スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 重音の練習 4 * 3度への 道しるべ

 「 インディアン羽1 嘘つかない 」 ねこ

 ・・ってことで 重音練習の記事 の続き、です~笑


この練習をやっていて、写真を撮ったのは 2月7日。
あー、いつの間に こんなに時間が経ったのやらーd001


★まえの繰り返しになるけど、この日記はあくまでも
私のやった練習の記録 として書いています。
決して、練習方法の「推奨」じゃないので お間違えなきよう~

---------------------------------------------------------------------------

前回書いたEXERCISE のなかでも とくにこの重音。 DとFの 3度


(なんとか・・)ちゃんとした音が鳴るように つかんでいるときの写真。
肘をいれる

肘はかなり入っていて、楽器の横板に限りなく接近している感覚。
画像では すこし判りにくいけれど。

★ 3月23日追記: もっと肘が入れられるようになったので 修正版をアップしました。

  → * 重音の練習 4.5 * 道しるべ修正版



3度 正面図

弾きながら 見ると こういう風にみえる・・
なるべく目線に近いところにカメラを持って来て撮りました。
(いちおう、そのつもり。 なかなか苦労したんデス~苦笑

私がやっていて自分にとっての ポイントと感じたのは
小指を しっかり押さえること

1月19日の 「いまさらの・・ 鋸!?」では
ひどいノコギリ音に悩まされていた私だったけど
いま思うと あれは、
ある程度の圧力を持ってしっかり押さえないと
(ガチガチに力をいれるのとは違うけれど)
弦が浮き気味な状態では 音がへにゃっとなって それ自体で もう 既にノコギリ音
それをまた、弓でしっかり鳴らそうとするので 余計にノコギリ音になるという・・

いってみれば、 ノコギリ連鎖のこぎり が 発生 していた模様。 (私の場合)
  ・・試しに、弦から指を浮かせて弾いてみるとよく判ると思います。


次は この 1-3 から 2-4 の3度へ スムーズにいくための練習。

1-3 → 2-4


最初に このまえにも載せたような 指ならしから、
分散練習
2と4は 強い中指と弱い小指でバランスが悪いから押さえにくい。
なので このふたつの練習の、なかでも 2-4で始まる下の方がより練習になる。
更にすこしアレンジして 「レ・ファ・ド・ミの♭ 」という順で弾くのもやると、
もっといい。


それから この ドと ミの♭ の3度を押さえる。 C-Es の3度


次の レ-ファ 2-4 の3度に行くにあたっては ふたつに分解して練習。

4への練習

ドと ミの♭ の3度を押さえた状態のまま、 4指の「レ」の音を出して、
ちゃんと 取れていたら、 3 の指を離して、2の「ファ」を押さえて音を出す。
いずれも ちゃんと鳴っているか音程は正しいか、を確認する。
どちらの音も単音で キッチリと出来ているようだったら 重音として弾いてみて、
いい音で弾けているかを確認。

 → 当然ながら、音が悪かったらやり直し。


次の練習も同様に。

2への練習



確実に 2-4 が出来るようになったら、1-3 を続けるのは簡単になっている(と思う)。
ひとつずつ、音を確かめながら 1-3 に戻す。


  ※この練習方法は、 指を離す順番は違うけれど、takuyaさんが 某所で紹介されていた、 
   ザハール・ブロン 「エチュードの技法」 の内容と少々似ているかもしれません。
   私は本を見ていないので、よくは知らないのですけど。




押さえているところ、 小指側からみてみたもの。

押さえている途中1ややアップ

向こうがわの 2の指の押さえを見えやすくするために
あえて、3の指を 高くあげて撮っています。
小指、結構しっかりと押さえているのが判るでしょうか。

このようにして、左手の押さえの練習をする。


あと重音が うまくいかない原因は もうひとつ、
ふたつの弦を 同時に弾くのがうまくいっていない
 ・・ という 可能性も考えられるので 次にそのための練習も。



でも、これ以上長くなるのもなんなので(汗) ふたたび、このへんで 切ります。。 
あとちょっとだけなんですけどね~ 


つづきも お楽しみに~♪
いや、そんなには 楽しくないかも・・デス ねこ

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

親指

画像を見て思ったのは、フルフルさんの小さめの手であれば、G-D の特に三度の時、親指をもう少し水平に伸ばし気味にして(親指の先は渦巻き寄りを指します)、もう少しネックの下側に回した方がいいかもしれない、ということです。お試しくだされ。
  • 2009-03-19 22:37
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

思わず、上へスクロールして自分の手の画像を見てしまいました~(^^)

ああ、そうなのですか。

そういえばGigaの重音のときにも親指のことを言われていて、

 ・・ええと? 私も、もの忘れが・・・(‥;)

ああ、そうそう~
親指を引っ込めたほうが より垂直に上から弦を押さえやすくなるということ、
そして、それが私にはすごく有効だったのでしたi-235
それと同じようなことなのでしょうか。

はい、ありがとうございますー♪
 
明日にでも さっそく、試してみますネ(*^^*)
  • 2009-03-20 00:13
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

う~む。
これらのお写真。
撮るのに苦労の跡がしのばれます・・・笑

結構大変なんですよね。
2枚目の写真のアングルとかって・・・
  • 2009-03-20 04:45
  • URL
  • むらかみ☆ #coo0QYPI
  • Edit

むらかみ☆さん

そうそう~ そうなんですー!!
判ってもらえましたか。
もう、どんだけーーってカンジ(笑)

おデコにカメラのあとがクッキリだし、目が 寄り目になっちゃいますよぉ~e-451

やってるとこみられたら、変人としか思われないだろうな。。
  • 2009-03-20 12:38
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

写真はすべてフルフルさんが撮っているのですか?
特に一番初めのは、どうやって撮影したのかな
写真があるとわかりやすいですね
  • 2009-03-20 20:18
  • URL
  • そら #OpjOh/wQ
  • Edit

そらさん

はい、すべて自分で撮っているんですよ(^^)

自分の姿を撮っているのは、みんな、 三脚とタイマー使用です。
それでカメラの後ろに鏡を置いて、
液晶を鏡に映して角度とかの見当をつけてます。
でも液晶が、古ーいデジカメなんで小さいんですよねー(^^;
だから雰囲気と、カンで撮っているので 結構な枚数撮らないと
失敗写真も、多いんですよね;

判りやすい? ありがとうございます。
やっぱり、画像あったほうが 細かい部分まで 伝わりやすいですよねー
そう思って、なるべく 画像を入れるようにしているんですヨ♪
  • 2009-03-20 21:32
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

takuyaさん 親指のこと

親指の「お試し」(笑) してみましたら、本当に いいカンジでしたv-353

親指を伸ばしてみると、肘をより前に出すことが出来るようになって
腕(というか手首)の角度がわずかに変わりますね。

そうすると、腕の重みを使っての把弦がやりやすくなるので
(そのためには 当然、「脱力」が必要ではあるけれど)
よりしっかり押さえられるし 以前、お聞きしていたように、
指の角度がより垂直になることによっても しっかり押さえられる。
ふたつの利点がプラスされるように思えます(^_^)

それに・・ 親指を上にだしているときって、その為に
やっぱりムダに力が入っていたのかもしれない。
なんとなく、楽になったような気もするような(?)

これは、私が小さい手だからで。
大きい手の人だったら、これほど確りと、弦を掴めているということなんですよね~
なんだか、ずいぶん違うんだなあって・・驚きましたヨ。

もしかしたら、D-Gの重音に関わらず、
いろんなところでこのやり方って、使えるのかもしれない?
もうすこし、やってみて、また記事に追記しようカナと思ってます。

ありがとうございます~♪
  • 2009-03-20 23:27
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

> 親指を伸ばしてみると、肘をより前に出すことが出来るようになって
> 腕(というか手首)の角度がわずかに変わりますね。

ええ。あの親指の位置では、そもそも肘を入れようにも入れられないはずです。というより、肘を入れて行ったら自ずと親指も下がって行くはずなんです。

> これは、私が小さい手だからで。

「フルフルさんの小さめの手であれば」と書きましたが、実を言うと、上のコメントで書いたのは、このような場合の僕の手の形です。僕の手も決して大きくはないのですが、もっと大きな手の人であっても、程度の差こそあれ、これは当たり前の動きだと言っていいかと思います。あとは、必要に応じた親指の動きをなめらかにしていく練習が必要かもしれませんね。慣れの問題でもありますけれども。

> もしかしたら、D-Gの重音に関わらず、
> いろんなところでこのやり方って、使えるのかもしれない?

はい。そうだと思います。

移弦したり、ポジション移動したりしたときの左手親指の位置は、左肘の位置とともに、案外多くの人の盲点になっているのかもしれません。低い弦に行くときは、肘が右寄りに(体の中心に向かって)入ってきて、親指の位置はネックの下側に下がってくる。(低いポジションでは、逆にむしろ高弦で、肘が入りすぎている人が多いかもしれません。)この動きは、高いポジションに行く場合も同じで、ポジションが上がるほど、親指はネックの下に入っていき、肘は中に入ってきます。指板の下側を動く動きと、ポジション移動の手全体の動きが一緒になったときの親指の動きは、指板の上から見て、(描きはじめと描き終わりがネックにそって真っ直ぐな)S字を描いて左から右に動いて行くことになります。楽器のボディに手が当たってしまうようなハイポジションでは、親指は指板の右側に出てきて、指板の右側につっぱるような形で支えを作り、手のひら全体が楽器の上に出ることになります。

「画像があったほうが」というのもまったくその通りですね。問題点の発見という点でも。画像がなかったら、フルフルさんの問題に、僕は気づかなかった。

別の「教訓」も、ここにはあります。たとえば三度が問題だから、ということで 13,24の練習を一生懸命やっていて、それはもちろん有益に違いないにしても、実は根本的な問題は別のところにあるケースが少なくない、ということ。現象に直接かかわるように見えるところだけ注目していてもダメなことが多い、ということです。たとえば左指の音程が悪いのは、もしかしたら、指のせいではなくて、肩のせいかもしれない。いやな音しか出せないのは、人差し指の問題ではなくて、右肘の問題かもしれない。そういうことです。近視眼的になってはいけない、と言ったらいいでしょうか。(一方、人はだれでもなにか問題があったときにヒトのせい、楽器のせいにするのが好きなので、往々にして、弦のブランドを替えてみるとか、そんな話になるのですが、それは飛び過ぎで、もっと別なところにポイントを見つけに行った方がいい場合が多い。)

> もうすこし、やってみて、また記事に追記しようカナと思ってます。

それはぜひ。

ヒントをさしあげて、フルフルさんのようにきちんと受け止めて、すぐに、いろいろと考えながら、試してくださる方ばかりだと、コメントしてよかったなと思います。
  • 2009-03-21 01:41
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

NO TITLE

つぶやき見ました。
フルフルさんもジェットコースター苦手なんですね。
私もダメです。
速い乗り物は、苦手です。
腰が抜けちゃう(T_T)

コメ、重音とは関係なくてすみませんv-356
オフの件、メール送っときましたのでヨロシクです。
  • 2009-03-21 13:21
  • URL
  • チロル #-
  • Edit

takuyaさん

いろいろと 沢山書いて下さって ありがとうございます。
これは 重音の親指のことにとどまらず、
とてもいいことを 書いて下さっているなあ、と思って 何度も読みました。

親指のこと。。

はい、それまでも肘を懸命に入れているつもりだったのですけど、
そうでもなかったのですね。
親指を伸ばすと、グッと入れることが出来て いままでとはだいぶ違うようでした。
それにしても肘をいれることと、親指に関連性があるなんて
まるで思ってもいなかったことでした。

>程度の差こそあれ、これは当たり前の動きだと言っていいかと思います。あとは、必要に応じた親指の動きをなめらかにしていく練習が必要かもしれませんね。

その時々に必要とされることに対応した親指の動き、ということですね。
もっと沢山、練習して慣れるようにしないといけませんー(^^ゞ
しかし、この当たり前の動き、と 書かれていることを こうして教えていただかなかったとしたら
私が練習を通じて、そのことに気づくには どれだけの時間がかかることでしょう。
ものすごく遠廻りしてから・・ いや、もしかしたら永遠に気づくことが出来なかったかもしれないです。

>移弦したり、ポジション移動したりしたときの左手親指の位置は、左肘の位置とともに、案外多くの人の盲点になっているのかもしれません。  ・・・・

はい、だと思います。
少なくとも私は、このようなことを教えてもらったことが いままでにありません。
もちろん、何もかも(先生、他から)教えてもらおうというある意味 依存した姿勢でいることが正しいことだとは思ってはいません。
けれども、やはり「初学者」であるということで 自分の力(想像力)で出来ることは限られている訳で、
沢山の(適切な指導があったならば やらなくてもよい)試行錯誤、
間違った思い込みによる練習と、その結果として固定してしまう間違った(と一口に言ってしまってよいのか 私には判断できないですが)奏法、
そして後にそれに気づくことが出来たとしても、その修正に費やす多大な時間のことなど・・
それらについて考えるにつけ、こうして takuyaさんが書いて下さる事柄が
どれほど私(と、このコメントを目にして参考にしようと思われるすべての方々)の役にたつことでしょう、
このような貴重なコメントを頂けることに、いつも感謝しています。
ありがとうございます!

>ポジション移動の手全体の動きが一緒になったときの親指の動きは、指板の上から見て、(描きはじめと描き終わりがネックにそって真っ直ぐな)S字を描いて左から右に動いて行くことになります。

これが まだ私には はっきり判っていません(^^;
次第にハイポジに上がっていくときの動きのことなのでしょうか、
親指の位置がネックの下に 次第に潜り込んでいくということ・・?
(ポジション移動については、まだ考えながら やってみていないので、
 これは頭の中で考えた疑問です・・すみません。)

>親指は指板の右側に出てきて、指板の右側につっぱるような形で支えを作り、手のひら全体が楽器の上に出ることになります。

これからの、6~7ポジの参考になりそうです~(^^)
(例によって 特になにも言われていないので。 「やってください」としか・・ )

「教訓」、本当に おっしゃる通りだと思います。
先ほど書いた(いらない)試行錯誤と間違った思い込みというのは、間違いなく「教訓」に含まれそうな事柄ですよね。
「木を見て、森を見ず」ということなのでしょうけれど、目の前の困った問題に囚われているときというのは どうしてもそうなりがちなようです。
常に、自分のやっている(やろうとしている)ことが正しいことであるのか、
疑ってかかることが必要なのかもしれません。
(そうやっていてさえ 間違ってしまうことも 多そうではありますが e-263
行き詰ったら一旦、それを保留にしておき、
改めて視野を拡げて考え直す、ということをやってみると 往々にして、また違った解決への道筋が見つかるということも あり得るのでしょうね。

>ヒントをさしあげて、フルフルさんのようにきちんと受け止めて、すぐに、いろいろと考えながら、試してくださる方ばかりだと、コメントしてよかったなと思います。

いえ、それは当然のことですし、
takuyaさんが ポイントを「的確に」指摘して下さるからこそ、できることです。
頂いたアドバイスに従ってやってみて 自分の間違いに気付くことが出来たときの嬉しさ、
そして そこから どんどん、
「ああ、それなら こういうのはどうだろう?」と 可能性が更に広がっていく楽しさといったら!
本当に得難く 有難いこと、だと思っています(*^^*)
 
これからも どうぞよろしく ご指導お願い致しますね!
  • 2009-03-21 16:50
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

チロルさん

つぶやき、見てくださってありがとう~v-290

チロルさんも ジェットコースターとか苦手なんですか。
仲間だわ~( ^^)人(^^ )

思うんですけど、よくテレビとかで タレントが絶叫マシンに乗って
「キャーー!」なんて 大騒ぎしていますよね。
あれ、喜んでいるようにしか見えない(ーー;)
ホントに怖いと、声も出せずに気絶・・ですよねえー

私、時間の短いのしか乗ったことないけど、
時間が長かったら、気が遠くなってきて、バーとか握れないこと確実です(涙)
なにもつかまらないで乗って危なくない乗り物しか、乗れない。
・・というか つぶやきに書いた「遊園地の思い出」以後、
金輪際、乗るもんかと固く心に誓ったんですけど。 
え、大袈裟って?いえ・・  汗

オフ会のこと、メール頂いてありがとうございます。
こちらからお礼のお返事するべきなのに、まだしてなくて
こうして、気を使わせちゃってすみません!
もうあと2週間ですよね。 あー なんて時間の経つのは早いんでしょうねーe-330

あのぉー まだ「春の歌」やってないんですけど~?
や、難しくてえー  私はあぁぁぁ、 パ・・・・
バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ! 
  • 2009-03-21 17:43
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

NO TITLE

おぉ、重音のお話がいっぱい!!
構えてる写真もカッコいい!!
フルフルさんの写真を見習ってと思って自分で撮ってみると・・・・使える写真ない!!
尊敬です。

そして、重音の練習も参考になります。
3度は・・・・しばらくいいかな(笑)6度も先生変わってからすっかりご無沙汰です(汗)

4月のオフ会、フルフルさんも参加されるんですね。よろしくお願いしますね!

  • 2009-03-22 01:10
  • URL
  • くま #D1Iq.76s
  • Edit

くまさん

はい、重音オンパレードですよ(笑)
え? ・・カッコいい・・ ですか?
カッコいいなんて言われたの、初めてー (〃∇〃) てれっ

くまさんの お写真!? ぜひ、のせてくださいよー!
くまさんの体格だったら、フルサイズのヴァイオリンも 分数に見えるんでしょうねー
私が構えると、ヴィオラだけど・・(苦笑)

今度の先生、丁寧に教えて下さるみたいですね。
しかも・・・ カワイイ方みたいでv-389

あ、いまブログ見せてもらったら、なんかお悩み中!?^^
さて、くまさんは どういう選択をされるのかなあ~? (笑)

あと少しで、またまたお目にかかります♪
こちらこそ、どうぞよろしくお願いしますねv-222
  • 2009-03-22 11:37
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。