スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #73 ベラチーニ Gigue ジーグ

うーん・・
レッスン日記だけど、最近、どうも溜めちゃってます。
なんとなく、というよりも 書くほどの内容がないときがあるので。

前回のレッスン#73(1月15日)の Gigue (ジーグ)も、
さほどの内容が なかった?で 次回レッスンとまとめよう、と思ってはいたけど
タイトルが 長~~くなっちゃうのがイヤで、やっぱり分けます。

カテゴリでピックアップしたレッスン記事を見たときに、
タイトルはバランスよくキレイに並んでほしいのですよね(^^;
 ・・・って、ヘンなコダワリですね~ (苦笑)



ということで、これは いま(1月24日)の時点からみたら 前回のレッスンでのこと。



この回は雨が降っていて、駐車場待ちで少し(5分ほど)遅れてしまったので、
慌てて準備するも、弦の状態が悪いー苦笑汗
先生もいつもより調弦に手こずられて 弾き始めたときには10分少し程、経過・・
レッスン時間は入れ替えや準備も含めての、30分だから もうあんまり時間が残ってない!
(やっぱり、30分レッスンって短いですよね汗 )


『レッスン』
【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集5】

ベラチーニ Gigue  ジーグ

今回、次のドッペルも課題だと思っていたので 、
それを1週間である程度出来るようにすることに追われて、ジーグの練習は やや手薄だった。
そのせいか、まず最初から最後まで通して弾いたんだけど 意外と、上手く弾けた。

いったいどういうコトー!?絵文字名を入力してください と思われるでしょうが
あまり練習してない方が頑張って練習したときより、しばしば上手く弾けちゃうんですね~
力が抜けるというか・・  精神面の弱さゆえ、ですネ (^^; 
だったら、練習しない方がいいって? 
そううまくは、コントロール出来ないのよぉ~ ボロボロのときもあるし。。端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ

「ジーグ」では、楽譜にStacc.(スタッカート)と書いてあるところが気になっている・・


まず、これが冒頭。 スタッカートがついている位置に注目!

最初のところ


これが、次の小節では stacc. と、省略記号に変わる。

stacc.

これって・・ いったい、何を省略したいんでしょう~?汗
ひとつフレーズに 2か所もスタッカートある場所あるけどー
まさか、「ラ・ソ・ファ」のみっつだけのために??(^^;


そうして、曲はどんどん進み、他フレーズで 盛大にスタッカートがふるまわれたあとの、
2ページめ、


ナイの??

ナニ これ~?  

「ラ・ソ・ファ」は前もなかったから もう目を瞑るとしても、その次の「ラ」にない理由って?
ミスプリント以外、考えられないな。kao1

それにしても、他にスタッカートをさんざんつけて、
どうして「ラ・ソ・ファ」だけつけないのか、すっごく 謎 なんですけど~?

こういう、ワケの判らない記譜には、イライラさせられるナー



分ける重音


この最後の 3つの音をつかった重音は、とってもつかみにくいながら
なんとか頑張って、2の指を残して 1をとっていたら、
和音二つに分けて弾いていいので、最後は1の指だけの残しでいいんだそうな。
あー、せっかく練習したのにぃー絵文字名を入力してください
って・・ まぁ、いいデス。  そのほうがやりやすいから (笑)



音の進行、切り替え・・

から、 P の ドルチェ(優しく) への切り替わりは瞬時に 完全に音のカンジを変える。

赤い丸で囲んだように「ミ・レ・ド」が下降、上行の形で使われている。

この曲は そういう工夫のしどころが あちこちにある曲なので、(他はあえて書きませんが)
色々と変化がつけられて楽しい。
それで、自分なりにフレージングなど 少々、考えて弾いてみた。

途中の半音進行の音程が狂ってたときがあって 注意しながら 2回目を弾く。
1回目とは、要所要所、違う弾き方になってしまったかもしれないけど、
気分も乗ってきて? さっきより、よかったかしらんはな1

いろいろ、苦労していた重音の押さえも 練習で、なんとかすこしはマシになっていたようだった?
結局は1stポジションで 肘の位置に注意してやりました。 (センセイにはなにも言われず)
音程についてはまだ少し不安ではあるけれど。 
 アドバイスいただき、ありがとうございました!


ということで、この曲は 今回で合格。

ここで完全に時間がなくなったので「 ドッペル」は また来週みましょう・・ということに。
「あ、なんだ せっかく見たのに~」 とガックリしつつも、
まぁ、たいした出来でもないし、いいかぁ、と気を取り直しました。笑顔

1月15日は、こういうレッスンでした。 


 ・・なるべく続き、早くアップしますね~汗



追:重音の指使い、間違ってたので 直しました。(1を4と思い違い。)
  ヘンだなー?って気づかれた方いらっしゃったら・・ スミマセン!泣かないで


                        1月24日 8:34

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

>>まさか、「ラ・ソ・ファ」のみっつだけのために??
一応、4つ目のレのスタッカートも省略されてるみたいですけど・・・
よくわからないですね。
鈴木教本なんて、明らかに初心者用の本なんだから、こういう部分はしっかり作って欲しいです。
弾き分ける必要があるのなら、ちゃんとそういう風に書いて欲しいです。
ただでさえいっぱいいっぱいなのに、余計な事に気を使ってる余裕なんてないですよね。
  • 2009-01-24 08:59
  • URL
  • che #-
  • Edit

cheさん

おはようございます~
もうひとつの記事へのお返事を書いていたら
ちょうどリアルタイムでご対面~!(笑)だったので
こっちから、書きますね^^

スタッカートがあったり、なかったり・・
どっちなんか、えー加減にせぃ!(怒)と いいたくなりますよぉv-13

ですよね、弾くだけでさえ、かなーりがんばっちゃってるe-330のに、
こういうことまで考えてたら、ますますメタメタになりそうです~i-182

鈴木教本って、結構、いい加減ですよねぇ。。
  • 2009-01-24 09:05
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

あのね、スズキの教本って、あまり細かいところを気にしてはいけないようですね。本来幼児教育なんで、5巻だったらせいぜい小学校2、3年生あたりが使うものでしょう? ガキどもはふつうそんな細かいところ気にしないんですよ。
というわけで、フルフルさんがミスプリだなと思われたところはほとんどの場合、その通り、単なるミスプリ、と思っておいていいでしょう。
  • 2009-01-24 09:31
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

はぁ、なんか、そうみたいですね~(^^;)

私もソナチネなんてやってた頃には、
なーんも考えないでピアノを弾いていたもんでしたが。

そうなんだけど・・・ 
しかし・・・って つい思っちゃうんですねーe-263
これだけ広く使われている、古くからある教本ですし、
とくにスタッカートなどは、音楽の中身が変わってしまいそうだから
もう少しちゃんとして欲しいように思うんですけど~(^^;;
「才能教育って、”細かいこと気にしない才能”も教育してくれてんの?」
なぁんて、ついつい悪態がでちゃいそうデス v-519
まぁ、そうはいうものの、
最近は、だいぶ慣らされてきた気もしますけど。

あまり、過剰に 気にしないことにしますネ(^^)
  • 2009-01-24 15:51
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

なるほどーーーわたしは、よんでも、なんで問題なのかわかりませんでしたが、楽譜がわかるようになると、こんなことも解るようになるんだということがわかりました。

よんでて、音楽家として既に完成している塔の階段に、バイオリンを当てハメて行く感じがしました。いいなあv-218

音楽を聴かないし、他人の音楽(CDとかのこと)を聞きたくない自分にとって、自分の弾くヘタッピなバイオリンだけが聞くに堪えるのはどうしてだろうといつも思います。


  • 2009-01-24 21:56
  • URL
  • くまあ #-
  • Edit

CDがあるから・・・

スーさん教本は、付属のCDでインプットしてから弾くってイメージがあるのよね。
だから、楽譜がテキトーでも、問題が生じないんだと思うよ(笑)
読譜に苦手意識のある、幼少からスーさん方式で弾いてた人いたよ。
まぁ教本と比べたら、オケの譜面はちと複雑ではあるけどね^^;

これは私もなんだけど、耳で覚えるとね、書いてなくてもスタッカートつけちゃうんだよね。
おそろしや、刷り込み!(笑)
私はリズムの読譜が苦手。聴いたことない曲を弾くのは苦手。

そうそう、付属CDね、ミスプリかの確認用としては役に立つよ(爆)
あとはピアノ譜も見てみると面白いよ。
少なくとも、7巻のヘンデル4番の3楽章では、ピアノ譜だけに装飾音の指示がありました。
ピアノ譜は・・・普通、見ないっちゅーねん!(笑)
結局、この装飾はやらなかった。
バロック音楽だし、装飾はお好みでって感じ?

あ、でもやっぱこの部分に関しては、コレもあり?かも。
ボウイング用のスラーと、本当のスラーの区別の為のスタッカートは、stacc.では指示しきれないから。

最近、スタッカートが複数の指示を受け持っていることを、実感した。
スピッカートかも知れないんだよね、これ。
曲によって意味合いが違うのよね・・・たかが点なのにねぇ^^;

・・・写真、只今選別中(なーんてv-8)
  • 2009-01-24 22:34
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

読む前に聴け

ともさんのおっしゃる通りですね。

スズキの、読譜よりも「聴く」ことが先、というスタンス自体は、少なくとも初歩段階では完全に正しいとぼくは思っています。先に耳から、体から、音楽を取り込んでいない人は、いくら楽譜の「読み方」を習っても、楽譜に音楽を見出すこと、楽譜から音楽を取り出すことは不可能です。

でも、そのために教本譜の校訂がずさんになっている部分もあるようですね。それと、付属CDがあまり聴くに値しない演奏だとするとそれもまたなんと言うか…。
  • 2009-01-24 23:42
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

楽譜に忠実に弾くって難しいですね
私は強弱記号でさえ、まだ注意がいっていない段階です
私ごとき素人が、なのですが、演奏したときに
聞いている方心に響く状態がよいのかなぁ 忠実すぎずに・・・
  • 2009-01-25 21:14
  • URL
  • そら #OpjOh/wQ
  • Edit

最初に

最初に、明確にしておきたいのは
(余計なこと書いてスミマセン。でも、はっきりさせるために)
私がこの日記で 言ってるのは、
「楽譜のミスプリントはツラいヨ」という単なる愚痴だったので
付属のCD関連とは、 また別の話。

もっとも鈴木側からすれば、
「CDがあるんだから楽譜なんかテキトーでいい、
 ミスプリ気にするんなら、CD聴けば?」なんて
暴論めいた理屈が成り立つかもしれないけど・・

だから、CDのことを含めて論じるのは、論点が違うのですよね。

はじめから出ていた問題はふたつ。

1.ミスプリは是か非か? 
  答え・・「非」。  
  当たり前すぎますね(苦笑)

2.ミスプリ=「非」としても
  現状どうにもならないことを ことさら書きたてることが 生産的か?
  答え・・「否」。
  
ということで、

結論:「どうにもしようのないことを、気にしてもなんにもならない」
 
まったくtakuyaさんのおっしゃっている通り、だということです。 

判ってはいたんですけど、
これは日記だから、とついグチっぽく書いてしまって(^^;
つまらないエントリ、失礼しました!!


ということで ひとまず結論も出て、ここで話は終わっていたんですね。


後で、ともさんが書いて下さったことは、

「ミスプリ多発のCDでも さして問題にされていない理由」
「CDを聴くことの利点」 その他・・ 

また違った観点での話題を提起してくれているので、
ミスプリの問題とは 関連付けないで お返事させてもらいますね。
  • 2009-01-25 21:49
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

くまあさん

いや、つまらないことなんですよー
こんなの、気がつかないほうがいいんです(^^;

あ、そうですねぇ。
自分のへたっぴなヴァイオリンを毎日聞いてて、
よくぞイヤにならないでいままで続けているなあ~って。
我ながら、たいしたもんだーと 思いますねぇ。
名演奏家のCDを聴いているから、なおさら、ですよ~(笑)

でも、もう少し、自分以外でもまともに聴いてもらえるように練習に励まないと、ですねぇ(^^;
  • 2009-01-25 21:55
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ともさん

>スーさん教本は、付属のCDでインプットしてから弾くってイメージがあるのよね。
>だから、楽譜がテキトーでも、問題が生じないんだと思うよ

確かにそうでしょうねぇー
とくに昔は、ヴァイオリンを習うのって子供が大半だったと思うから。
他の楽器をやったことがあったりして、読譜は出来ている(オトナまたは大人に近い)人
・・というのは考えていなかったのではないかなー
初歩の段階で読譜力をまずしっかり身につけさせる、
(中級以上になってくると楽譜が2段譜ゆえに、結構、複雑になるものね)
その為に、楽譜重視、ミスプリなんてまるでないピアノとは、まったくシステムが違うんですよね(~_~;)

>耳で覚えるとね、書いてなくてもスタッカートつけちゃうんだよね。
おそろしや、刷り込み!

ん、そうね。 それがどうなのかなぁーと思うマイナス部分。
現状で「完璧なるお手本」といえる演奏ならいいんだけど、そうではないところもあるから。

弾く人のクセや音楽的によくないところ(不正確なところ含む)、
演奏がCDのコピーになっちゃうと、
そういう悪いものまで忠実にコピー=引き継いでしまって、
初級者の場合、一旦思いこむと修正が困難ですよね。
それと読譜の力が身につかない懸念もあり・・

プラスとなる要素は、はじめての曲で音やリズムが不安なときに参考になること、
こういう弾き方をすべき、などと、耳から直接入ってくるので直感的に理解しやすいこと、
(他に音楽性が身に付く、と付け加えることもできるかもしれないですが
この点は、私には・・・なんとも言えません (^^; )

で、そういったプラス面とマイナス要素を天秤にかけると、
ターゲットが初歩者ということで、
一番必要とされているリズムや音のお手本としてのプラス要素の方が勝っているから
CDを聴くことで得られるものは大きい。
だからCDが大変意義があるもの、というのは理解できます。

>ボウイング用のスラーと、本当のスラーの区別の為のスタッカートは、stacc.では指示しきれないから。

うーん・・ 
私にはよく判らない、本物のスラーとそうでないスラーがあるということが。
きっといまの時点で理解するのは、難しすぎるのでしょうね。

色々と、書いてくれてありがとう!
  • 2009-01-25 22:04
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

takuyaさん

>読譜よりも「聴く」ことが先、というスタンス自体は、
>少なくとも初歩段階では完全に正しい

はい。 そうなのでしょうね。

ピアノの初級教育に於いてCDが馴染みにくいのは、旋律楽器のヴァイオリンと違って、
ごくごく初歩の片手弾きのときはともかく、両手(旋律と伴奏)ともなってくると
CDを聴いてすべての音がとれるはずもなく(出来たら天才ですね ^^; )
聴く前にすでに(ある程度)楽譜を読んで弾けるようになってからのことになる、
からなのでしょう。

また、それだけに、楽譜のミスプリは皆無で、
鈴木のような、主要な初歩の教本ではまずあり得ないことなのですよね。
というか、日本の楽譜を使ってる限り上級になっても ほとんどミスプリってないです。
 ・・ヴァイオリンもそうなのでしょうか?
(とはいえ、輸入版にはやたらと見かけますけど。 苦笑)
それで鈴木教本とのあまりの違いに、ついつい驚いてしまうんですよね。

>先に耳から、体から、音楽を取り込んでいない人は、
>いくら楽譜の「読み方」を習っても、楽譜に音楽を見出すこと、
>楽譜から音楽を取り出すことは不可能です。

私は、先に楽譜ありき、でしたので。
もういまからでは、手遅れかもしれないけれど
過去を取り戻すこともできませんので、それはそれ、と・・(^^;)
自分なりの理想を追いかけながら、頑張っていきたいと思います。

>そのために教本譜の校訂がずさんになっている部分もあるようですね。
はい、そうですね。
やはり校訂は良いに越したことないと思いますので
もう少し、よくなって欲しいものですー(^^;;

>付属CDがあまり聴くに値しない演奏だとするとそれもまたなんと言うか…。
うーん・・ 
「ヴァイオリン超レイト」としては、なんとも言えません。
ただ、私のごく個人的主観からすれば あまりいい「音楽」とは思えないような気がします。
(大変、僭越ながら 汗)

沢山、コメント頂きましてありがとうございました(^^)
  • 2009-01-25 22:13
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

そらさん

私もまだまだ初心者なので、楽譜の通りなんて
まーったく弾けていませんよ~(^^;)

>演奏したときに聞いている方の心に響く状態がよいのかなぁ 忠実すぎずに・・・

そらさんの言ってらっしゃること、
核心をついていると思います。
「聴いて下さっている方の心に響く演奏」
いつかはそういう演奏ができるようになれれば幸せ・・^^

究極の理想ですよねv-353
  • 2009-01-25 22:34
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

うーん、ちょっとヘンな書き方しちゃったかな。

フルフルさんはもちろんすでに音楽が分かっていらっしゃる。音楽を自分の中に持っていらっしゃる。だからヴァイオリン譜も「読める」んだし、ずさんな校訂にもひっかか(れ)るわけです。それをヴァイオリンで実際に音にするワザはまだこれからかもしれないけれど、譜面から頭の中では理想の音楽を響かせることができるわけでしょう?

確かにピアノの初歩(でかつピアノが初めての楽器)の場合は少し事情が違ってくるかもしれません。ただ、「先に耳から入れていないと」と言って念頭にあったのは、必ずしも眼前の個々の曲の話ではなくて、(クラシック)音楽全般というか、そういう枠組みのことを言っていたつもりでした。

まだ言葉が足りない気がしますが、コメントであまり長くなるのもナンなので、そこらへんのお話はまた機会がありましたら、ぼちぼちと。

  • 2009-01-25 23:30
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

いえー こちらこそ!

このエントリは 私自身も、ちょっとつまらないこと書いてるナ、と思いながらも
まぁ、いいかあー と中途半端な気持ちでアップしたものですので。。
そういう引け目を感じていたので 少しムキになってまとめてしまいました。

ありがとうございます~
「自分なりの」と但し書きがつくものではありますが
「理想の音楽」は、いつも頭の中に持っているつもりなのです(^^)
それをヴァイオリンでどう実現していくか、についてはまだまだ遠い道のりですが、
日々、少しずつでも近づいていければ良いなと思っています。

"先に音楽を耳に"というのは、おおいに同感です。
特に、クラシック音楽の場合、
「良い音楽」を沢山 聴いて「音楽を聴く耳を育てる」ことがいかに大切であることか・・
長年、音楽をやられているtakuyaさんなら
身に沁みて、同じ想いをお持ちでいらっしゃることだろうと思います。

はい、また改めて そのあたりのお話など出来る機会が持てれば・・・ と私も思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2009-01-26 15:30
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

お久しぶり!!

長らくPCが壊れ、ご無沙汰してました!今年もよろしくです。
ああ、このジーガ、、私も(鈴木育ちではないので、、)昔、ダンナに「この表記、おかしくない?」って聞いたら、「鈴木はミスが多いからね~。違うと思ったらどんどんなおしていいんんだよ」などといわれて、カルチャーショックを受けた覚えがあります。
まあ、鈴木も4巻までは改訂され(録音も)かわってきてますから、細かいとこは次の改訂版に期待しましょう!
 でも、鈴木に限らず、楽譜のミスプリって結構ありますよ。スコアなんか特に、、。
 アンサンブルとかやってても、指揮者の先生が、これはミスプリですので、直してください。。っていうので、はいわかりました。。てなカンジで、何事もなくやっていってることも多々です。
 肩当て、、大丈夫ですか?私と生徒たちは、冬は高さを少し下げて使ってます。ツルツルする素材やタートルネック、あと厚手のセーターとか乗っかりが悪い服っていうのもありますよ。レッスンのとき、弾きにくそうな服の子には脱がせることも、、、(セクハラじゃないよ~笑)
 takuyaさんが言わんとすることは書いてくれてるので割愛しますが、あごに力を入れすぎるのはいけないと思いますよ。
 
  • 2009-01-27 10:25
  • URL
  • ひっきー #-
  • Edit

ひっきーさん

ひっきーさん、お久しぶり~!
えー、パソコンが?それは大変でしたねぇi-201
こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね♪

ん、スズキって並み外れてミスが多いような気がするんですよー
とくに表記がおかしいなんて、他の(初級のはとくに)ではあまりないように思うんだけどねぇ。

ああ、新版ってやっぱり4巻まで変わってるんですか。
演奏者の名前、いままでなかったのに書かれているから
もしかしたら?と思ってはいたんだけど^^
やっぱり、少しずつよくなる方向に向かっているんですね♪

ミスプリ、スコアは ありそう・・
ピアノ譜では日本の、春秋社とか全音とか、音友とかだと、
殆ど見かけないように思いません?
ああ、でも全音は昔はペータースをそのまんまっだったりした?から
ミスもそのまんまだったこともあったっけ。
(いまは知らないんだけど)

肩あて、スベるんですよー ひっきーさんにみてもらったときより。
あ、やっぱり服のせいもあるのねー
脱がせる・・・って(笑) 大変ですねぇ~i-237

顎、普通は力入れてないつもりなんですけど
楽器が落ちてくると、止めようとして、ですねぇ(汗)
顎関節症なのにぃー(軽度だけど)e-263

はやくこの悩みを解決したいものです~(^^;
  • 2009-01-27 13:11
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

つぶやきにコメント

そう、何故か教則本は出所を明示してないんですよね。(著作権逃れかと疑ってしまう)
オリジナルを聴きたいと思って先生に尋ねても、殆ど知らないですね。

ヴィヴァルディなどどの作品の何番の協奏曲の何楽章か突き止めるのに苦労します。
バロック辺りは手古摺りますね。
  • 2009-01-27 18:41
  • URL
  • ハチャ #dEtdFcLc
  • Edit

ハチャさん

あら、お久しぶり(コメでは 笑)ですねー^^

それに つぶやきに対するコメントなんて「初」v-353
ありがとうございます♪

そうなんですよ、なんでこんなに 出所・・・
 えっ? オツトメから出てきたの?(爆笑)
おおっと、マジメにー(笑)
出所 がはっきり書かれていないんでしょうねぇ。
私もこの前やっていたヴィヴァルディの協奏曲の作品番号を知りたくて苦労しました。
それと、このベラチーニのGigue 。
ほぼ何も書いてくれてないので、探したくても困ってしまいますよ~v-292
ハチャさんも、苦労されているんですねぇ。

もうちょっと、手がかりになるようなことを書いてくれても
バチはあたらないのに、なんて思ってしまいますよね(^^;
  • 2009-01-27 19:02
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

実は

今のテンプレートに変わってから記事は殆ど読んでいません。と言うのも老眼のせいでコントラストが弱いと読みづらいのです。
で、コントラストのハッキリした「つぶやき」だけ読んでいます。
  • 2009-01-27 22:37
  • URL
  • ハチャ #dEtdFcLc
  • Edit

ハチャさん

えーーっ!!そうなんですかぁ(゜O゜;

わ、悪いことしましたねぇー
案外、そういう方多いのかも知れません。
ちょっと、テンプレカスタマイズ検討してみますね~
すぐにどう出来るってものではないかもしれないけど
少々(?)待っていてくださいねv-410

つぶやき、読んで下さってたんですね、ありがとうございます~♪

(つまらんことばかり書いてるのに・・・ と ちょっと焦ったワ 汗 )

23:19 p.m.
 
とりあえず文字色中心に変えてみました。
このコメント枠の色とか、変わってないけど(^^;)

また、見えにくいところありましたら
おっしゃってくださいね! m(_ _"m)ペコリ
  • 2009-01-27 22:44
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

 なんか白熱してる?^^;
ちなみにわたしもコントラスト弱くて読みにくかったので反転させて読んでました^^;

 ミスプリ、一言で言えば鬱陶しい^^
何回も改定してんのにええかげんに治せって思いますね。 スーさん 印刷業者に値切りすぎなのかも?^^;

  • 2009-01-28 12:52
  • URL
  • のみや #EBUSheBA
  • Edit

のみやさん

いやいやいや~・・ お構いなく、でぇすv-392

えー、のみやさんも 見にくかったのね(^^;
これ使いだしてから だいぶ経つのに 昨日に至るまで誰も言ってくれなかった。。v-356

面倒なことして、読んでもらってて スミマセンです(汗)
コントラストって、見やすさのためには大事ですよね。
また、見えにくいこととかあったら教えてくださいね~!

ミスプリは、演奏以外の余計なことに神経使わないといけないから
面倒だなぁーって思いますよね。

そうか、スーさんがケチなのかぁ(違!)

確かに校訂って手間かかりますもんねぇ。
よっぽどのクレームが出ないと、いままでいけてたんだから、って
後廻しになってしまうのもムリもないかもー(-。-;)
  • 2009-01-28 16:39
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。