スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #94 バッハ 協奏曲第1番 3楽章

レッスン ♯94の バッハ 協奏曲第1番 3楽章のつづき。

絵文字名を入力してください 例の「見せ場」というかボウイングのやり難いところ※ 

  ※おそらく「見せ場」というのは、
  ボウイングの難しいところの あとのほう(ふたつめ)を
  指しているのだと思われますが どちらも、やっていることは 似ている。


難所1


上の続きから、次の「見せ場」?へ。。
 なんとなく あたりまえに(^^; 重音がでてるナ~

全体(2番目 に向かうところ)


その2段目から抜粋。
テーマが戻ってきた1段目のあと、スタッカートがついて
かるく動きの出るフレーズをすこし挟む。

フレージング、軽くとか・・

そうしておいて、16分音符の下降フレーズ三連発から
流麗な(ちゃんと弾ければデス 汗)音型が続く後半へつなぐ。


上の続き。
フレージングに合わせたボウイング

これは初出なのだけれど、細かい音型での V アップボウの連続。
上の場合は、スラーとしては切れているからそう聴こえるように弾く。

1段目の終わりから、黄色の線で区切ったように、
ボウイングの変わり目が、うまくフレーズの切れ目を導きだしてくれて
弾いていて心地よいきらきら
(っていうかそういうもの?)
 この細かく切れているのが、また楽し♪

16分音符の速く長い連続したフレーズから、
いきなり最後の1音だけ3rdポジションをとらせて、
次のテクニック的な難所(自分程度のレベルのものにとっては)に続けるだなんて!!
なんとも、嬉しい限りですぅぅ~~号泣



では、「見せ場」ふたつめ。。(^^; すこし楽譜、かぶってます。
あとの難所


16分音符のはやい動きの中でのスラー。
音をキレイに(雑音などなく)正確に移弦するテクニックが求められる。
最初は、まったく弾けなくて・・・がーん…
それなりに練習をして、ようやく 慣れて弾けるようになってきたのでした。



上の楽譜の部分

上の楽譜の部分。
この3小節は同じ指使いで 1小節ごとにポジション移動して音がズレていく・・
かるーくスッと指を動かすように押さえてズラす。
4th→ 5th→ 6th
音程を正確にとるのは難しいケド 、弾いていてちょっと楽しいかも~
なんだか、ゲーム的で。。ぬこ

画像に半音ずつと書いてしまったけど、「半音」なのははじめのふたつ。
最後は「全音」です。 スミマセン~(^^ゞ



このふたつの部分を、まとめてみると(開放弦だと どうなるか)
こういうことをこういう指遣いでやっているのですね。
3rd ポジションから・・・

説明図

それぞれの音型を、アップ、またはダウンのスラーで。


このあとのほう、レッスン #93 で弾いたときは、
(時間がなかったながらも)すこしみてもらえて、
練習するときはまともな音型として弾かないで 開放弦のE以外を
重音として練習したり、一音ずつ音程を確かめてやるように言われました。


レッスン #94 では3楽章中心にやったあと、
もう一度1楽章を弾いてみてくださいと言われて弾いて、
まあまあ、弾けていたということなのか、とくにこれといった注意はなく、
これを以てバッハの協奏曲第1番 は 合格に。


次の週(7月30日)の課題は7巻の残り3曲、
バッハの「ジーグ」、「クーラント」 コレッリ「アレグロ」。
それぞれ1ページずつの短い曲。



でも書いてるいま、そのレッスンも もう終わってるわけで。
 まーたまた、レッスン日記を溜めてしまっているのよ~パンダ汗


早急に書きます、いや 書くつもり・・・ デス。(ホントぉ?)

 うーんと  たぶん?・・ ホント本当・汗

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

No title

確かに、ここはこの曲の「見せ場」ですよね。
CDでプロの演奏をきいているだけだとあまり意識はしませんが、譜面で見るとやっぱり難しそうですねぇ。
フルフルさんは、だいたいどのくらいのテンポで弾いてますか?
僕としては、ここは速目のテンポで華麗に弾きたいところですが・・・

>>でも書いてるいま、そのレッスンも もう終わってるわけで。
おお、もう8巻ですか?!
そのあたりになると、何が載っているのか知りませんが。
9・10巻が、1冊丸ごとモーツァルトのコンチェルトなので、僕は今からそれが楽しみですよ。
(鬼が笑い死にしそうですね)
  • 2009-08-02 22:46
  • URL
  • che #-
  • Edit

cheさん

んー、実は私、この曲あんまり聴いてなかったんですよー
なんかすごく有名みたいですよねえ、もぐりだわ(^^;
ヴァイオリンの曲、それほど聴いてないので知らないのばかり。
ドッペルもやったとき、初めて知ったしー(汗)

それでも取り組むときに、
ちょっとCD(あ、もちろんちゃんとした演奏家のネi-236 )
を聴いてみました。
テンポは、そう大きくはCDと違わないくらいを目指してます。
なるべく作曲家が求めているテンポに近づけたいという気持ちから。。
(きちんと弾けてるかは別として~ i-235 )
でも手の動きはともかくとして、正確な音程で、となると難しいです~
まあ、こういう曲はこれから先もずっと弾き続けるべき曲だから、
当面はこのくらいで、、ってカンジですかネ(^^;)

あは、ハイ、 いちおういまは8巻ですが・・・i-201
1曲めエックレスのソナタ、まだ思うように練習できてないーi-230

>9・10巻が、1冊丸ごとモーツァルトのコンチェルトなので、僕は今からそれが楽しみですよ。

おぉ、さすが!cheさんは 意欲的ですね。
私・・ なんかコワイ。 ふるふる、ぶるぶる~i-238i-19
モーツァルトは弾きたいけど、難しそうですよ、ねえー?(~_~;)
  • 2009-08-02 23:02
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

前後が分からないので

ハッキリしたことは言えないのですが、ふつうは
3ポジA線4G→1ポジA線3D
だと思うのですが・・・5ポジとかD線の指定あります?
(あっ、つぶやきへのコメントです)
  • 2009-08-03 13:55
  • URL
  • ハチャ #dEtdFcLc
  • Edit

う~ん、フルフルさんつぶやいてますねぇ。

>>ゆめゆめ忘れてはならぬぞよ。
偉そうな事言ってますね。
これは自分への戒めなんですよ。
ほんと、音程って大変ですよね。

僕もパガニーニやバルトークの無伴奏の楽譜持ってますよ。
もちろん観賞用です。
でも、ローデのカプリースは10年後くらいには弾けるかな、って希望を持ってます。
そうそう、パガニーニのカプリースは、意外と(?)いい曲も多いですよね。
重音部分を単音にしたりすれば、やって出来なくもないかな、なんて思ってます。
それは『出来る』とは言わない?
いやいや、いいんですよ。
  • 2009-08-03 14:29
  • URL
  • che #-
  • Edit

ハチャさん

見てもらってありがとうございます~。

>ふつうは
3ポジA線4G→1ポジA線3D

私もそう思ったんですけど、
楽譜ではどの弦で弾くかの指示はなくて・・

ソ(4) レ(3) ド(2) ♭シ(3) ラ ソ ってなっているんですよー

「レ」からファーストポジションを使うと「ド」まではいいんだけど
次の♭シを3の指と指定しているのがおかしなことになってしまうんですよね。

それで
3ポジA線4G → 5ポジD線、3D しかないのかな、と思ったんです。

ヘンかなーっていう気がしながらも 弾いているうちに慣れたのか
だいぶまともになってきました(^^;

ややこしいポジション移動って、ありますね。。
  • 2009-08-03 20:24
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

cheさん

あは、
>ゆめゆめ忘れてはならぬぞよ。
このセリフがいいんですよ(笑)
なにかヴァイオリンの神様に、いい聞かされているようで
有難き幸せ~、 みたいな気分になってきます(^^)

音程って、弾いているうちにテキトーでいいやん、とか
こんなもんでどーぉ?(‥;)とか ついつい思いがちなんですよね。
こうやって、厳しく自分を戒めるのって大切だと思いますヨ。

>僕もパガニーニやバルトークの無伴奏の楽譜持ってますよ。

ああ、 上には上が!・・・(^O^)

うーん、でもやっぱりcheさんは 前向きですね。
私はヴァイオリンを構えてみようという気もしない(汗)
いや、どんな形でも音にしてみようという意欲は 立派だと思うなあ~

ピアノで 小学校のときに買ったショパンのソナタの楽譜、
弾けたのは10年後だったんですよ(笑)
Never give up の精神は、捨てちゃいけませんよね♪
  • 2009-08-03 20:33
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

音の長さや

スラーなど詳しくは分かりませんが、位置移動の回数が同じなので
3ポジA線4G→1ポジA線3D→3ポジD線3Hes
で良いように思います。
  • 2009-08-04 13:35
  • URL
  • ハチャ #dEtdFcLc
  • Edit

ハチャさん

おっしゃるやり方でもいいと思うんですけど、

さっきあらためて楽譜を 見てみましたが ここのところは、書いたように、
ソ(4) レ(3) ド(2) ♭シ(3) ラ ソ  なので

ソからレは跳躍進行しているので、ポジ移動してもいいけれど
(というかその方が より相応しい音になりそうな・・)
続く レ(3) ド(2) ♭シ(3) ラ ソ は 音階構成音が順に並んでいる形になるので
なるべく移動は避けたほうがいいような気もするんですよー(^^ゞ

それから、ちょっと説明不足でしたが
ド(2) ♭シ(3) がスラーになっているので余計に。。

弾いているうちに、だいぶ弾けるようになってきたので
なんとかなりそうですし、
あとすこしでレッスンだから、また先生にも聞いてみますね。

何度も考えてもらってありがとうございます!
  • 2009-08-04 22:44
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。