スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音程のれんしゅう

ええっと、 
今日の記事を 「音程のれんしゅう」 と言い切ってしまうのも どうか、と
思うんですが・・  他に、なんとも言えないし?
やっぱり音程の為の練習であることは違いないから、まあ いいか。z


昨日やっていた練習のはなし。


目下、鈴木教本6巻のヘンデルのヴァイオリンソナタ3番を 練習しているのですが
この練習に至ったきっかけは こういうところ。

ヘンデル3-3の同音


もちろん、この部分に限ったことでは ないのだけれど
ここで赤丸をつけた 『同じ音』 の場所違い(というのかな)。

弾いていて、こういうのは へたっぴにとっては とっても恐ろしいところなのです。絵文字名を入力してください

モチロン、ごく初歩の段階から、
開放弦と指押さえの同音でも ビビってきたけれど。
まあ、ファーストポジションは慣れもあって、ナントカ(?)なってきたような
気がしないでもない。
でも、この2nd と3rdのは・・・吹き出し

この同音は ちょっと指を伸ばせば届く範囲ではあるけど
恐ろしいことに変わりはない~(-o-;

で、こういう同音の練習をやってみよう、、と。
そのついでに「高さ違い」の同音、つまりオクターブの練習も合わせてやると
訓練になってよいのでは、と思い
2ndポジションのオクターブのラインに 黄色
3rdポジションの同音のあるところに ピンク のテープを貼ってみた。
 (やってたところが譜例のように 2ポジなので それに準じてテープを貼ってます。)

その上、あえてやる必要もないのに(?)
こういう画像加工までやってしまった吹き出し

 ・・はあー 無意識に 行き詰った練習から逃避したい願望かしら?


同音の表1

 無駄に 時間かかってるっていうの、判りますよねえ~汗


こうしてテープを 貼ったら その間隔がどれくらいあるか
測ってみたくなるのが人情っていうものです。 

ってことで・・
(ああ、ますます無駄なことを 

オクターブはほぼ7センチ、同音は ほぼ9センチほどだった。
 正確じゃないと思うので つっこんじゃだめです~!(>< )

どれくらいの幅?



結局のところ、まとめるとこういうこと。

同音の表2 まとめ


こうやって 同音と オクターブと 音を聴きながら 音程を正確にとる練習をする、と・・

これ、耳を鍛えるには 有効なのかなあー
(分かりやすくするため、テープを貼ってはいるけど
 テープを剥がしても出来るようにするのはもちろんです。)


ってことで、
私の練習の記録、ということで アップしてみました~jumee☆henoheno4


ちなみに、これ予約投稿デス。
この記事がアップされている頃、私は、、
レッスンで泣きをみている予定・・・  間違いないですっパンダ汗


うわあああん~!!! こんな記事を書いててサボったからあーー (>< )


コメント

NO TITLE

題名は、ビビンって来ます。
オクターブは、時々弾くけど、同音って練習したこと無いです。
ポジション移動が入るから、移動の良い練習になるかもしれませんね。

ソファソとかドシドって移動すると1と3で練習になるかも・・・
  • 2009-03-26 22:22
  • URL
  • くまあ #-
  • Edit

くまあさん

あ、題名 よかったですか(^^)
ひねりのないタイトルだなあ、って イマイチかなと思っていたのですが。

私もオクターブの練習はしていたのですけど
こういうポジ移動を伴う同音というのは、今回、初めて意識しました。
曲のなかで出てきていて、音程がズレるとダメだなーって(^^;)

ほんの少し指を伸ばせば届く範囲のポジション移動なので
あまり移動と考えずに、感覚で覚えるのかな?と思うんですけど
どうなんでしょう~

そうですね、 1と3でも出来そう。
いろんな練習方法、あるものですよね~
工夫して方法を見つる・・・というのも楽しいものですねv-410

(尤も、ときどき ポイントをハズした練習、してそうだけど・・ 汗)
  • 2009-03-26 23:04
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

そういえばうちの先生が、1⇔3ポジの移動より、2⇔3ポジの移動の方が難しいって言ってました。
まさにその難しい移動ですね。
僕は開放弦と4の指の音程もままならないので、こんなのいつになったら出来るのやら・・・。

話は変わりますが、フルフルさんって指板にシール貼っても、すぐにはがしているんですか?
よくシール貼る記事を書いてらっしゃいますけど、はがしたって記事は書いてないですよね?
  • 2009-03-26 23:10
  • URL
  • che #-
  • Edit

cheさん

>2⇔3ポジの移動の方が難しい

えー、そうなんですか~
そう言われてみれば、そうかもしれないけど
1⇔3ポジはたくさん出てくるので慣れただけかと思ってました(笑)

これは 4の指を伸ばせば とどきますよー 私の小さな手でもv-392
・・でも、やっぱり律儀に 移動っぽくやらなきゃいけないのかしらん。

なーにをおっしゃる、
cheさんだったら、すぐにこれくらいまで進まれそうですよ(^O^)

えっ シールの剥がしの記事ですかあ?

普段はシールは貼っていなくて、練習で必要なときに貼るだけだから、
極度に貼っている時間が短いんですよ。
曲ごとに覚えたいポジ移動の音程が違ったりしたら
張り替えて、練習したりするし。。

だから貼っても平均 滞指板時間?って、30分~1時間くらいかも、ですね ^^
(1曲だけやってるときは、1~2日そのままのときもあるけど)
記事を書いてもいいけど、
「はがしました 記事」たーくさんになっちゃいます~

  • 2009-03-27 00:09
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ここって!

こっちの記事、読んでなかったー><
おお、3楽章ではア~リマセンカ!

ここって、私はポジション上がるんだと思ってた。
つまり、A線で弾くの。
音色を変えないためにE線を避けるために、ポジションを上げるんじゃないかなぁ?って思ったんだ。

最初は、2ポジになるのかな?って思ったけど、6ポジかな?って^^;
弦の指定も書いて欲しいかも。解釈1つじゃないからネ~

そこで、後半(3楽章の最後の3段)の指はどうなってるかなぁ?って見たけど、指番号無いね(苦笑)
気持ち的にはA線で弾きたいけど、腕前的にはE線を使いたい、そんな感じ^^;

じゃ、フルフルさんも、小野アンナ教本の8度のスケール、いっときましょう!(爆)
  • 2009-03-30 23:20
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

ともさん

ここのところ、
はじめ私も 6th かなって思ってそれでもやってみたんだけど
2ポジだと、聞いたので。

いろいろ見てても、あまり音色を変えないように、とかは考えてないみたいねえ。

後半は、3ポジのままでE線を使うのだと思うのね。
(っていうかレッスンで そう弾いている)。
指、書いてないときはそのまま、だということらしい・・?

小野アンナは見たことないケド、オクターブのスケールって、やってみたいわあ(^^)
為になりそう~  でもきっと、難しいんだろうね。
重音教本でそれに近いことは出てくるんだけど。
  • 2009-03-31 08:13
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

surAで弾いた私が通りますよ。

気が付かなかった;
つか何の疑問も抱かなかった;
セカンドでも良いんすね。そうなんだ;
  • 2009-03-31 10:25
  • URL
  • i-hana #Tzwnz1rc
  • Edit

i-hanaさん

i-hanaさんは、 surA だったのねー
先生は何もおっしゃいませんでした?
あ、先生がそう指示されたのかな・・?

ポジ移動は なにを使えばベスト、というのはどうやって見分けるのか・・・
またその方法を選択する根拠ってのが、あるのかなあ~?
知りたいですね。

私も最初に弾いてみたときは、6ポジなのかなとも思ったのですけど。
6巻の最初にポジションエチュードの6ポジ、7ポジの練習も載っているしね~^^
(あとのほうの曲で 6、7ポジ、出てくるのかなー?)
  • 2009-03-31 13:02
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

なんとなくですけど。

1.同じフレーズ内ではなるべく同じ弦(流れが切れないように)。
2.開放弦を避け、ビブラートをきかせる為のポジ移動もあり(聴かせどころなんかの場合)。
3.しかしながら、「弾きやすさ」も考慮した場合、その考え方は固定ではない。

てのがうちの先生の考え方のようです。
手の大きさやら指の長さやらも人によって違いますし。

でもこういうのって人によって癖があるんかな、とも思います。
そして、その癖は師匠に似てくるような。
ここをsurAで迷わなかったのはそのせいのような気がします。
何故かというに、去年、むやみやたらとハイポジを弾かねばならない曲を発表会で立て続けに弾いたからで。その時の先生の指使いの指示がこういう感じだったので。
  • 2009-03-31 15:54
  • URL
  • i-hana #Tzwnz1rc
  • Edit

i-hanaさん

同じフレーズ内・・ なんとなく判ります。
でも6ポジより、やっぱり(この場合)2ポジのほうが、やりやすそうではあるナi-227
あと、ビブラートやるようになれば
かなりポジション移動は影響受けそうですね、開放弦を避けるフィンガリングになると。

i-hanaさんの先生はハイポジを好んで使うタイプなのですか~
(先生によって、そういうタイプとかって、あるのかな)
発表会、大変だったでしょうねi-229
でもそれで、ハイポジに慣れられたんだったら
結果的には、よかったですよねー(^^;
  • 2009-03-31 23:08
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

今頃~^^;

8度のスケールのこと、書くの忘れてました~><

私は、C-durを1オクターブしかやってないっす。
先生も、それで充分だって言ってたし。
(最初はね、って意味だと思う^^;)

最初は3ポジで、G線とD線でオクターブをとる。
いきなり一緒には弾かず、それぞれ弾いてみてから、一緒に弾くって感じ。
次は1ポジに戻って、Dの開放とAの3の指。
次いで2ポジでE、3ポジでG
1ポジに戻って、Aの開放とEの3の指。
2ポジのCの重音で1オクターブ分^^;

これだけでも面白い(?)と思うわ~
D-durもやりやすそう。

では2週間後(予定)に来るね~v-344
  • 2009-04-11 02:31
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

ともさん

ああ、8度のスケールね^^
どういうやり方でやっているのかなって思っていました~
なるほど、
って、頭の中では なんだかうまく組み立てられないんだけど(汗)
楽器を持ってきて、改めてやってみるねー
面白そうー 重音練習は結構、好きだわv-290

もっとレッスン時間があれば、やってもらいたいなあって思うんだけど
ポジション移動の教本も出来なくなったくらいだからなあー(^^;
30分レッスンは、短すぎよねー

ああ、2週間後なのー? ホントにパソ、壊れているの?(笑)

では~ お気をつけていってらっしゃい~ヾ( ´ー`)ノ
  • 2009-04-13 01:23
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。