スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #98-1 グレトリー タンブラン

さっさっ、サッサカサー!!!レトロなコントローラー2 
今日もレッスン日記、どんどん行きますっダッシュ

レッスン ♯98 は・・ 8月27日のレッスンですよぅー (-。-;)



「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集8】

●グレトリー  タンブラン

ところで 、ゴーマンかましてよかですか?

私は、、「タンブランが イヤなんだぁー!!」きっぱり


私がイヤかなーって思う曲って、鈴木3巻のマルティーニのガボット以来。
でも退屈極まりないマルティーニと違って、タンブランが嫌いなヒトって少数派だろうなあ~
なにが好きになれない理由なのか、と問われれば たぶん、
『いかにもタンブラン』な雰囲気だからなんでしょうね。
(よく分からない理由ですよねー汗03 )

でも、曲がイヤなので、練習はわりとよくやったかも
 なんでって? そりゃーまあ・・・ (ーー;)


タンブラン冒頭

「タンブラン」は フランス プロヴァンス地方の長胴を持った太鼓のような民俗楽器。
またはタンブランとガルベという小さな縦笛で奏される2拍子の舞曲。

この最初ところからして明らかなように 打楽器的アクセントをつけて
メリハリを持って奏する。



上の譜例に続くパターン

曲の作りとしては、割と単純。 おおざっぱには、A-B-A -コーダ のようなカンジ。
上は、その最初のAの中のふたつめの要素。
この16分音符、笛のようにも思えますよね~MH-icon笛

弾き方としては、パッと前の雰囲気と切り替えて、、
(楽器がチェンジしたように)


Bの部分の後半

B(←とりあえず便宜上)のところはイ長調に転調、その最後の部分。
はじめはこのように、半拍三連のつづく速い音型。
丸で囲んだ音の並びを意識するように。
フォルティシモ(ff)のところからは頂点の音が二度打ちで、強調される。

重音の前打音に続けて、フラジオレットのところは、
タイミングをはずすと 間があいて、とっても マヌケ~-  -
なにげにこの重音、5度把弦になっているしー(ふたつの弦の同時押さえ)。


コーダ

曲の最後は、Con fuoco(コン フォーコ 火のように)
それなり頑張ってたつもりだったけど、まだ足りなかったみたいで。
もっとアクセントをつけて、もっと音も強く と言われ・・・
はぁはぁ、はあぁ~≡3 

 ・・・ああ、しんど。 ORZ

f や、ff が出てくると 必死になって弾いて・・・体力的に大変~。
なにか、大きい音を鳴らすポイントというのがあるのかしら?
だとしても、
脱力とか基本的なことは あたりまえに出来てからの話なのでしょうけれど。。

もう息切れしそうでしたが、その甲斐あってか?合格。がっつぽーず


次はバッハですけど、 続けると長くなりそうなので 分けますね。
あとすこし、お待ちくださいませ~
ねこ

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。