スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 重音の練習 5-3 * ある日のれんしゅう

ある日って・・ 「今日」 6月14日 のことなんですけどね~ えへかたつむり


昨日の重音練習の記事、
* 重音の練習 5-2 * メロディー重音 ~ ヘンデル ソナタ第1番 より
あっぷUPしたあとも、ひき続き ヘンデルソナタ1番 2楽章の練習。

コメントを 頂いたように
重音が押さえにくいのは、やっぱり親指の位置(肘)ということなのかなあ、 と思って
   ・・takuya さん、ありがとうございます~プレゼント
今日も練習しながら、その点に少し気をつけてやっていました。しっかり学習しましょう!


昨日の今日だから、そうたいして変わり映えもしないんだけど
また写真を撮ったので、記録のためにアップしておこうかなと思って。。


肘の入り方・・ 昨日と今日の画像


今日の画像で「まえの小節を弾いたところ」というのはやじるし↓

       重音へ至る経過の譜面

ここのメロディーになった重音を弾いているところ。
  → それから 次の画像で 和音の重音を弾いています。

重音を弾くときに、
意識的に親指をネックの下のほうに持ってきて
肘を入れているのは、横板に腕が被ってきているのをみると 分かりますよね。



指のほうは・・

指の押さえ

親指の位置の変化。 ネックの下のほうになっています。


3の指の押さえ

3の指の押さえ は、どうかなあ。
なんか、あまり 変わってナイような気もアセ

ま、まあ・・・ これから もうチョット練習して、ね~(^^;


でも、こうしてみて明らかに良くなったことが、 あったんですよねー
それは、予想もしてなかったことなのだけど、
肘を入れたほうが、次の重音が だいぶ押さえやすい絵文字名を入力してください

ふたつの重音

いままで、1の指をハズしがちだったのが そうハズさなくなったみたい??


重音って、指の形、手の大きさ・・etc. 個人の体格によるところも大きそうだけど、
ほんの ちょっとしたことで 押さえやすさはまったく変わってくるようで。
それだけに、いろんな工夫のし甲斐があるといえますね~ぬこ


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

参考になります!

鈴木教本って重音出てくるの遅いから、
とっても参考になります~!
でも、力を要れずに、幾つもの指で、しかもトンネル作って押さえるなんて、できるんだろうかー?
楽しみであり。。。
怖くもあり^^;。。。
  • 2009-06-15 12:42
  • URL
  • ゆい #BWyYLYpg
  • Edit

ゆいさん

そうですよねー
鈴木教本って、重音があまり出なくて
ザイツでやっと開放弦を使うトンネル重音中心に出たと思ったら(それ以外もあるけど)
次に出てくるのは、5巻のGiga にふたつ(これ結構、難しいのね 汗)
 ・・あ、他にも少々ならあるかな。
で、次は6巻の「ラ・フォリア」でいきなり本格的なの沢山ーe-330
って具合に、とにかく偏っているんですよ~(^^;

そのへんのボヤキをこめて、「重音練習」記事を書いてマス。
参考になるかはどうか・・ですけど、この嘆き、分かってもらえると嬉しいわあ~v-13
指をトンネルにして、他の弦を鳴らさないで、って難しいですよねー
いっつも苦労してます、重音の種類、無数にあるし~

やっぱり慣れなのかなあ?  はやく慣れたい。。(~_~;)
  • 2009-06-15 13:50
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

すごいなぁ・・・

ヴァイオリンされているんですねぇ。
ヴァイオリンの音色は耳すまの聖司君の未熟な音色で調整していくときの
音を聞いて惚れちゃいました。是非是非重音制覇してくださいね♪
  • 2009-06-16 14:21
  • URL
  • ナオ #5cRrIGvc
  • Edit

ナオさん

はじめましてー  ようこそいらっしゃいました。
ブログペットから来て下さったんですね?
お目にとめてくださって ありがとうございます♪

はーい、ヴァイオリン・・やっているなんて言えるほどのものではないんですけど(笑)
すこしばかり習っているんですヨ。

ナオさんは ヴァイオリンの音がお好きなんですね? 
私も大好きです^^

>是非是非重音制覇してくださいね♪

わあ、ウレシイ~  応援、ありがとうございますー!(^O^)
ハイ、頑張って練習しますね♪
  • 2009-06-16 16:41
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

No title

余計なことかも 知れませんが
もう少し指を上から舞い降りるように、第3関節がネックにギリになるように
そして、弦の真上から指が垂直に降ろせる構えにするとよいです、
肘を入れすぎなのも気になります。
私も体格に恵まれてませんので、いかに、音の立ち上がりを良くするかで苦労しました。
そこで見つけたのが、押さえねばならない弦の真上から、ハンマーの様に指を叩き落せる位置に、親指等をネックの真ん中、若しくはE線側に斜めに移動して、ポジションを固定できるようにしました。
生徒にもそのように教えてます。
慣れると、こんなに力で弾かなくて良いのね、指の動きが理解できるとのことです、
試してみてください。
そして、余計なお節介ついでですが、肘ひねりすぎです。
肘の関節、痛めます、手首も。
故障は、で出したら、あれよあれよと盛りだくさんに顔を出し始めます。
脇をしめて、胸に肘を押さえつける気持ちで、出来るだけ、捻らずに弾ける、
親指の位置を見つけてくださいますように
  • 2009-06-19 10:15
  • URL
  • まりん #bstFT5sg
  • Edit

まりんさん

まりんさん こんにちは。
ずいぶんご無沙汰しちゃってます。 お元気ですか?^^
レッスン日記見て下さって、ご丁寧にご指導まで頂きありがとうございます!

つまりは、
指は弦の真上から 垂直に押さえる。 (→ そうすることができる構えに)
ということが大事ということなんですね。

>親指等をネックの真ん中、若しくはE線側に斜めに移動して、ポジションを固定できるように

というのは、ネック裏にまわすということですか。

>脇をしめて、胸に肘を押さえつける気持ちで

はい、そういうカンジでやっているつもりなのですけれど。
(なにか違うのかなあ。。)
肘はそんなに捩じってはいないと思うんですけど、もう一度、確認してみますー

ところで これは14日 日曜日の時点での練習風景だったのですけど
あれからも、引き続き練習を続けていて、少しは進歩があったのかもしれなくて(?)
ブログにはまだ書いていませんが、
ポイントは (もしかしたら)瞬間に掴むことなのではないかなと。
練習したから指の形にずいぶん慣れて、だいぶ、自然につかめるようになって(自分なりに、とは思うんですけど (^^ゞ )
そして、はやくその形が作れるようになってきたら
力もそう入らず、肘の入れ具合もその瞬間に少しグッとするだけで
なんだかラクになってきたみたいなんですよね。
(まあ、こんなの思いこみだけかもしれないけれど 汗 )

いま、それほど、力は入っていないと思います。
でも、故障は怖いですよねー 充分に気をつけて練習します(^^;
お節介なんて、とんでもないです。
こうやってご指導いただけると、写真を載せてよかったナーと思えます。

どうも ありがとうございます♪
  • 2009-06-19 14:47
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。