スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリルの 弾き方 (ベラチーニ ソナタ 2楽章)

ヴァイオリンを始めて2年半ほど。
いままで、ずっと教本をやってきたなかでも
「 トリル」がどうも へたくそシクシク
練習しても なんだかイマイチ上手くなれないよなあ~と 、自分でも情けなく思っていた。

きっと 自分の手の動きって にぶいのね~顔

もっと速く、指が動くようになれたらなあ。
ヴァイオリン弾きの人ってすごく指が廻るのネ~

などと、羨ましく思いつつも なかば諦め気味だったのです。

その原因のひとつには 楽器のせいもあることを知ったのは駒を換えたとき。
ものすごく押さえにくかったのが、だいぶやりやすくなって
少しは進歩したことはしたんだけど、根本的には まだまだダメ・・・


ところが、、昨日、練習していて
あっ!? と 思いついたことがありました。

それは・・
ヴァイオリン のトリル って ピアノ のそれとまったく違う!

つまり、ピアノのトリルって指で 音を上から押さえるのが基本なのだけど
(ピアノを弾かれない方、キーボードをタイピングするところを思い浮かべてくださいね)
ヴァイオリンの場合は、かなり感覚が違う。

結果としては上から押さえるには違いないけれども どちらかというと、
弦のそばから瞬時に 指を置いたのを すぐ離す 感覚 に近いような、、、
もちろんヴァイオリンの 場合は
ひとつの指を押さえておいて、もう片方だけを 動かすのだけれど。




やっていたのは、沢山 トリルのある、
ベラチーニ コンツェルト ソナタ の 2楽章。
 Allegro con fuoco (アレグロ コン フォーコ 速く 火のように激しく)


Trill1

この場合は、最初のは 3指のA(ラ)を弾いたら そのまま押さえておいて
G(ソ)を素早く 2回鳴らす・・・わけですよね~
  ・・次のも同様に、C(ド)とD(レ)を動かす。


Trill2 連続
Trill1

ひとつめの奏法を書いてみました。
赤丸は押さえておく音。
小指を小刻みに動かして音を入れる。

テンポが「アレグロ」と 速いので、
実際には あとのように E(ミ)はひとつしか入らなさそうだけど
出来るものなら前のように音4つ入れたいところ・・
遅めテンポで練習するときには、これだけ入れられることを目標にするといいかも。
D(レ)は押さえになるので、指を動かして鳴らすのはE(ミ)。


Trill3 連続して同じ音
後半に出てくる、連続しての大量トリル。 
まあ、それでも同じ音型だから 比較的、やりやすい(?)

Trill3 連続して同じ音の奏法

これだけ、短前打音が書いてあるので A(ラ)からのトリル。
ちょっぴり Aにひっかけるようにやると いいかも・・・



チューリップ 2-3 のトリルをやっているときの写真
  『3の指を動かしているところ』
   いつもながらの ばよりん指(指先 まっくろ )すみませんー(>< )


ビフォー
Before

上から指を打ちおろすようにして、懸命に押さえようとしてたとき。
トリルが入りにくかった~ねこ



 After
After

手のひらを指板を覆うみたいにして、 力をぬいて
低い位置から 弦に触れてすぐ離す、反復させるように・・
このとき、押さえている2の指の重心を意識すると いい具合(?)
(私の場合)
感覚としては、少しぶるぶるとなるような感じでしょうか。

私はビブラートを習得していないんだけど もかしたら、すこし似ているのかなあ?
縦の動きのビブラート風? 
かなり、いい加減なこと言ってますぅーアセ


そうは云っても まだまだ、ちゃんと出来ているとはいえないトリルなのだけれど
こうやって練習しているうちに まえよりは 幾分かよくなってきたような気がします~

効果がハッキリ出たといえるまでは、もうちょっと集中して練習しなくっちゃ絵文字名を入力してください



ライン

ところで、このところ、ブログ更新が以前より滞っていて すみません~顔

いろいろと理由はあるのですが
(またいずれ書けたら書きますが・・)
なかでも一番大きいのは レッスンの課題が 最近、ちょっと厳しいからかなあー。
曲が(私にとっては)難しめになってきて、結構、練習に時間をとられて
それでブログを書く気持ちのゆとりがなかなか持てないし、
その時間があるなら、練習に回したいというのが 実際のところなんですね。

こんな内容でも 書くのには それなりに手間がかかってましてー(^^ゞ


とりあえず いまはレッスンの方に集中させてもらいたいので 当面は、こういうカンジで・・・
もちろん、余裕があるときには書きます♪

ということで、、、よろしくお願いします~メタルキング

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

トリル

弦楽器のトリルはね、下からのトリルでも上の指を一旦置いてから始めるといいんです。一瞬置いて、すぐ離してから、右手を動かすわけです。前に言ったっけ?
  • 2009-10-08 01:34
  • URL
  • takuya #suyTrGnM
  • Edit

takuyaさん

ええー!? 
いえ、聞いたことなかったですv-12 そうなんですかー。。

やっぱり文章だけでは ピンとこないので とりあえずあとで、やってみます。
 置くタイミングとか、うまくできるか わからないけれど・・・v-388


で・・・
やってみたんだけど、
うーん、なんだかよく分かってないというか
ちゃんとできてない?のかもですね(^^;;
(音型によって 上の音が出てきたあとだったりしたら指は押さえっぱなしですけど)
弓が・・・音ひとつぶん遅らせるんですよね? リズムは狂わせずに。
それができない(-_-;)

なにか違っているのかもしれないけれど。
まあ、もうすこし、考えてやってみますねー

いつも お世話になりまして~(^^)
ありがとうございます。
  • 2009-10-08 13:14
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。