スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #78 コレッリ ラ.フォリア

今回の、レッスン日記にほとんど内容らしい内容ないですぅ~汗

この回で 「『ラ.フォリア』 を終わりましょう 」 と、
言われていたことが あったのと 読んでもらえば判るように
ちょっとしたアクシデントで とっても時間が短くなってしまったせいで・・ 

それで、2回分のレッスン日記をくっつけちゃおうかなあ、という考えが頭にあって
アップしないで 今週のレッスンが終わるまで置いていたんだけど、
まあ、やっぱり 1回分にしてしまおうかな・・・と。
なにしろ、いっつも やたらと ながぁーーいレッスン日記ばかりだから、
たまには こういうのもいいかも。ねこ腟究


それでは・・  レッスン ♯78、 3月6日の日記です~



実はこの日、私・・ とても調子(体調ね)が 悪かったーキューピー

レッスンに行く前に、いつものように練習していると、
ゴギゴギっとばかりに 首が痛くなってきて 。絵文字名を入力してください
ヴァイオリンがひっきりなしに滑り落ちてくるのを、顎で抑えつけているからか
次第に首が左向きに固定して・・。
あ゛ー、 イタタタたあ~イヤ

それに 前回の日記にも書いたように 「ラ.フォリア」に加えて、
ヘンデルの ソナタ3番の1、2楽章 までもが 課題になっていたので
もう、いつになく 焦りまくり~ になって練習していて
ちょっぴりオーバーワークになっていたのかも。
(いや、自分の余裕のなさが イケナイんですけどね 汗)


「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集6】

●コレッリ 「ラ.フォリア」

レッスンの前にも、「首が痛いんですよぉー」と言いつつ、軽く首を回してから
「ラ.フォリア」を弾きだすと・・・ 
な、なんと 今度は 足が つってきた~~!がーん2
 
しばらくは そのまま弾き続けていたのだけれど、
どうにも痛くて曲に注意が向けられなくなって、思わず弾くのをやめて
しゃがみ込む。 
今回、右の足の甲のあたりが反りかえってくるような つり方で、キツイ~
いつもはたいてい、足指なんだけど。
 手や足がつりやすい体質で、こういうことは時たまあるのです。

先生も、驚かれて 「座って弾いてください」って言われたんだけど         
あまりそういうことは関係なくて、いや、かえって座るとダメかも?
立ったまま、つっているところをグッと力を入れて逆方向に向かって
押し付けることによって それ以上の進行?をくい止めているのだもの。

それで、しばらく 靴を脱いで足をマッサージしたりしてから
痛む足をヘンな形に 地面に押しつけながら ヨロヨロと「ラ.フォリア」を弾きだす。
ホントは まともにヴァイオリンを弾ける状態ではないのかもしれないけど
レッスン中で、そうも言ってられないし・・・

そういう状態での、演奏の内容は さほどよくない(と思う)ながらも
ひと通り弾いて合格に。

注意されたのは、最後の変奏の重音の弾き方。

最後の重音

このひとつめの 四重音が長くなってしまっていた。
なんだか ここ長く弾きたくなるんですよねー 
(いっそ 3拍の音符にしてほしいくらい 苦笑い
水色の線のところで、ちゃんと区切りのカンジを出してから
次の rit.(リタルダンド おそく)を 十分にするのはいいのだけど
最後の「レ、レー」という音型の鋭さが なくなるようにしてしまってはいけない。
 ハイ、、結構、思い入れたっぷり ネバっこくやってました~

ダウン連続 重音 の途切れについては 練習の成果がでた?のかどうかは判らないけれど
何も言われず。
まあ、前回からなにも言われていなかったので、それで、 なんでしょうねー きっと。

  自分的には、まだまだ要練習かなと思ってます。。 (^^;


これだけ、というのも なんなので 「第3変奏」 の この日の弾き方。
(以前のと被るところもありそうだけど・・っていうか、前のおぼえてナイ 汗)

第3変奏



「ラ.フォリア」が終わった時点で 残り時間は あと5分ほどあって
先生は楽譜をめくって 「あ、ヘンデルも宿題だったのでした?」と言われた。
(私のボウイングの書き込みが ぎっしりなのを見て)

でも・・・ 
「時間がないから また来週にしましょう。」 と 。ぶるぶる


 ええ、ええ。 私も きっと そうなるんだろうなーって 思ってたんですよぉ涙

ここで、咄嗟に 、
直近のブログ記事 「 弓、ズレませんか? 」のことを思い浮かべたふるふるは・・
 (ああ、ブロガーの鑑かもしんない~ ・・ って、自分で言うナ!?)

「親指って弓毛に くっついた方がいいのですか?」グー という質問を。

で、 答えは 「 別にどっちでも」 でした(^^;


でも、懲りない私は、 さらに 畳みかけるように 自分で弓を持って示しながら
「こういう持ち方、どうですか?」「はい、いいですよ」  ・・は、はぁ(-_-;)

更に、
「こういう持ち方(親指が時計の針でいうと5から6の間にくる位置) と、
こういう持ち方(親指が時計の針でいうとほぼ7にくる位置)では どうでしょう?」

「あとの方が 弓毛に親指がくっつくけれど
 弓毛の角度が弦に対して鋭角になって・・・」
 

  アップロードファイル 画像を参考にしてくださいね
 
弓の持ち方、 二例

・・と先生に 実際にやってみせながら 質問したのでした。

「ドッチも ほとんどおんなじに見えますけどー?」 

えっ、そ、そお~?  そうなんかなあー かお
ん、確かに、ほんの1センチにも満たない違いだけど。

そして 以前にも 「 rough? 」 のエントリのときに言われていたのと同じこと、

弓毛の傾きをつかうときは、指先でころがすようにして角度を変えるのではないらしい。

指ではなくて手首の角度。」 (rough? より) を言われた。

先生は どうやら 、
「弓毛(または三日月)に親指の曲げた関節が触れていること」* については
  *「あがりを克服する」の内容について。
    気になられる方は 「 弓、ズレませんか? 」のコメント欄を ご参照くださいね。

あまり、気にしないでいいという考え方なんだわー

先生に質問をすると、何事についても
「いいですよぉ~」と言われることが多くって、
その度に 自分って細かいこと気にしすぎなのかな、と思えてくるんですよねー(^▽^;)

弓についても そう言われちゃうと ほどほどに、かなあ~ なんて。
まあ・・ あんまり 焦っても、ですもんねえ。


レッスンが終わって、
あー、今日は首は痛いし タイヘンでしたー(足のつりはおさまっていたので)と
いいながら 支度をしていると センセイは・・
「首が痛いのは 練習しなきゃ いいんですよぉー すぐ治ります」

  ・・ って
 あのぉ、 センセイ、そんなこと 言っちゃダメよ~ん@好き
  (な~んてことは さすがに言わなかったけど  笑 )


というわけで、今回は こういうレッスンでした。 
来週はヘンデルだけ、だなー、ちょっとはラクできるかしらん~♪

 などと甘いことを考えていたが・・ しかし・・・
   つづきは また次回のレッスン日記にて~ (^ー^)ノ


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

NO TITLE

あ、足つり仲間だv(←どういう仲間だ)
私もつい先日足つってエライ事になりました。
私の場合は練習後だったんですけども。
実は過去、レッスン中にもつりかけた事がございます。
もぞもぞ動いて変な感じだったろうなあと思いますが、先生には何も言われなかったっす(ヨカッタ)。
つりやすいと大変ですよね。
昔、客先で、あるシステムのシミュレータ(システム屋だったもんで)の使い方説明してたら、その途中で足つってどうにもならず、「済みません、ちょっと足つっちゃって」と言って、靴脱いでその場に座り込んだ事がございます。
お客さん達は「だ、大丈夫ですか;」と心配してくださいましたが、痛くて返事しているような余裕もなく;
アホ上司がなんか言ってフォローしてたようですが。

あ、なんか色々思い出してきた;
  • 2009-03-16 01:00
  • URL
  • i-hana #Tzwnz1rc
  • Edit

i-hanaさん

えー i-hanaさんも?
なにかと、体質似てますねー(笑)

つりやすいと大変ですよね、
寝ているときでさえも、つりにくいように意識して寝ないといけないし。
つるときって、ひどいとあっちもこっちもってなるんですよねv-393
先生には、カミングアウト?しておいたほうがいいかも? ^^
レッスン中につることってありそうだし、足指程度だったらなんとかなるけど
それ以外の部位だったら、私の今回のみたいに
最悪、中断してしゃがみ込んで・・ ってなってくるしv-12

i-hanaさんの「仕事中」っていうのも、かなり大変ですよねー
そうそう、傍から見ていると(足つり、知らない人だったら)ビックリするだろうなあ~

足がつったら、やっぱり ヴァイオリンは弾けないワ~v-409
  • 2009-03-16 07:37
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

お大事に!!

こんにちわ。

脚つるの、辛いというか、突然くるから、ギャー!!ってなりますよね(汗汗
私もつりやすくて・・・。
つると、その場に座り込みます。


首とかも、手を伸ばしてちょっと無理して取ろうとすると、「あ!痛い、痛い!」ってなります(涙


コレッリ終わったのですね。
おめでとうです♪

弓のつかみ、弓毛に親指がついてもつかなくてもいいんですね!

弓の持ち方もそうですが、腕の使いかたから考えると意外に、一度掴んだ形のまま動かないと思うのですが・・・。あ、余計なこと言ってすみません(T_T)



体調が万全になるまで無理なさらず、お大事に~(^^



  • 2009-03-16 13:59
  • URL
  • あんこ #-
  • Edit

あんこさん

こんばんは、です~(^^)

あら、あんこさんも 足がつったりされるんですかー
女性には多いのかしら?
そうなんですよねー いきなり、くるんですね~ 強烈な痛みが。i-238

>首とかも、手を伸ばしてちょっと無理して取ろうとすると、「あ!痛い、痛い!」ってなります(涙
うわ、首もつる~? 私は首は、いまのところ 覚えがないですよ。
とっても痛そうですねえ(涙)

あ、ハイ、「ラ.フォリア」 なんとか 終わりましたー 
ありがとうございマスv-290
(でも・・きっと、見切り、終了ですよぉ 汗)

>弓のつかみ、弓毛に親指がついてもつかなくてもいいんですね!

うーん、どうなんでしょうね・・?  
うちの先生は、そういうお考えみたいですけれど。
先生によっても違うかもしれませんよねー(^^;

>弓の持ち方もそうですが、腕の使いかたから考えると意外に、
>一度掴んだ形のまま動かないと思うのですが・・・。

私の腕の使い方、悪いのかもしれませんよねーv-291
そうかも~ そういう可能性も、考えてやってみます。

>あ、余計なこと言ってすみません

いえいえ、 とんでもないです。
自分で気付かないことって、沢山あると思うので 
こうやってご意見をいただけましたら、とても参考になります~(*^^*)

>体調が万全になるまで無理なさらず、お大事に~

はい、もう大丈夫ぅ~v-222 お気づかいいただきまして、嬉しいです。 
ありがとうございます!

あんこさんも、お身体に、お気をつけくださいね~
  • 2009-03-16 19:43
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

レッスン中に足がつったら、そりゃ大変でしょうね。
僕はわき腹がつって(?)かなり痛くなった事ありますけど、言うのも恥ずかしかったので、最後まで隠し通しました。
首が痛くなったりと、フルフルさんは満身創痍で弾いてるんですね。

弓の持ち方、色々な方法があるって事は、やっぱり自分で試行錯誤するしかないんでしょか。
人によって手の大きさも、力も、その他いろいろ違いますからね。
でも、正解がないって、逆に不安になりますよね。
  • 2009-03-16 21:34
  • URL
  • che #-
  • Edit

良い音が鳴るなら

どんな持ち方でも構わない・・・ってのが私の先生のスタンスだと思います。もちろん、この先習う奏法に影響がない範囲でですが。

>「いいですよぉ~」と言われることが多くって
フルフルさんのどちらの持ち方も許容範囲内ってことでしょう。
私はいっとき右(弓毛につく)の持ち方してましたけど、今では左の持ち方になってます。いつの間にか気付かぬうちにです(親指の逆剥けが弓毛にあたって痛かったからかも?)
  • 2009-03-16 23:54
  • URL
  • ハチャ #dEtdFcLc
  • Edit

cheさん

レッスンのとき、足つったら、大変ですよー(^^;

えっ、cheさんは・・・ わき腹??
わき腹って どうやってつるんですかーv-12
うーん、想像つかないです(汗)

>首が痛くなったりと、フルフルさんは満身創痍で弾いてるんですね。

はいぃ~ そうなんですぅ 満身創痍ーv-406
いや、「ラ.フォリア」 に 体力的(技術的)にムリがあったのかも。

弓の持ち方は、以前の先生にも 自分で考えて・・・みたいなことを言われましたヨ。
でも 正直、初心者としては そう言われると 戸惑ってしまうんですよねえー
ホントに、すっごーく不安! 
一番の基本ですもんね、弓の持ち方って。
だから、なんと言われようと どうしても聞きたくなるんですよね~e-443

はやく、「コレ」というものをつかみたいです。
  • 2009-03-17 00:07
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ハチャさん

うーん、確かに。
「よい音が鳴るなら どんな持ち方でも」、それは真理ですねえー

でも 「よい音」・・・ 鳴ってないんですよ(泣)

このことに限らず、すこしでも よくなりたい!と思って
いろいろと やってみるんですけれど
なかなか、自分ひとりでは考えつくことにも、やれることにも限りがあるようで
つい悶々と、悩んでしまいがちなんですよね~(^^;

許容範囲っていうのも、判りますけど そういう曖昧なことではなく
もっとこう、という確信的なことが知りたいと思ってしまうんですよー
もう・・・なんというか
藁をも掴む心境、とでも いえるかもしれませんv-409

>親指の逆剥けが弓毛にあたって痛かったからかも?

あはは、ハチャさん、面白ーい。
そういうのも アリ なんですか(笑)
それでいい音が出るようになったのなら、いいなあー (^^)

よかったら、さ来週、お会いするときに
ちょっとばかり弓の持ち方、 見せてくださいね~!
  • 2009-03-17 00:24
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。