スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #77 コレッリ ラ.フォリア

 ・・・「 ら ・ふぉりあ 」 は 結構、疲れる。 ・・・。


先週のレッスンでは、うまくいって 残念ながら時間の都合で
最後まで弾けなかったのだけれど
今週は どうころんでも 最後まで弾かなくっちゃいけないんだろうなあと、覚悟を決めて
最後のふたつの変奏でのノコギリ重音 の改善を 意識して練習していたら
重音練習、(慣れないから?)つい力が入ってしまって 肩が凝るんです~ (/_;)

でも、 いろいろ苦労していたわりには、
あまり大した効果もみられなかった気がしつつ?も やってきた レッスン当日。

 (コレ、2月19日のレッスン日記です。)



『レッスン』
【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集6】

●コレッリ 「ラ.フォリア」

前の人が長引いていたので 5分ほどの遅れ。 (^^;
先生は譜面台にセットした教本を開かれて、
「ああ・・ これどこからでしたっけ、最初のページだけやったんでした?」と聞かれる。
それで、「いえ、ここ第7変奏まで、でした。(と楽譜を指し示す)」

「では、次から。」

えっ?(^^;  
音型から言っても、この第7変奏って 第8変奏に続けるべき・・・?
 (だと私は思うんですけどー。)
でも、とりあえず言われた通りに 第8変奏から。 すこし弾きにくく感じながらも。


第8変奏

第八変奏

この変奏は・・ (画像に書いたように)
鈴木教本のオリジナルなんだけど、ちょっと特殊に感じられるんですよね。
いままでと打って変って、大胆に・・・すこし現代風?にも感じられるアレンジ。
変奏曲としては、完全に「つなぎ」という位置づけが出来ると思う。
前半4小節では、はじめのモチーフを二度に渡って(少々音型を変えつつ)
推し進めるように繰り返す。
最初「ラ - ラ(A-A)」 が 2分 + 4分音符 だったのを
Aのアウフタクト(ご丁寧にもタイつき!)でつないで三連符を挟み、、
今度は短い音型「ド - ド(C-C)」、
それもさっきと同じリズムの付点4分 + 8分音符 という具合に続けて
2分音符の「ド(C)」で一旦、落ち着く。

 すみません、なんかややこしいこと書いてますよね?(^^;)
 ・・か、かるく読みとばしてね~
汗-GL

画像で赤のカギ括弧をしたように、強い推進力を感じさせる2連続フレーズの展開、
そして後半、三連符 の3連続につなげて、ますます進んでいくカンジを持たせて、(急)
一転して、2段目の「シ - ラ(B-A)」から、ゆったりさせる。 (緩)

今回もひとつずつ変奏をやっていくようなので、弾き終えたところで
先生は、「最初のテンポをもう少しハッキリさせて全体の釣り合いを・・」と言われた。
確かに、すこし曖昧なテンポではじめてしまっていたかも
そこで、
「この曲の進んでいくカンジからして、とくに三連符の3連続のところ、 
ここはすこしアッチェレランド(accel. だんだん速めに)の弾き方で弾いてみたいんですが。
どうでしょう?」と聞いてみると、 
聴いている人に、おかしい?と思われない程度ならOKとのこと・・でそういう風に弾く。


第9変奏 (注意されたところ・・無)

実は今回のレッスンも・・・またしても注意された事が極端に少ないので(汗)
またまた、私の考えていることなどを中心に。
 
   ・・あまり、面白くもないかもしれないけどー(;´▽`A``


第九変奏
   
ここでの、大きなポイントは
第8変奏からつながっていくところに 4分休符 があること。
いま改めて楽譜を確認してみたけれど、他の変奏のつなぎにはフェルマータはあれど
休符はまるでないのですね。
(フレーズに含まれるような、始まりの休符は除く)

『変奏曲』のつなぎで「休符」という場面は、結構、重要だと私は思う。

ところで(まともな演奏家の)演奏というのは
  いろいろ聴かれていらっしゃる方 よぉーくご承知のことだと思いますが・・スミマセン~吹き出し

楽譜に書き表せないところが 面白い。
とくにそれが「変奏曲」の場合は、本来の演奏内容を楽しむだけでなく、
それぞれの変奏をどのように弾き分けているか、という視点もある訳で、
じっくり聴いていると いろんなやり方があるもんだなあ、などと感心したり・・
普通の曲と比べて、二度美味しいです(笑)

そして、そのなかには、 曲と曲の合間をどうしているか というのも含まれる。

曲間に休符が出ているというのは、完全に前の変奏の雰囲気を払拭して、
改まった感じで始める、ということだと思う。

前の変奏が、すこし骨太なイメージだったので、ここではガラッと変えて、
8分休符や、スタッカートもあることだし、軽やかな雰囲気で弾き始める。
でも、この曲は前半と後半ではすこしイメージが変わるみたい。
(後半は音型からしても、レガートでなめらかに。。)



第10変奏 (注意されたところ・・無)

第十変奏

※シンコペーション リズムが特徴的な変奏。

  ※音符につけられたタイによって、フレーズのなかの強弱拍の位置が変化する。
    どういうことかは、説明が長くなるので割愛。 ごめぇーん!(^▽^;) 
     (ご興味があれば、各自、調べてくださーい)


シンコペーション(1小節めのようなリズム)と、
それにつづくスタッカートの軽い音型が一対。
シンコペーションは粘り気味に各音を強調して、アクセントもしっかり。


第11変奏 (注意されたところ・・無)

第十一変奏 

テヌート部分をハッキリさせる前半の f に対して、
後半は p でレガートに、半音進行の流れを意識する。


第12変奏

第十二変奏

最初、このトレモロ(3段目までのこういう音型)の3度が、ものすごく苦手パンダ汗 で。
どうなることやらと思ったのでしたが、
重音教本で3度の練習をしたりしてるうち・・少しはマシになったかなー?(^^;;
いまは、それより4段目からの6度のところが苦手。 
弾いてはいるんだけど、音が全然、キレイじゃない~~なみだ

これはとくにふたつめのような アップボウのスラーの重音がやりにくくて。

最近はこれと、続く変奏の
ダウンボウ連続の重音 に もっぱら悩まされています。 泣き

美しい音で弾こうと思ってもなかなかうまくいかず。。
もう すっごく大変~!!   ・・・ それはヘタだから(>< )

先生はトレモロのところもここも、ひとつずつの重音を丁寧にさらうように、と。



第13変奏

第十三変奏

これが終曲。

線で区切った ダウンボウ連続重音
はじめ なんで ブツブツ音が切れるのぉーーがーん2 と思っていたけれど
どうやら 「そういうもの 」 らしい?
 うーん、私は どうも よくわかりませんが~ 

大胆に思い切りよく音を慣らして、弓をすばやく戻して次の音を弾くみたい。
でもねー  そういう感覚に慣れていないので なんとなく・・ ピンとこない感が。汗

もう少しよく練習して慣れてきたら サマになってくるかしらん。

10連符や12連符は一応、弾いてはいるけど、
もうすこし音をキッチリ均等にしたほうがいいとの注意。
特になにも考えていなかったら、連符の後半が曖昧になってしまっていたようだった。。
それを直すためには、まん中(10連符なら5個め)の音で分けて、
どちらもキッチリ弾けるようにしてから 続けて弾くとよいとのこと。

最後の段の重音、開放弦の5度がしっかり鳴らせていない。
しかし・・
4重音は上がオクターブでもあるし、余裕がなく、肘の位置がえらく変わる
なんというか、それこそ段違い?に近いほど変化するので
とくに弾きにくく感じられるんですよね~
 ・・まあ、しっかり練習するしかないケド。


ここまで弾いて、もう一度(先週やったところを)最初から弾きなおしました。
とくに新しい注意などはなく、

「だいぶよくなったし、だいたい弾けているから
  や、そんなことは・・ナイ・・とおもうんだけどお(汗)
今度で仕上げましょう。(重音などは もっとキレイに弾けるようにして)

次はヘンデルのソナタ3番 の・・テキトーに、1、2楽章あたり?・・
やってきてください」



・・・ううっ汗  変デルは好きだけど・・

「ラ.フォリア」の練習と 更に新曲ぅ?  
それって、ちとキツーいですがあ~・・・

幸い 2月26日(あ、明日ねー) は レッスンはお休みなので
少しの猶予はあるけれど・・・。   



って、いまの段階であと1週間だけど?  さっぱり、すすんでませんよおーー(涙)
ああ、どうしよう。  ピンチ、ふたたびーまめ3


  はあー  いつもそんなことばかり言ってる気がするわあ。
  「自転車操業」自転車 という言葉が いま、ふっと頭をよぎった私でした~悲しい


まじ、ブログの更新どころじゃなくなるかもしんない? や、ヤヴァい(-_-;)


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

ダウンボウの連続

第13変奏のようなダウンの連続にはもちろんコツがあります。多くの人が急いで〈まっすぐ〉弓を戻そうとしてしまうんですね。でもそれだと響きが切れてしまってお粗末な音しか出ません。

ポイントは、〈直線〉ではなく、〈円〉を描くように弓を戻すことです。弓先に向かって、手首を下げ、親指をやや押し上げるような感じ、人差し指側が下がって小指側が上がるような感じで、上向きの(ってミスリーディングかな)弧を描くように先まで弾ききります。そこから、そのまま円を描くように元弓に戻すんです。

こうすると、弓先までしっかり弦を鳴らすことができます。また元に戻す動作としても、意外にも(でもないかな)直線的に戻す動作よりも素早く戻すことができます。弓先までしっかり鳴っているので、その響きのあるうちに戻せるということでもありますね。

例によって言葉だけで説明すると分かりにくいかもしれません。この動作が身に付くには少々慣れが必要かもしれませんが、ぜひお試しいただきたいと思います。ブツブツ切れるもの、そういうもの、ではないことが分かると思います。(ただし「古楽」的な奏法ではないと思いますが。)
  • 2009-02-25 20:31
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

トレモロの苦手なところを別の本の重音で練習してるところなんかが、さすがだなあと思いました。

わたしも最近肩凝るけど、これ、季節柄じゃないですか?わたしなんか別に難しい曲ひいていないし・・・

なんか、基礎を磨く練習しないといけないなと思いました。
  • 2009-02-25 21:23
  • URL
  • くまあ #-
  • Edit

takuyaさん

そうなんですー!
“お粗末な音”っていうのがピッタリ~(:_;)
本当にイヤになるくらい、ブツ切れなんですよね。

takuyaさんの書かれていること、まさにその通りで、
私は鏡をみながらまっすぐに弓を戻すことに専念していたといってもいいくらいですね(汗)
(戻したとき弓が曲がっていたら、ヘンだろうなと思って)

しかし・・ウーン、

>弓先に向かって、手首を下げ、親指をやや押し上げるような感じ、
>人差し指側が下がって小指側が上がるような感じで、上向きの弧を描くように先まで弾ききります。

こういうのってはじめてで、
弓を戻すことのイメージ自体が まず浮かばなくてー(‥;)
ダウン連続というのが、ほぼいままでなかったですから。
いきなり出てきたと思ったら、重音だから余計にややこしくてe-263

「手首を下げ」はダウンボウだから判るようにも思うんですけど
親指を上げ・・っていうのが?

これメモして、まず数日?実際に考えながら練習してみないとなんとも・・・かもしれません。
いままでになく、まだまるでピンとこなくてー(>< )

>響きのあるうちに戻せる
ああ、これは、とてもヒントになりそうです。

なんともニブいことで、すみません!v-393

ちょっとお時間を頂いて・・・やってみますね~(^^;
  • 2009-02-25 23:51
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

くまあさん

いえ、曲の重音だけだったら なかなか効率よく練習できないなと思われたので
他の教本を使ってやっていました(*^_^*)
譜面どおりの練習もすることはするんですけど
パターンが限られていますので。

え、くまあさんも肩コリあるんですかー?
季節柄なのかなあ。 
暖かくなったら、肩コリも治るんでしょうか・・

だとしても、重音がうまくいかなくてムキになってるからというのも
多少はあるとは思うんですけどねえ笑)

私も重音、もっと練習しなくてはいけないし
ボウイングもまだまだ・・・
基礎って大切だなあと思うこと多いんですけどねー
一遍にはムリだから、まあ、ちょっとずつやります(^^)
  • 2009-02-26 00:04
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

あ、やっぱり分かりにくかったですか。すみません。どこかで(ともさんのところだったかな)書いたように、人差し指で押さえつけるのではなくて、人差し指は一種の支点にすぎなくて、親指で弓を押し上げる、ということです。そして、カール・フレッシュ風(かなあ)に言えば、下腕(肘から先のことですね)が左回りに回転する。元弓に戻る動作に入ったときに、この回転はさっと元に戻ることになります。全体として、円弧というか、左に大きく傾いた「し」の字を描くような感じです。
それから、弓先弓先と書きましたけれども、弓先まで使わない短いダウン連続でも基本の形は一緒です。
こんなところで少しはヒントになるでしょうか。
  • 2009-02-26 00:20
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

>人差し指で押さえつけるのではなくて、人差し指は一種の支点にすぎなくて、親指で弓を押し上げる、ということです。

ええ、それは判るんですー 私にも以前、同じことで
(たしかアップボウで音の立ち上がりをよくするというときだったかしら)
その助言を頂きましたから(^^)
(その時にお聞きしたのは アップは親指、ダウンは肘がポイントだったかな・・?
 違ってたらすみません)
そのやりかたで戻すんですか?

しかし、その後が・・ まだちょっと判らないです~
(スミマセン~(>< ) )
いや、なんとなくこうかな?という気もするんだけど・・どうだか・・

デモ、いつもとっても丁寧に説明してもらって、、
ありがとうございます!!(*^^*)

とりあえず・・ まずは試してみますねv-410
もう少しやってみて、お聞きしたいことがありましたら
改めてお願いするかもしれません。
また、その時にはよろしくデス(*^^)
  • 2009-02-26 00:41
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

> その時にお聞きしたのは アップは親指、ダウンは肘がポイントだったかな・・?

何言ったか覚えていないんですけど(<無責任)たぶん逆だと思います。

> そのやりかたで戻すんですか?

いえ、これはあくまでもダウンストロークの話です。
  • 2009-02-26 01:06
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

カイザーのシメは大抵重音で、最初「ダウン、ダウンで」と指示された時「え~、切れちゃうじゃん;」と思ったもんでしたが。
ラ・フォリアやる頃には慣れちゃってました;;
それこそそういうもんだと思ってたフシもありますが、先生には「ぶつぶつ切るな」と注意されました。
そうか、切っちゃいかんのね、とハタと気がついた次第。

ま、「続いているような雰囲気で」弾く、という事で。
雰囲気と擬音で生きているわたくし、なんとかする~っと潜り抜けました。
発表会を挟んで半年教本止まっている間、弾き続けていた成果もあったのかもしれませんが。
なんかやってるうちにマシになったらしいです(自覚なし)。
というわけで、慣れもあるんじゃなかろうかと思われます。

所でなんとなく思うんですけど。
鈴木教本だけ使ってレッスンするなら、鈴木メソッドの教室行かないと無理があるような気がしません?
ふるふるさんみたいに、他の楽器の指導者で、「これがうまくいかないからこういうエクササイズが必要」みたいな予測がつく人だったら問題ないと思いますけど、そうじゃないなら、なんか、いきなり難しいことやれって言われて、練習方法も判らず、「どうすりゃいいの?」状態になるような気がして仕方ないっす。
私が並外れてぶきっちょなのでそう感じるだけかもしれませんけどもね。
  • 2009-02-26 01:25
  • URL
  • i-hana #Tzwnz1rc
  • Edit

takuyaさん

あっ、逆でしたっけ (^^ゞ

いや、私もウロ憶えでいい加減で、、すみません。
いままで 沢山、教えて頂いているので
ちゃんと見なおしてまとめておくべきなんですが・・・ まだやっていない(汗)

でも覚えていない、とは おっしゃるけれど
いつも常に同じことを言われていて、まったくブレがないのがスゴイ!と思います(^^)

今回のこれ、初めてお聞きすることなので
飲み込みの悪い自分には、ちょっと時間がかかるかもしれないけれど
なんとか きちんと理解できるように、やってみたいと思います♪
  • 2009-02-26 07:56
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

i-hanaさん

へー カイザーをやっているとそうなんですか~v-290
私はやっていないからなあ。
やろうとは思うんだけど、ついレッスン曲中心になるから
時間がなくなってしまうんですよね(^^;

「ダウン、ダウン」のやり方、まだ人がやっているのをよく見たことないので
先生にやってもらって、今度見てみますi-227
そうですよね~
きっとまだ慣れてなくて(ラ.フォリアで初出だし)戸惑っているのも大きいのかな。

>鈴木教本だけ使ってレッスンするなら、鈴木メソッドの教室行かないと無理があるような気がしません?

うーん・・鈴木メソッドの教室ってどういうレッスンをやってくれるんでしょうね?
私はよく知らないんだけど。
客観的にみて、正直、レッスンで鈴木教本だけというのは・・あまり望ましくはないとは思いますねー
というのは、曲ばかりやって技術をつけようとしたら、
とても効率が悪いのは間違いないところなので。
(しんどいことはイヤ、楽しさ優先っていう考えを持っている大人なら、それでOKだとは思うんですよ)
本当のところをいうと、
うまくなりたいなら曲は一切やらないのが一番、近道なんですね。
(でもそれだと退屈で誰もついてこれないから曲をやるんですよねー 
 応用力をつけるため、もあるけど)
 で、取り合えずの音楽性は、たくさん演奏を聴くことで養う、と。。

それにまた、子供だったらたっぷり時間があるから、
鈴木終了のあとに色々やって技術を身につければいいから
問題はないと思う。

だから・・やっぱり他の教本も併用した方がいいんでしょうね~
i-hanaさんの先生は、その点、良心的だと思いますネ。

私も判ってはいるんだけど、
ついつい先生に指導されているようにしか出来ない甘さ(怠け心~i-202)が
あるのよねえ(^^;
おそらく、私もセブシック(Op.1とOp.2)とカイザーとスケール、
重音教本、ポジション教本あたりをコンスタントにシステマティックにやれば
いまの自分に欠けているものを補えて、もうちょっとマシになれるんだろうとは思う。
 ・・けど、やれてないー (汗)
(少々は やってることもあるけれど)

そうですねえー
ある程度は判っている私でも(・・ってちょっと何様ってカンジで、すみませんっ!i-182
やらない(いや、やれないデス 懺悔 )んだから、
いままでなにも音楽経験のなかった方だったら戸惑ってしまうところもあるでしょうねー
とくに、いきなり難しいテクニックが出てくるとメタメタになったりとか。
なにしろ曲ばかりだから・・(汗)
当然、作曲者は学習者のことを考えて曲をつくっているワケではないですもんねi-229
  • 2009-02-26 10:27
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

実際、エチュードばっかりやってた方が気は楽(あくまで気。弾くのが楽ってわけではないっす)だったり。
鈴木はなんか、四巻以降ツライです;
  • 2009-02-26 12:31
  • URL
  • i-hana #Tzwnz1rc
  • Edit

takuyaさんがいつも丁寧に解説してくれてるので、最近は読み逃げです(汗)
だいたい、takuyaさんの言う通りだし、、。

横レスですみません。
はじめましてのi-hanaさんへ
 鈴木の教室って、鈴木の曲本しか使わないってことないんじゃないんでしょうか?
多分先生によって、教え方も微妙に違うと思うし、、鈴木の先生の知り合いに会ったら聞いてみますけど、、違ったらすみません。
 私は、だいたい4巻以上の人はカイザーとサードポジションかもしくは音階の本を使ってるので、i-hanaさんの先生と似たカンジでしょうか?2、3巻の子たちはホーマンを使ってますよ。4巻以降、、教えるのも辛いです(笑)

フルフルさん、、はやくもヘンデル、、一年近くも(途中、違う曲だった)ヘンデルを弾いてるかわいそうな長女にもうすぐ追いつきますね。、、その頃の記事楽しみにしてます!
  • 2009-02-26 13:12
  • URL
  • ひっきー #-
  • Edit

バイオリンの先生が、並外れて忍耐強いのは理解してますよ。
仕事とはいえ、ド下手の騒音を聴き続けるのはさぞやお辛い事でせう(弾いてる本人だって嫌気がさすのに)。
それを思うといつも先生に向かって手を合わせたくなるわたくしです。
  • 2009-02-26 14:23
  • URL
  • i-hana #Tzwnz1rc
  • Edit

i-hanaさん

ふたつまとめ、ね(*^_^*)

4巻以降、ツライですかー?
曲、複雑になってきますもんね。
確かに、エチュードをやっていると気がラクですよね。
それをやっておけば、確実に力がつくと判っているから
やっていると、安心できますしねえ。

でも、それは上達ということを考えたとき、とてもいいことではないかな。
楽しく曲を弾き散らしたい、という気持ちばかりが強いと
なかなか落ち着いて地味な練習に取り組めなかったりするものだから ^^

ホント、ヴァイオリンの先生のお仕事って大変だなって思うわー
強烈な調子っぱずれ音程やらノコギリ音を聴かされ続けて、耐えているなんて
忍耐強くないと出来ないですよねー(^^;
  • 2009-02-26 16:41
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ひっきーさん

こんにちはー
いつも来て下さってるんですね、ありがとうございます♪
あ、読み逃げとか気にしないでね!v-392
私なんて、ひっきーさんとこ、とんとご無沙汰してますよv-12
ごめんなさーい、最近、ほとんどブログ巡回してなくって(汗)
かといって、練習充分ってワケでもない・・
気ばかり焦ってなにも出来てないっていう悪循環になりかけているワ(:_;)

「サードポジション他」私もやっている(いた?)はずなんだけど、
レッスン時間が足らなくってもうだいぶ見てもらってないですよぉi-201
鈴木の教室もやっぱり他の教本やるんですよねー 
そうね、曲だけだったら偏ってますもんね。

ヘンデル、、そうなんですよぉ。
「ラ.フォリア」は妥協されたんだろうなー(^▽^;)
長女ちゃん、3番なのですかー?(1年ってスゴい根気だわ~ 汗)
レッスン記事、書かれていたっけ?・・

こちらこそ、また練習の仕方とか、教えてくださいね。
  • 2009-02-26 17:10
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

もすこし

もう少し言葉を費しておくと(と言うか、自分の言っている/やっていることがどういうことなのか改めて少し考えたのですが)、一直線上を戻ろうとすると、ダウンの最後を響かせる動作と、元弓に戻ろうとする動作が真っ向から対立し合い、殺し合うことが分かるはずです。一直線で戻ろうとした場合には、どうしてもダウンの最後で弓圧が不意になくなることになりますね。音を出すのとはまったく反対の動作をすることになる。「お粗末」になるのはそのせいです。上で説明した方法では、そういう問題が起きないのです。

この手のダウン連続(たいていは重音)は、コンチェルトにはよく出てきます。ブルッフとか、ブラームスとか。チャイコフスキーは重音ではありませんが、フィナーレで Poco meno mosso になったあとの Tempo I が普通ダウン連続で演奏されますね。もちろんバッハの無伴奏でも、ダウンダウンの頻度は多くないですが、必要になってきます。スズキではラフォリアが初出だったんですね。
  • 2009-02-26 22:18
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

またまた、すごく丁寧に説明してもらって ^^
ありがとうございますー♪

>ダウンの最後を響かせる動作と、元弓に戻ろうとする動作が真っ向から対立し合い、殺し合うことが分かるはずです。

私も もう一度 自分のやっていたことを確認してきました。。
そうなんです、相反する動きに移ろうとした一瞬に、
間というか時間のロスが出て、その分を取り戻すために速く弓を戻そうと思うと、
ダウンの最後の音を響かせるために弓を浮かせる(というのかな?)時間が削られるようでした。
音を響かせるには、弓が離れていないと響かないのに離すヒマがなくなってしまう・・

>ダウンの最後で弓圧が不意になくなることになりますね。
はい、おっしゃっている通りのことになっていました。(^^;

コンチェルトなどの最後での重音を聴いたことはよくあったんですが
ああ、あれはダウン連続が多いのですねー(^^)

ええ、鈴木教本ではダウンの連続重音が出てくるのは「ラ.フォリア」が初めてなんですー。
ザイツの締めくくりでダウンの重音はありますけど、大抵、間に休符が入っているので
弓を戻す間は十分にあるし、休符ですから途切れて当然だったんですね~

今日、練習してみて、なにか判ったような気がしないでもないんですが。
でも、ただの思い込みかもしれないのを、ここに書いてしまうのもどうかなあ、って(^^;

うーんと、、 でも・・ちょっとだけ(笑)

もしかしたらこう?・・だったらいいなあ~?というカンジですね(^^)
なんというか、ハンドル(のようなもの)を左周りにまわすような感じに思ったんですよ。
それとか、綿菓子を作るときの動き?(すごく曖昧な言い方ですよね 汗)

でも実際、みて頂いているワケではないので
思いこみの可能性も大、なんですが・・・i-229

とりあえず、もう少しやってみますねー
何度も アドバイス頂いて、ありがとうございます(*^_^*)
  • 2009-02-27 00:25
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

> ハンドル(のようなもの)を左周りにまわすような感じに思ったんですよ。

ああそうですね。弓と弦の接触点を中心というか支点にして、右腕が左回りに回転する感じ、と言えばいいのかな。
綿菓子は…作ったことが無いので分かりません。(笑)
  • 2009-02-27 09:53
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

>弓と弦の接触点を中心というか支点にして、右腕が左回りに回転する感じ

じゃ、これでいいのかも?  あー、なんかウレシイー!(*^^*)

これで、もうすこし練習してみますね。
ああ、それに、弓を速く戻せたら 弦の上に置いてから次の重音を弾き出せるので
重音の発音が美しくなりますねえー♪

あとは・・
弓の動きが速いので、ダウンで下まで弾き切るとき、
最後、弓がすこし曲がっているのが、気になるのですよね。。

え? 綿菓子、作られませんかー?
私は子供の頃、よく作りましたよ^^
糸のようになって飛びまわっている?ところを、
くるくるっとうまいこと割り箸に巻き付けていくのが
すごく面白いんですよ~(*^^)
で、へたくそだったら、出来あがりの嵩が減っちゃうんですヨ~

・・takuyaさんがやられたら、ペッチャンコ、だったりして? ^^ 
 ( あ、ごめんなさーいi-236
  • 2009-02-27 11:11
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

「つぶやき」を読みに立ち寄っておりまするが・・・笑
Gigaってバッハのヴァイオリン無伴奏の???

と・こ・ろ・で。

マルコフ様のカプリスのDVD注文しましたっす☆
いつ届くかはわからんけど・・・

全然本文と関係ないコメ・・・

P.S.
コメント投稿欄の「URL」が「URI」になっておりまするぞ笑
  • 2009-02-27 14:58
  • URL
  • むらかみ☆ #coo0QYPI
  • Edit

むらかみ☆さん

え、むらさんも つぶやき読んでくれてるんですか。
なんか、くだらんこと書きにくくなるわあー
 ・・って言いながらも、書くけど(笑)

ああ、「Giga」ってのは 鈴木の5巻に出てるベラチーニの曲ですよ。
(バッハの「無伴奏」なんて、、まさかー (^▽^;) )

教本では、「Gigue」 って仏語になってるけど 読みは 「ジーガ」って書いてあるので
私は「Giga」ってイタリア語で書いてるんですけど。
それが大好きで、レッスン日記(たいしたこと書いてないけど)で
楽譜を全部載せちゃったりとかしたんですよー(^-^)
よかったら、みてくださいネ。
これ、
http://froufrou2525.blog101.fc2.com/blog-entry-350.html

おぉぉ~!? 
ついに むらさんも マルコフ様の虜になるときが来たのねーv-291
じゃ、マルコフ様 ファンクラブ 会員 No.2 ってことで(笑)
 もちろん、私がNo.1で 会長ですワ。
・・ああ、書いてて なんか虚しい。 もっとファンいないのかなーv-13

また、マルコフ記事、書こうかなあ。。

>コメント投稿欄の「URL」が「URI」
ああ、テンプレ作った人が間違えてるんですねー
当方、関知せず・・・ あっ?
バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!

直せたら、直しますデスe-330
  • 2009-02-27 16:32
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ハチャトゥリアンの

仮面舞踏会(ノクターンのことですよね?)の伴奏って弾きやすいんですかv-236
発表会ではコンチェルトも同じピアノの先生に伴奏していただきましたが、減七の連続で弾きにくそうでした。合わせでも先生が間違えることが度々あって、自分が間違えたかなって思いました。
どっちみち不協和音なので気づかない人がほとんどですが・・・。
  • 2009-02-27 17:30
  • URL
  • ハチャ #dEtdFcLc
  • Edit

> 弓を速く戻せたら 弦の上に置いてから次の重音を弾き出せるので
重音の発音が美しくなりますねえー♪

ああ、そうそう。弓元で、上から弓を弦に置く感じになりますから、当然弾き出し(「スタート」!笑)の発音も良くなりますね。
  • 2009-02-27 18:06
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

ハチャさん

あ、そうそう、仮面舞踏会の「ノクターン」のことです~v-290

・・ん? あれ、弾きやすくないんですかねー?(^^;

去年の春のオフ会のとき、
ハチャさんに楽譜をもらって その場ですぐに初見で合わせることが出来ましたよねえ?
それで、結構、簡単な曲かなと思ってたんですけどね。

私って、ああいう感じの楽譜が、得意なのかも~?

そうそう、不協和音って 間違えたって誰も気が付かないからいいですよね~ 
大好きだわあ(笑)
  • 2009-02-27 20:18
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

takuyaさん

そう、「スタート」(笑)がキレイ~v-353

それがまた、普通に弓を置くより、
ピタッと置けて いいカンジみたいなんですよぉー

とっても、気持ちいいですー(^ー^)ノ
  • 2009-02-27 20:33
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

マルコフ様のDVD届きましたぜよ♪
耳の具合が悪いんで演奏を隅から隅まで聴いてないケド汗
でも国際級のヴァイオリニストでも音程アヤシイ箇所が・・・
演奏会でのヴァイオリン演奏ってそういうモノなのかな?
24番にちょっと古めの映画風の映像に加工してたトコがあったけど
何か妙に印象に残ったなぁ。
ちょっと参考にしようなんて思ったりして♪

>じゃ、マルコフ様 ファンクラブ 会員 No.2 ってことで(笑)
えぇっ!いきなり強制的にファンクラブ入会っすか?(爆
まぁいいですよ、会員2号って事で(大笑

あ、ベラチーニのGigaですけど、
軽く弾いてみたけど、やっぱ自分は短調の方が合うかな。
影のあるオトコなので(違

ちなみに自分のヴァイオリンでの「マイ・ヒーロー」は
「レッド・バイオリン」て映画の「ポープ」ってヴァイオリニストかな?
あくまで映画の中の架空の人物だけど・・・
演奏会でオケをストップさせるシーンが秀逸笑

あ、URLが・・・笑
  • 2009-02-28 18:58
  • URL
  • むらかみ☆ #coo0QYPI
  • Edit

むらかみ☆さん

DVD、届きましたか~

あれ? なんか私の最初の時とテンションがチガウ?(^^;
テクニックより(いや、それも大事かもしれないけど)
表現がいいなあって思ったんですよー
最初から最後まで釘づけで、 ハート目i-233になりませんでした?i-179
(なるかあ!って?e-263

>24番にちょっと古めの映画風の映像に
左手ピチカート変奏のあとで、ゆっくりの変奏になるところかな?
画面がセピアっぽくなるんですよねー
でも、このDVD、余計な効果入れすぎって思うんですよね。
・・お姿が映らなくて影だけだったり
 映像がワケわからん物体?みたいに分離してたり(汗)

ファンクラブ ご入会おめでとうございますー♪
 (会員はマルコフ教、布教活動に努める規約がゴザイマスので 爆 )

Gigaは、結構、クラーい感じだと思ったんだけど。
私も短調好きなので。
むらさんには「影」が足りないかな(^^)

へえー 「レッドバイオリン」かー。
私は知らないので また憶えておいて見てみます~

URLは・・ 仕事キッチリ(笑)
  • 2009-02-28 21:56
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

上げ下げ

第13変奏の楽譜を改めて見ていて思ったんだけれど、3~4小節目は nnnvnv か nnvnvv のほうが合理的かもしれません。終わりから5小節目のffの付いている四分音符も v でもいいかも。
  • 2009-03-01 00:30
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

> nnnvnv か nnnvnv

はい、そうですね~
しょうがないなあ、 って思ってはいたんですけど
小節の最後が n だと、v に比べて、
どうしても「強拍」のようになってしまって難儀してました(^^;

あと、4小節目の最初の2分音符を、しっかりと弾くのも
v だと ちょっと難しい・・e-263
だから、takuyaさんの書かれた弓使いなら nnnvnv のほうが
私には都合がいいですねえ~
(でも「 n の3回連続」という罠があるi-201 )
まあ、どヘタをなんとかすべきなんだろうけど・・・v-409

>終わりから5小節目のffの付いている四分音符も v

あ、そうなんでしょうねー^^

三重音でのアップボウ、というのは5巻のはじめのガヴォットが初出でした。
(バッハ 無伴奏チェロ組曲からの編曲の)
そのときはたった1か所だけ出ていて、それ以来、出て来ないんですけど。

ただ、それが・・ヘタクソには 難しいんですよねー
情けない音しか出ない(;_; 
あのガヴォットは優雅な曲だからちょうどよかったけれど。
ff の三重音を v 、
出来ればいいんですけど、いまの自分では おそらく・・へなちょこ音になりそうですネv-13
v でしっかり弾くのが(n に比べて)難しいところに、
弓の動きと逆の方向で(低音弦から、それも重音)
難易度が高く思えるんですヨ。

はやく 自分の技術に合わせる「ご都合ボウイング」から脱したいものですが・・(-_-;)
  • 2009-03-01 11:58
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ん?天の声?

おひとつ知恵を授けてしんぜよう笑

googleにね、検索窓に・・・
「 弓 site:froufrou2525.blog101.fc2.com/ 」
て入れると・・・

「http://」を取るのがミソかなぁ???

通りすがりより笑
  • 2009-03-01 21:28
  • URL
  • むらかみ☆ #coo0QYPI
  • Edit

> 小節の最後が n だと、v に比べて、
> どうしても「強拍」のようになってしまって難儀してました(^^;

その場合はアウフタクトのダウンを息を吸いながら弾くとうまくいくかもしれません。で、次の1拍目で息を吐く。

> あと、4小節目の最初の2分音符を、しっかりと弾くのも
> v だと ちょっと難しい・・

これは
・まずその前の付点四分で弓先近くまで行っておくこと
・以前どこかに書いたような方法でアップの頭(「スタート」)を付けること
あたりが注意点でしょうか。

> 三重音でのアップボウ

これはまあ確かに、まずダウンでの感触が掴めてきてから、かもしれませんね。
  • 2009-03-01 22:09
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

むらかみ☆さん

通りすがりさん、教えて下さって どうもありがとうデース(#^_^#)
自分のブログを こうやってググるなんて思ってもなかったです~
つぶやきにでも、書いてみるもんだわー(笑)

しかし、試したところ、
私、「弓」って書きすぎ~
あまりにありすぎて、簡単には 見つかりそうにないです。i-240
  • 2009-03-01 23:51
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

takuyaさん

>その場合はアウフタクトのダウンを息を吸いながら弾くとうまくいくかもしれません。で、次の1拍目で息を吐く。

呼吸法、再び!ですねー(^^ゞ
しかも、今度は逆にダウンで息を吸う。
実は、アレ(って何?とか・・まあそれはv-356) 以来、
あまり呼吸法を意識したことはなかったんですね。
やっぱりダウンでもアップでも、吸ったり吐いたり自在に
出来ないといけないですよねー(^^;
後ほど、やってみます。
(呼吸法、ちょっと苦手意識があるんですヨ)

>・まずその前の付点四分で弓先近くまで行っておくこと
 ・以前どこかに書いたような方法でアップの頭(「スタート」)を付けること

弓を沢山使えるようにしておくんですね。
「どこかに書いた」ってー(笑) ええ、「アレ」ですねえ ^^

って、「アレ」ばっかりで、なに言ってんだーってカンジですけど(爆)

三重音のアップは、もっと練習しなくちゃいけません~(>< )

またまた色々、教えてくださってありがとうございます♪
  • 2009-03-02 00:09
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。