スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #93~94 バッハ 協奏曲第1番 1~3楽章

レッスン 2回分をまとめて。

実は レッスン#93(7月16日)のときには、ちょっと調子が悪くて・・
暑いところを歩いていったからか目眩がして、押さえる弦を間違ったり
ボンヤリしてポジション移動を ど忘れしたり
散々だったのだけど・・がーん…



【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集7】

●バッハ 協奏曲 第1番 1楽章 


弓の配分


こういう箇所は、他にも出てくる。
ダウンボウのスタッカートを弾いて、後の16分音符3個がアップ。
ダウンの弓を多く使う(少々、頭にアクセントがついてもいいから・・)ということを言われました。


ポジション移動

G線での 1stから 3rd へのポジション移動って
案外、出てくることが少ない?かな。
なんとなく苦手です。



●バッハ 協奏曲 第1番 2楽章 


2楽章 最後のところ

これは、最後のところ。 
譜例の1段目の終わりから、いままでとまったく雰囲気の異なる少し強い音で、
直線的な主張のあるフレーズ。
陰っていたところに、明るい日が差してきたかのようで
いいな~、 こういう終わり方、好きだなーって 思いますウッドストック

 2楽章は レッスン #93 で終わりになりました。


レッスン #93 では 1~3楽章を弾いたので時間がなくなり、
最後の3楽章はざっと弾いただけに留まり、ほとんどレッスンできなかったので
次回  レッスン #94では 3楽章中心にすることに。



●バッハ 協奏曲 第1番 3楽章 

3楽章は、前のレッスン記事にも書いたとおり、
最初に弾いたときの印象・・ 難しい!なみだ

全体的に、曲想としては音楽にノリやすく弾きやすいほうだと思うのですけど
2か所ある、Soloでの アップボウとダウンボウを駆使して ひとつの音型を弾き、
それを連続させていくところが。汗
Wiki で 3楽章をみると このように書いてある・・

「ヴァイオリン演奏の見せ場もあり、
同音(ホ)を開放弦と別弦で弾きながら和声を変えていく。」



み、見せ場!MoEアイコン(ガーン)

・・・・ぜんぜん 見せ場になってない・・ というか、 ヘボすぎて
「できたら 見せたくない」場 なんだけどぉ(涙)

 (あとで、詳しく譜面、載せます)

レッスン #94 は、大半の時間をつかって 3楽章をやりました。


3楽章 はじめ

最初のところ。 8分の9拍子だから、3拍子系。
(「8分の・・・」 は 8分音符 3つがひとまとめになるので)
色を分けて書いたような、ふたつの要素を感じて弾く。



バッハの協奏曲の練習を始めてから、ボウイングテクニックという面で
容赦なくなってきたなあ~ と思うことが多い。あせ
こういうところも、そのひとつ。

ワンボウで弾くところ

左はA、D、G、D、A と頻繁に 移弦して、右はそれほどでもないけれど
ワンボウでなめらかに弾くのは、まだまだ自分には難しく思えます。あせ



音が錯綜

音型が錯綜し、いろんな要素が出てきて、ひとつの頂点を成している。
ここは大好きなところ。(弾くのは 大変ですけど)。


音が錯綜2


後半、上の譜例のモチーフを拡大、 さらに規模が大きく展開されていく。

ここもやはりボウイングテクニック的にちょっと難しめなところがあって。
4段目あたりの、長いタイをワンボウで伸ばすのは
慎重にやらないと 弓が足り苦しくなってくる。  絵文字名を入力してください



ところで、この前のエントリ 今日のシール 7/22 で
レッスン前日なのに 音程がものすごく不安だったところはこれでした。

Bach Concerto No.1 3楽章より

ここんとこは、練習の成果あってか?すこしマシに出来たのだけれど
そのとき練習していて、続きの部分で
とんでもない譜読みミスをしていたのを発見!



大きなミス!

2段め終わりから3段めはじめにかけての
ファのシャープがとれているところを すべてつけたままにしていた!!
3段目のはじめ、ドにシャープがついていることから
まえのシャープ系の調が続いているものと 思いこみで脳内変換して
譜読みしてしまってたみたい。
(譜面的に、調性がすこし曖昧な書かれ方をしているんですね 汗 )

3段め2小節めからは、調性がハッキリするので、自分勝手にナチュラルにしていたけれど。
無意識にやってしまう譜読みの間違い、またか・・というカンジ。
とにかく、そそっかしいんですよね~(涙)

この前、先生が怪訝そうな顔をして「臨時記号・・?」ってつぶやかれていたんでした。
いまになって、それが何故だったか理解できた。。。苦笑
今度はレッスン前夜に分かってよかったよ~

慌てて修正して、なんとか事なきを得ました(;´▽`A``


音型による弾き分け

これは、私自身すっかり見逃していて、指摘されて 「あっ!?」と思ったこと。

フレーズ的にはこのレッスン記事の一番上のと同じ、
ただし 丸で囲ったように部分的に ボウイングが変わっている。
それによって音符の記譜法 も変わっている・・
ここを、ちゃんとそれらしく弾き分けるようにと、指導されました。
私はなんにも考えていなくて、なめらかに弾き過ぎていたみたい。

そしてこのあたりは、「見せ場 その1」に向けての
ながーい経過的フレーズがあるところでもある。


ながーい経過的フレーズ

もうすこし前からみると、こういう譜面。


レッスン記事、あとすこしなんだけど
長くなってきたのでとりあえずここまででアップしますね~

続きは「見せ場」汗のところから手のひら


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

No title

避け場が逃げ場に見えますた;
一瞬、「へ????」と思いますた;

やっと発表会が終わったので、私もこの曲に取り組んでいます。
(やっぱりうちの先生、六巻終わったら曲の教本はひと段落、という考えのようです。「好きな曲持ってらっしゃい」との事でしたので、好きな曲持って行きました)
バイオリン弾かない頃から結構聴き込んでいた曲なので、なんとなく弓順に納得したり、納得できなかったり。クレーメルのフレーズ感が刷り込まれてしまっているようです;

そして教本のCDが遅くてびっくりしますた;
なんかむっちゃ重たいです;
  • 2009-07-29 17:28
  • URL
  • i-hana #Tzwnz1rc
  • Edit

i-hanaさん

え、「逃げ場」?
そういうのが ところどころあったらいいんですけどねえ~
避難場所みたいな(笑)

へえー i-hanaさんもこの曲なんですか!
(発表会、無事(?)終わってホッとしたでしょうね ^^ )

やっぱり、そちらの先生は6巻終わったら、曲になるのねー
鈴木教本、せっかくあるのだから その中から曲を選んだらいいですよね~v-410
>バイオリン弾かない頃から結構聴き込んでいた曲
すごーい、そんなに前から!v-291
たしかによく聴いた演奏が、頭にこびりついて・・ってことありますよね。
でも、私みたいに 曲を知らないから、
長調を短調にしてたりってことは少なくともなさそう(^^;

CD、遅いんですかー ビックリ!
いつでも常に速いと思っていたから・・・
でもクレーメル聴いていたんだったら、いまさら、ですよね~
って、出た! 付属CD嫌い(笑)
  • 2009-07-29 23:47
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。