事に限り、コメントは頂いても お返事できません。 

 私にとっては大きな意味をもつ現実なので
 客観的に 語れるような余裕が ないんです。


 ということで 申し訳ありませんが・・ どうぞよろしく、ご理解ください。

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

こういう話しの当事者であるということは傍観者からは十分理解し得ないし言葉で何かを言えることも無いから、言えることは「わかったよ(理解したよという意味)」くらいかな。
このような出来事は生活のパターンも変えるし、下向きの人も上向きの人もいるけど、上向きな印象をもったけどネ。
これからも、よろしく!
  • 2008-10-31 17:52
  • URL
  • くまあ #YqzQT8Bs
  • Edit

ううむ…
基本的にはくまあさんのおっしゃるのと同じ位置に立つしかありませんね。
コメントもこれまでと同様に。
ということで、やっぱり、
これからも、よろしく! です。

ネットのいいとこわるいとこ、とか

フルフルさん書いたのね。おつかれさまです^^
話を(メールで)聞かせてもらっていたけど、思いっきり『音感性』って勘違いしてたことに今気付く(汗)
いや~、音感がいい人がなるって思ってたよ(苦笑)

ネットってさ、文字だけで交流できちゃうじゃない?
悪いトコは、匿名の世界ってこと(悪いとは限らないけど)
良いトコは、社会参加がしにくい人でも、情報を受信、発信できるってこと。

以前、視覚障害者の方が、音声読み上げのシステムでネットを活用している番組を見たんだ。
ネットは私たちには身近なのに、目が見えないと使うことは出来ない。
そのシステムが出来たことで、毎日が変わったと話していたよ。

私自身、ブログを始めたことで、レッスンに通えるまでに病状が良くなったと思ってます。
文字だけ(あ、写真もだ!笑)とは言え、私は良い刺激をたくさん受けてきました。
フルフルさんをはじめ、みんなのブログは、かなり貢献してくれてます^^

そうそう。フルフルさんのブログって、『愛情』『気配り』に溢れてるんだよね。
記事も、コメへの返事も。
現に、外出するから、デザインも事前にハロウィンから戻してたでしょ?
31日に!(笑)
(読み逃げしてたの~酔っ払ってたから~)

あとはね、自分が知った事を、これまで勉強(いや研究に近いかな?)してきた内容に照らして、レッスン受けてるでしょ?
そこまでは、良くある話。
それを記事にして教えてくれるのは、本当にありがたいです。

期限があるかぁ・・・
どんどん進んで、早いトコ10巻まで終わらせちゃってください(笑)
あ、私、6巻からだって。競争する?(負けそうだ^^;)

色んな曲、弾きたいよね。せっかくだもんね♪
だから、10巻までとっとと・・・(爆)

なんかさ、いつまでも時間があるって勘違いしちゃうんだよ、健康だと。
(私、軽症だから、やや健康?)
この記事読んで、気持ちが引き締まったわ。
体はムリだったわ(をい)

ぜったいに、また関西のオフ会に行くからね!
ドッペルだよー!(教本とんじゃったな、そう言えば^^;)

じゃ、またねー^^
  • 2008-11-01 09:24
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

うまく言えないけれど(いつもこればっかしだけど)、
健康なときは、そのことになかなか気づかないもの
だなあ、と年を重ねると思うようになった。

話してくれて、ありがとう。
そしてこれからも、変わらずよろしくです^^
またいつか、オフ会でも会おうね。
  • 2008-11-01 12:03
  • URL
  • ちゃいむ #mQop/nM.
  • Edit

いつも、フルフルさんのブログ、いつも明るくて楽しい
けれど、そんな難しい病気をお持ちだったんですね・・
ご自分の事、ブログできちんと書かれた事で私も
知ることができましたし・・・私は、実際その病気にな
ったことがないので、フルフルさんの苦労されている事
や、お辛い事は本当にはわからないです・・・ごめんなさい・・・
ただ、どんな御病気の事はよくわかりました。

思い切って書いてくださった事、ありがとうございます! 
これからも、よろしくお願いします。また、いろいろ教えてくださいね!

  • 2008-11-01 12:42
  • URL
  • ひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。