スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #70~71 ヴィヴァルディ協奏曲 g moll 3rd Mvt.

またまた溜めてます。 レッスン日記ーアセ

ま、ここは開き直って・・ 

そうそう (って なにが 汗 )  
2回分をまとめた方が ちょうどボリューム的にもいいしねぇ? マジでか。

12月のレッスンの最終は25日。 
クリスマスの日だってのに・・ なんて関係ないけどしょぼーん

ゆえに、このレッスン記は、18日の分との2回分になります。
でも、大半はレッスン ♯70の内容。 
(♯71は通して弾いて、まとめただけなので)




【鈴木ヴァイオリン指導曲集5】

●ヴィヴァルディ協奏曲 g moll  3楽章 Allegro

前回のレッスンは、とくに宿題でもなかったのに無理に持っていった為、
結構いっぱいいっぱいで苦笑い 内容どころでなかったから
この回はもうすこし曲らしく弾けるように・・という目標を持って、家で練習しました。


冒頭

頻繁に f に変わるのをうまく弾き分けるのはもちろんだけど、音が問題・・  
Pのときに 頑張り過ぎている、という指摘。
そうなんですよねー 判ってはいるんだけど、ボウイング技術の不足かな(^^;; 
Pでも音をしっかり出そうとするとどうも力みがでて、 弦を押さえつけるように弾いてしまう。
それに力を抜くと ヘナチョコな音になりそうで なんだか不安で・・
これは、まだまだ時間をかけて克服すべき課題。焦る3


音が悪い

これも、音が悪かった。 
なんにせよ、「ガリガリ音」になりがちってことです涙
へにゃへにゃ音よりかは、いいかと思うんだけど。
(・・なーんて言い訳は通らない! 汗 )


Tutti に渡すため十分に。。

先生はここを聴かれて 「トリル、上手く弾けるようになりましたねー」・・
あー、それは 楽器のせいなんですkao04
楽器を調整に出したら、トリルの問題がなくなったというと、
へーぇ、ヨカッタですねー♪ とお互いに にっこり~にっこり
ホントにそう、調整に出してよかったと思う。 
 トリルの弾きにくい方、楽器のせいかもしれないですよー?(笑)

それから、ここのカッコで囲んだところ、これは コンツェルトならでは、かナ?
SoloからTutti (トゥッティ :オケも一緒に弾くところ)に渡すためのフレーズ。
もしこれがコンツェルトでなかったとしたら、このフレーズはなくても成り立つかもしれない。
(ヴィヴァルディさんに聞いたワケじゃないから、判らないけど 笑 )
私は、すこし不思議なカンジがするのです。
フォルテで、クレッシェンドして音を強調したあとで、急にピアノの音量にまで落として、
poco rall. e dolce (ポコ ラレンタンド エ ドルチェ すこしおそく、そして やさしく)を
するというのは、やはり「橋渡し」の目的があってかなぁ?と。
 ここでも、フォルテとピアノの差が際立つように弾く。


わざわざ載せることもないんだけど、これは  好きなトコロハート笑

好きなところ♪

そして、続くこの dolce(ドルチェ 甘く、優しく)。
たんなる P で弾くのではなく 甘~い雰囲気ぴかぴかハート を 出す。 


  ・・ってワタシの腕じゃ まだまだ、
そんなこと できないんですけどー 汗;

dolce

はぁー。。 ちょっぴり粘り気味に弾くくらいが 関の山です無言、汗 
うぅ、ヘタピはつらい



気をつけて弾くところ

さきほどもすこし書いたし、以前にも言われたことがあるのだけれど
協奏曲を弾く場合、Tutti なのか Solo の部分なのかをいつも念頭に置いて、それらしく。
つい漫然と弾いてしまいがちなので、気をつけないと・・
この16分音符の部分、技術的にこの曲のなかでの難所のひとつ。
左と右手の連携がバラバラにならないように注意して弾く。

オレンジで書いたのは、25日のレッスンでまとめているとき、音程が悪くなってたところ。
私は、どうも低い音(と高い音)が安定して取れない傾向があって。
(耳のせい、あるのかなぁ・・)
1stポジションでもG線のシ、ラ、ソは特にダメなんですよね。
それと、E線のシより上の音もダメ。  



次のところはレッスンでは「アクセントをはっきりさせるべき、ですね?」程度だったけど

アーティキュレーション(音楽の表情付け)について、考えていたので載せてみます。

すこし面倒めなこと書くので ご興味のある方以外は 読みとばしてくださーい ^^ 
ドイツ音名で書くし・・ 
(ドイツ音名のこと知りたい方は ドイツ音名表 をご参照ください)

とばしてもらっていいのは

ここから -------------------------------------------------------


アーティキュレーションについての考察



まず、ここのフレーズの枠組みは、赤色系の丸で囲ったように
Fis - C-H - F-E - B-A - Es-D - A-G - A
 ・・の音の進行で出来ている。

そして、その音の間に挟まるかのように強弱記号 が つけられている。

その強弱の根拠としては やはり音の高低に拠るのだろうなと思われるのだけど、

ひとつめの(<) 。 譜例で 1 としたところがクレッシェンドなのは どうしてなのか?
どうも納得がいかないのですよね。
ここ、音的には下降しているから、自然にいくならば ディミヌエンドだと思うのだけど。
まぁ、フレーズのはじまりということで、ここのところは みんな強弱記号
セットで持ってきているから・・ という ちょっとばかり強引な理由なら判らないでもない。
 うーん、この楽譜の校訂者、だれなんでしょう・・・聞いてみたい。。 (~_~;) 
それとも、またまた弦楽器特有の記譜法なのかしらん(難儀やなー 汗)

書かれている強弱記号以外にも、この枠組みの音の進行に合わせるような強弱もあり、
それを考えると赤で書きこんだようなディミヌエンドも意識される。
そちらに注目すると、この楽譜の強弱記号とは まったく違ってくるんだけど・・
私としてはホンネは、ここは素直に、 そちらのほうで、
つまり、三段階のディミヌエンドでいきたいんですけどねー
紫で上に書いたワクのように。


でも、よくよくみてみれば、この水色で囲んだクレッシェンドって
その三段階ディミヌエンドに至る もっていき方を教えているのかしら??
そんな気もしてきた・・ よくみたら ちゃんと挟まるようになってるし(゜o゜;

ああ、じゃこれは・・セットと考えるべきじゃないんだ?!
というより、クレッシェンド本来の意味で書かれているのではなくて
次の音型との関係を表しているんですね。


うーん、この強弱記号の書き方、
あまり いい方法ではない・・・と思うナ。(混乱をさそうから)

すみません、ややこしいこと、 書いてー

ご興味あられるけど、どうも判り難いと思われた方がおられたら
ご質問いただきましたら、また改めて、 もうすこしご説明しますネ。



ここまで -------------------------------------------------------


さて、なんだかんだと 書き連ねてしまったけど、
レッスン ♯70 で主にこのようなことを注意されて、レッスン ♯71ではそれらに
もう一度気をつけながらの まとめ。

あとは少々、音程が悪いところとか、いつも苦手なところに気をつけるように、と
言われた。

 
「そうですねー デモ・・ 判ってるのになかなか出来なくて
 もう 頭が固くてダメですヨネ、 トシのせい?・・・ですよねぇ(涙) 」

  とグチって お若い先生を 少し慌てさせてしまった苦笑


でも、本当に そう思うase  
ウン十年前だったら もうちょっと言われたことにも すぐに対応できたのにな~って。
あーあ、ヴァイオリン、子供の頃からやりたかったわぁ・・(って無理だけど)


25日のレッスンでヴィヴァルディ g moll は一応、終了。

次の カントリーダンスドイツ舞曲、は共に1ページものだから
そのまた次の ジーグ まで予習してあったので 判らないところなど質問したりもした。
(ジーグですごく弾きにくいところがあって・・ それについては、また書きます)

次回、どこまで やるかは未定。  時間の都合かな。



さてさて、
そろそろ年末ということで 日頃、ヒマ人な私もなんだかんだと用事が多めで~アセ
ときによって、あまりネットもできなくなってたりします。
ブログの更新も、どうなるのかな? ってカンジなので
気分まかせ、時間まかせ、ってことで、 もしかしたら間があくかもしれないけど
テキトーに気長~にお付き合いくださいね~z


「ふるふるのつぶやき」は、なるべーく書きたいと思うんだけど~(*^_^*)


   なんて言ってて・・・ できるんかしらん???


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

私でさえ忙しいよ(笑)

んちゃ!(爆)
はぁ~、洗濯サボってたから今朝は忙しいわ^^;
(年末に関わらないだろ!)

この曲ね、発表会で弾く人いるの!
どんな曲か聴くことが出来るの。嬉し~い^^♪

>Pのときに 頑張り過ぎている、という指摘。

そうなのよねっ!実は小さい音ほど難しいっ!
pの飛ばし弓なんて、死ぬほど出来なかったもん(出来ない自慢!)
音の大きさと、気を使う程度は、反比例だと思う^^;
あと大きい音がガリっと言うのは、私の場合の大きな原因は、
v-508余分な力が入ってる(肩とか右手首とか)
v-507弦に対して弓が斜めになってる
でした。弓が斜めだと、ホント、音がおかしくなるのよ。
E線はなりやすいわ。腕、短いし・・・ねっ?(感じの悪い人)

絵文字は、使ってみたかっただけデス^^;

>楽器を調整に出したら、トリルの問題がなくなった

そうなのよね。調整って音的にも大事だけど、構造的にも大事~
でも始めたばかりの頃って、弾けない=自分が悪い。って思うもんね。
・・・常に楽器を疑うのもビミョウですけど(あはっ)
オフ会とかで色んな楽器を弾かせてもらうのって、いいことだと思う♪
かなりーちゃん、弾きやすくなって良かったよねぇv-354

アーティキュレーションのトコ、頑張って読んだよ!
ペンタプレットって、やっぱ良いねぇ!・・・ぢゃなく(笑)

ここって、mfで始まって、<>以外には強弱ないのよね?
となると、おっきくなっても、>はいる訳よねぇ。mf保たないと。
つまり、>をドコにつけるかって話・・・だった?(汗)

このまんまで見ると、2小節で1フレーズって感じする。
私が気になるのは、なんで5小節目からは<>無いのかな?ってコトです!
(視点違いすぎ!笑)

じゃ、質問もいいですか!ふるふる先生!
赤で書いてある>って、3拍目のウラですかっ?
もしそうなら、次の小節は、特にダイナミクスは無しってことですかっ?

はー、今ね、譜面だけで音楽分かるかなってトライしたけど良く分からんので弾いてみます。お、ちょうど10時だ(笑)
実際弾いたら、まるで違う曲になっているハズよ。
リズムだけでも読めて良かったと思っとく。

そうかぁ。弾け無いのは、トシちゃんのせいかぁ(ぉぃ)
(君に薔薇薔薇…という感じ、と言う歌を出してるみたいよ!v-254ググったー♪笑)

まぁ確かに、もっと早く始めてれば・・・とは思うよね。
特に年の瀬は(あはは^□^;)
でもさ、始められただけでも幸せv-345なんだと思うよ。
来年はどんな新しいことに出会えるかな?・・・なんてねv-263v-532v-383
(タカ、アリマセンでしたぁ)

忙しそうだけど、今日は探偵アマデウス、BShiで13時からだよ(爆!)

  • 2008-12-27 10:17
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

ともさん

寒くなると洗濯はツラいよねぇ(涙)
ウチ、もうお休みに入ってて、 なにかと世話がありましてぇ
それでなくても忙しいのにイヤン。(^^;;

ともさんのコメント、自分の本文と間違えてしまったよ~
とっても長文の力作なのでー(笑)

発表会かぁ、それはきっと子供なんだろうなー 
ま、あんまりなにも考えないでサラっと弾くんでしょうね。
この曲に限らず、You tubeみてても、
ある程度大人でプロに近いっぽい人でも
「・・・e-263」っていう演奏も多いから(ってエラそうに 汗)

ガリガリ音ね、
ボウイング、 まだまだどヘタだから、弓もまっすぐじゃないしー
でも、それよりきっと、力みなんだろうなという気はするけどv-513
私も絵文字、意味もなくつかってみたワ(笑)

調整はね、これだけ楽器が変わるって判っちゃうと、
「あれ、弾きにくい? もしや・・?」ってすぐに疑いだしそうデスv-403
でも、楽器とか弓の問題って大きいよね、
お高ーいものを弾くと
すっごく弾きやすくて、結果、うまくなったように思えるのは事実だしね(汗)

>アーティキュレーションのトコ、頑張って読んだよ!
ペンタプレットって、やっぱ良いねぇ!・・・


面倒なの、読んでくれてアリガトーv-291
そう、ペンタブってなかなか良いよ~♪

うーんと、短いコメ欄でうまく言えるか、なんだけど・・

>赤で書いてある>って、3拍目のウラですかっ?

ハイ、そーです ^^

こういう音が上下してるのをmfの範囲中でやるから、mfのダイナミクスレンジ自体が広くないと、と。
(できるできないは 別としてねぇ 汗)
なので、あまりmfを保つための >というのは考えてなかった。
曲によって mfの幅も変わるだろうし、強弱というのは、相対的で とても感覚的なものでしょ?
勿論、mfより大きいのがfなんだけど、
「これmfの範囲中のつもりです」って言われれば、
「あら、そうなのー」ってことになるし。

私の思うに、>は無意味なの。(<もそうなんですけどね)
それぞれの本来の意味「だんだん強く(弱く)」で使われているのではないんです。
ここで赤丸を見てもらって、
私が三段階のディミヌエンドと書いたのは、
ひとつめ「C-H - F-E」
ふたつめ「B-A - Es-D」 あとは残り「A-G 」なんですけど、
純粋に音の上下をみると それぞれの部品(丸ひとつ分)に向かうときの力関係は
v-136 >
v-137 >
v-138 <  になるのよね。


その間の音型は「レシレ」「ドラド」「♭ミド♭ミ」。
これほど短い 単なる2度の上下でしかない音型に>をあてはめるのは考えにくいし、
前の音型からの音の上下をみてもちょっと違和感ができるから
これは、前の音の音量を保ったままで弾くのが順当と思うんですね。。
( >次の小節は、特にダイナミクスは無しってことですかっ?  に対する答えね 笑)

だから ここでついている > は それ本来の意味をなさなくて、
ひとつずつの部品の間の力関係を表していると思うのです。

(緑丸の3は私が書き加えたんだけど。)

>私が気になるのは、なんで5小節目からは<>無いのかな?ってコトです!

これは・・ 
まぁ、こういう少しアレな強弱をつけているあたりからして(苦笑)
単なるミスなのかもしれないけど、
このあとに、cresc.してすこし盛り上げるフレーズがくるのよ。
だから、その直前でdim.するのは ちょっとどうか、というのもあるのかもしれない。
(そういう まともな感覚があったら、こういう強弱つけないかナ? 汗 )

そういうことでこれ、さほど意味のない、余計なおせっかい的?な強弱記号なのよねぇ、
奏者の音楽に対する感覚を信じてないのか・・(^^;;


・・ってことでしたー v-392

うーん、
文章で書くと すっごく判りにくかったよね(汗)


>でもさ、始められただけでも幸せなんだと思うよ。

そうだよねー うん!v-398

縁起のよい絵文字を、ありがとー
さすがに鷹はないわよね~(#^_^#)

えっ、テレビ? ・・もう時間過ぎちゃってるぅ(-o-;

ともさんも忙しそう~
よい新年をお迎えくださいネー ってまだ早いナ(笑)
  • 2008-12-27 13:54
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

楽譜の解説!Σ(@_@♪)

★彡 さすがァ~!! フルフルさんゎ→暗号解読班の一員って感じですネッ(^O^)
★楽譜解説(^^ゞ~ ヴィヴァルディさんは 楽譜を もっともっと単純に書いたんでしょうネェ 後の時代に 新しいピアノや 大編成のオーケストラで演奏する為…その他色々の理由で いろんな人達により 何度も書き代えられてきたんでしょうネェ(^^*) 偉そうな事言ってゴメンナサイぼく…楽譜ヨメマセン 読めるょぅに→→→フルフルさんのブログで勉強します 今ゎ携帯電話から(画面が小さくて見にくい)なので パソコン買って(購入予定)アクセスしまぁす(^O^)ノ~♪
  • 2008-12-28 21:14
  • URL
  • まいけるじぇ~むす #-
  • Edit

うぅ~っe-350
フルフルさんたら、予習しすぎですよっ(笑)
もう5巻終わっちゃいそうですものぉ。
私この3楽章が一番好きかもしれません。なんかカッコイイ
ですよね~ 早くたどりつきたいものです・・・
  • 2008-12-28 22:00
  • URL
  • ひろ #-
  • Edit

まいけるじぇ~むすさん

えっ、暗号解読班ですかー?
シャーロックホームズとか、子供の頃、憧れてたんですけど
暗号解読力が皆無だったので、そういっていただけると嬉しいです~(笑)

ヴィヴァルディさんは、きっと単純に書いているんでしょうね。
 ・・って、とくに調べる予定もないですけど(笑)

楽譜読みについては、そんなにお役に立てるようなこと書いてないかも(~_~;)

え、ケータイからのアクセスだったのですか? 
知らなかった・・ スミマセン!
画像がやたらと多くて、わずらわしいブログでしょう?(^^;;
絵文字も使いまくってたし。
これから、まいけるじぇ~むすさんへのコメ、絵文字使わないでテキストの顔文字にしますねー

パソコンを買われたら、思う存分?画像を見まくってくださいね~(笑)
いや、でも、
見て面白いような画像はまったくなくて、申し訳ないです(^^ゞ
  • 2008-12-28 23:05
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ひろさん

予習しすぎ? そーかなぁi-235
ピアノの感覚だと、1ページものって短いような気がするんですよぉ(笑)
 ひろさんもそう思うでしょ?
いま、カントリーダンスのひと弓連続スタッカートが弾きにくくて困ってマス(涙)
また、ひろさんのブログで勉強させてもらわなくちゃi-227

ヴィヴァルディのg moll ひろさんは3楽章がお好きなのねー♪
私は、3楽章もいいけど、1楽章が一番いいかな~ 
なんか颯爽としてステキなカンジがするんです♪
でも、難しいです、ちゃんと弾けてなかったですぅi-238
ひろさんだったら、基礎を丁寧にやられてきているから
たどり着くもなにも、もうすでに充分弾きこなせる力をお持ちだと思いますよーv-392
  • 2008-12-28 23:17
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

むむむ~

音楽って難しいですね~。
私には外国語のようですよ^^;
とりあえずの目標は先読みできるようになることです。

うちの先生解釈のこともよく言われるから本当はこういったことも意識して読まないといけないんだろうけど、さっぱりです。
あ。「展覧会の絵」買ってきましたよー。
まだ聞いてないんだけど、楽しみです。

PS,ガソリン安くなりましたね^^。
出かけないけど満タン給油しちゃいました。
  • 2008-12-29 08:50
  • URL
  • しょこら #pamUQ3n2
  • Edit

しょこらさん

音楽、 そう難しい、ってこともないと思うんだけど
文章で書こうとすると・・うまく言い表わしにくいとこがあるんですよね(^^;;

以前、レッスンしてたとき、
私がピアノを弾きながら、楽譜のどこを見ているかを
その都度、示してみせることをしてたけど、
みんな一様に驚かれてましたネ、
慣れると、相当、先を見ているもんなのですヨ。。
それだけ、先読み(楽譜読み能力)は大事なんですよね。
楽譜、見てるところだけ弾いてると、つっかえちゃうし、
音楽の中身のことも考えられないですもんねー
しょこらさんも、頑張って鍛えてください~v-392

「展覧会の絵」もう買っちゃったのーv-291
さすが即行ですねぇ♪
とっても迫力ありますよ、楽しんでね。
あれは標題もついていて面白いしi-236

そうそう、ガソリン、安くてビックリしましたよ。
見た途端、思わず、給油しちゃったi-233
あとでもっと、付近のスタンドの価格も見てみたらよかったかもって思ったけど・・(笑)
  • 2008-12-29 10:29
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

レッスン日記、いつもすごいですねぇ…
高度過ぎてわたしには???ですよー
音の強弱くらいが今のわたしには精一杯(泣

レッスン日記にご挨拶になっちゃってごめんなさい。
今年はいろいろとありがとうございました!
フルフルさん、良いお年をお迎えくださいね。
また来年よろしくお願いします~
  • 2008-12-29 15:05
  • URL
  • やま #-
  • Edit

やまさん

いや、全然、ダメダメなんですよー(^^;;
レッスンでは、ありきたりなことばかり言われてるし。
でも、ヴァイオリンの楽譜って 馴染んだピアノ譜と違うなぁって思うことはちょくちょくあるんですよねー

強弱? 出来てませんよぉ、私(涙)
もういいの、いまはこれで・・
いつかはもっとなんとかなるだろうと、他人ごとのように考えてます~v-388

やまさん、今日は大移動の日じゃなかったっけ?
お忙しいところ、コメントありがとう~

プリントゴッコは、終わったんですか?
だとしたら、驚異的!!v-405 
よかったら、一度、やまさんの年賀状、見せて欲しいわぁ。
きっとすごく凝った芸術的なものなんでしょうねv-353

こちらこそ!
今年はやまさん(とKOTOKAさん)のお蔭で ヴァイオリンライフがグッとひろがりました♪
また、来年もよろしく、楽しくお付き合いくださいネv-290

では、よいお年をお迎えくださいね。
お正月は、ご実家でお姫様生活v-513を楽しんできてくださいー
  • 2008-12-29 16:00
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。