スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #90~91-1 ヘンデル ソナタ第1番 1~2楽章

レッスン日記、どうしようかな、って考えていて遅くなりました。
 これホントぉ~(^^ゞ
どうしようか、というのは、レッスン記事をどのように書くか、なのだけど、
2回分をそれぞれ単独で書くには内容が少ないから、まとめるとしても
2楽章についてだけ、偏って書くことがたくさんあって。
全体でどのくらいの分量になるかが、見当もつかないので
とりあえず、書きはじめてみようと思います~。

ということで、 レッスン ♯90 、
6月18日(!?・・す、すっごい前だ~d)の日記をベースに
内容は、2回分のもので。




18日のときは、ヘンデルのソナタ1番が全楽章!という初の
(私にとっては)なかなかなプレッシャーあせがあったので、
またまた焦りながら、新曲3~4楽章と引き続き課題の1~2楽章を復習う。
とはいうものの、
やはり心配なのは(重音のある)2楽章なので、こちらを重点的に練習、
ブログに重音練習記事、三連発をしたのもこの週のことでした。

「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集7】

●ヘンデル ソナタ 1番 第1楽章

1楽章は、この前も書いたようにすこしイメージが掴みにくいところがあるようで
そのことが、弾き始めてすぐさまスッと曲の中に入っていきにくさにつながるような。
いきなり弾きだすと、とくにそういう傾向が顕著なので すこしばかり間をとって
頭の中に、音楽を思い浮かべるようにしてから・・


1楽章
 
これが、前半部分。
同じようなパターンで少々、変化のあるものが2回繰り返されるというシンプルなつくり。

1楽章、割と調子よく弾けたかも~ウッドストック

と、思ったら 先生はじっと なにも言わず佇んでいる・・

??? ・・あっ! 2楽章続けるのねー!?
ハタと思い当って、大慌てで2楽章を。

あー、気持ちが慌ててしまって すこし走ってるー?
ダメだー と思ったんだけど ついそのまま 最後まで。 ガク泣きうさぎ


●ヘンデル ソナタ 1番 第2楽章

2楽章は・・
前回のレッスン日記では、(重音以外のところで)
自分にとって、どういうところが難しいかをあげると沢山 ある、だなんて
書いてたのだけれど(そのときはあまり時間がなかったので 詳しく書けず)
今日は、すこし簡潔にまとめて 書いておこうと思います。
これはもっぱら 家で自分で練習していて、難しいと感じたこと。
  とくにレッスンで注意されたところ、というわけでもないのですが。。


やりにくいところは 大きく分けるとみっつ。


1 まずはこういう細かいところのボウイング、
 これが、このまえボウイングが問題と言ってたところ。

順方向のボウイング

ここは、D線 を ダウンボウ、 A線 を アップボウ、だから
(つまり 自分からみて上方にある弦をダウンで、下方にある弦をアップで)
弾きやすくはある。  「順方向」


でも、続く次の小節は・・

逆方向のボウイング


A線 を アップボウ、 E線 を ダウンボウ、だから
( 自分からみて上方にある弦をアップで、下方にある弦をダウンで)
とても弾きにくい。泣  「逆方向」

この曲は、このとき走ったこともあり、レッスン ♯90 では合格ではなく
レッスン ♯89~91の 3回に渡ってやることになって、
徐々にすこしマシにはなってきたのだけど・・ でも、やはり やりにくさは感じます。




つなぎの部分

この楽句は「つなぎ」の音型。
2の指に1の指が飛びうつる?ような、素早いポジション移動が要求されるところ。
連続して、 2ポジ →  3ポジ 、 3ポジ → 4ポジ と 目まぐるしい。
そのあとは、また逆方向の動きが。d

  関係ないケド、この色使い・・・ 桜餅みたい~ウインクさとと-ピンクハート


それとふたつめ。 


2 これも先ほどの音型についてなのだけど、特筆すべきは、

5度把弦

このあたりの細かい音の動きがすべて、1の指をつかった、
A線と E線 の2弦同時おさえ(5度把弦)によって 成されているところ。
(上の楽譜の部分を抜粋しました)。

これが、最初はとくに ものすごーーく!!弾きにくかった(涙)
いや、いまでも、まだ要領を得ない・・・かな。
5度を、とくに1の指で押さえるときって、
1の指の向きを考えると弦に対して斜めになっているから どうしても、
高い音のほうが 低くなりがち だと思うのですよね。
そうならないように、気をつけて 高音弦の方を厚めにおさえるようにしているんだけど。
だけど、細い1の指でふたつの弦を同時に押さえるのはキツい。
指自体をすこしななめに寝かさないと、弦の間にスッポリと嵌ってしまうのです
 これも、音程を狂わせる要因なのかも。


みっつめ。

3 これも・・ 結構、難しく思えること。d


音程の取り難いところ

画像に書いたように、1段目の最後の水色カッコのあたりから、
1の指は1音ずつ、ポジション移動をともなって降りて行く。
 ・・4th、3rd、2nd ポジションというように。

それなのに、もうひとつの対になった音が変わらないということは
指使いがひとつずつズレていく、ってことになる。
これが 思いのほか 難しい!
画像に四角で囲ったように、同じ音が違う指になっているんですね。
ひとつめでいえば、
4ポジ、1-2の「E、C」(ミ、ド) を 3ポジ、1-3の「D、C」(レ、ド)にするとき。
同時にふたつの指をパッと押さえ直すようにしているから(動きがはやいので)
余計に音程が狂いやすいのか・・
慎重に、注意を払いながらやらないといけない。

からし色で書いたメロディーラインも意識して出す。

・・・とくにやり難く思ったのは、このみっつでした。


それ以外の注意点。


違いをだす

上の楽譜の続き。
フォルティシモから1小節(上の譜例の最後の2ポジ)dim.(ディミヌエンド)して
 1小節だけなので音量的にはおそらくフォルテくらい?
ピアノで一度、小さくしたあとを、仕切りなおすかのようにハッキリと弾くところ。
・・なぜならば、音型的にかなり思い切った跳躍を伴うので。




違うところを指摘された。。

前回、茶色のところをハッキリといわれたので、そのつもりでいたら
今回はエンジ丸のアクセントをはっきりということだった。
ちょっと、慌ててしまった。汗


ああ、長い~
これでやっと、2楽章の(重音以外の)注意点 おしまい。。
では、ここで一旦アップしますね~

続きは、またあらためて・・・d


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

1番ゲットだぜ!(笑)

7巻は持ってないけど、CDで一番よく聴いてる曲だから分かる!
(だって1番から始まるCDなんだもん!笑)
1楽章、言われてみれば確かに捉えどころ無いかも。なんかのーっぺりした感じ?歌だったら息が足りない感じ?

移弦で弾きにくいところって、弓の角度を極力近づけて弾くしかないのかなぁ?
腕だけで角度変えると忙しくなっちゃうのかなぁ?これ、分かんない(じゃ書くな!)

指使いも弓順も、なーんてこめんどくさい!って思ったけど、意外と役に立つかも?って最近思ってるの。
なんか、良い意味で諦めがつくというか、吹っ切れるというか(笑)

同じ音だけど次には違う指に変えるのは違う曲でやったコトあるの
当時は1&3ポジLOVEv-238だったから『な、何でぇ~』って思ってたけど、今ではその方が弾きやすい^^

1番良い曲だよねぇ~♪ヘンデルのソナタ集、ヘソクリたまったら買おうかなぁ^^
バッハのVn協奏曲も売ってるかな^^

あ~、給付金、早く来ないかなぁ~(スゴイ落ち!)
  • 2009-07-06 10:57
  • URL
  • とも #61MtlvTc
  • Edit

ともさん

ヘンデルのソナタ、1番って有名なのかなー
この1楽章は、なんか最初っから憶えにくい曲だなっていう印象でした。
私は3番の1楽章が一番、好き~^^

移弦は、「エコ奏法」で乗り切るのがいいみたい。
そうはいっても、なかなかだけどねe-263
苦手なところがなくなるように、よく練習しなきゃいけないってことなんだろうけど。

同じ音で指をかえるのはある意味やりやすいのね。
指を開いて、いちいち手のフォームを変えて
同じ音を取るほうが感覚が混乱するから難しい。
でもパッと瞬間的に組み換えるので、音程は、狂いやすいみたい。
慎重にやらなくては、デスi-227

ヘンデルのソナタは、いいねー(^^)
鈴木教本でやらないのにもいい曲あるんだろうな。

バッハの協奏曲は、いま練習しているところなんだけど
「聴くぶんにはいい曲」ですよねー(苦笑)

オチをつけねば、と思うのは関西人の証よ(笑)
  • 2009-07-06 18:38
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。