スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #102~103 ベラチーニ コンチェルト ソナタ 2楽章

このところ、寒くなってきましたよね~アップロードファイル
ヴァイオリンを弾く指も かじかむし、
いまはまだそこまでいってないけど、顎当てがひーんやりするから
寒い季節はいやん、だわあーショック01
冷たいときは綿のスカーフを巻いてよだれかけのようにして
顎当てにあてるんですけどね~
(見栄え めちゃ悪っ 汗)



それでは、レッスンエントリ。 今日も粛々と 参りましょ、、
 ・・ひ、ひらき直っとる顔文字?(泣)

でも今回のエントリは、とっくに終わったことだというのもあるし
内容が個別にはそれほどないので、ちょっと変則的にそのとき習った曲でまとめます。
ということでこの回は、
レッスン2回分ひとまとめ~~

ええと、レッスン#102~103 は・・10月の1、8日のことねーぬこ
 (内容は、例によって、私の考えてたこと中心なのですけど)



「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集8】

●ベラチーニ  コンチェルト ソナタ 2楽章

この曲の難所はやっぱりトリルだと思うのだけれど
以前、 トリルの弾き方 というエントリで取り上げたから
それほど、追加で書くことはないかも?


まずは冒頭部分。

2楽章 冒頭

このように、16分音符メインで 掛け廻っているかのような曲調。
そのなかでテンポがゆるむところ、ポイントとなる音が現れるので意識して弾く。


同一音型の強弱1

連続する同一音型でも、強弱はかなり異なる。
・・・考えなしに、なんとなくやっていると見落としてしまいそう。



トリル

前述のエントリの最初に取り上げた部分。
そこでは書いていないのだけれど、弾く時に指をバタつかせずに
指板に引き寄せるようにするとなんだかやりやすいなあと思いました。
(私の場合)



弓の幅
こういうスタッカートのところ、
ちまちまと手先で弾きがちなので、弓の幅をしっかり使ってクッキリと。



重音連続

3度の重音が みっつ連続したあと、三和音(3つの音の重音)になる。
このアップを無意識にダウンボウにして、すべてダウンにしてしまっていた。
ここをアップにしている意味は、はじめのふたつを ひとまとまりと感じて、
水色で丸をしたあとのふたつをもうひとつのまとまりとするため、だと言われた。

それで、よくよく考えてみると そうか、ここは最後のふたつがともにドミナント(Ⅴ)。
(元のホ短調がロ短調に転調している模様)
こういうところは、ちょっとテンポを落とし気味に強調すべき・・
意識しないでやっていたけれど
ということで、ダウン連続はある意味、必然(かな?)
だからその直前は、アップで、ということなのでしょうね、きっと。
・・・私の勝手な推測のため、まったく違ってたら、すみませーん(^^ゞ



弓の幅2

ふたたび、弓幅を大きく、のところ。
上の同様の譜例と比べてみると、上がト長調(これも部分的に転調している)
こちらがロ短調になっているのが分かりやすいですねー
赤丸のところ、
いきなり下がるので音程がかなり怪しくなること多しアップロードファイル


トリル連続

これも前記事で書いた、トリルの大量連続のところ。
きちんと弾くのもさることながら、
トリルに注意が向いているとリズムが崩れてしまいやすい。
16分音符ふたつが、時々ヨレッとなっていたのを指摘されました~うへぇ~;
うん、ここは要注意です。。



弓遣いに注意する

ここ弾きにくーいな、と思う。 なぜか分からないけど・・
パッと切って、いきなりsf スフォルツァンド(急に強く)が苦手なのかな。
強い音では、しっかりと弓を大きく使いたいところ。
P のアップボウのフレーズでは弓を節約して弱い音にする。



最後のスタッカートと重音

ああ、こういう重音のアップボウって、去年のいま頃、初めて出てきて
ひとつだけだったけれど、苦手だったよなあ~としばし感慨にふける。
(鈴木5巻バッハ ガボット)
いや、いまだって得意ではないんですけどね。
そんなノンキなこと言っていられなくなってるだけえー(涙)
ここだって容赦なく8分音符の連続で、アップ=重音になってるじゃありませんかあ、
去年だったら ひとしきり泣いて、挫折してたことでしょう泣く01

それにまた、
5度でふたつの弦をひとつかみするのも もはやデフォルト。
苦手という記事を書いたのもちょっと前だった気がするのに、
この容赦のなさってスゴいアップロードファイル

思い起こせば、最初は 鈴木5巻のヴィヴァルディ の g moll 1楽章。
5度を掴んで弾くトリルがどうしても出来なくて、泣いたものでしたっけ。
あれは、ちょうど去年の今頃だったのよねえ。

思い出ついでに、プリントスクリーン、貼ってみますくま
(をいをい ものすごい脱線を・・ 汗)


なんてこった、の記事


久し振りに このあたりの 自分のレッスン記事を
読み直した感想は・・・・

泣き入りまくり、ヘタレまくり~~ぴかちゅ

正直、スミマセーン!!
これじゃ、かなり?ご心配かけてただろうなあ。
すんごい日記、書いてたんだなあって 自分でも思うわあー(^。^;)



さて、とんでもなく脱線してしまったけれど トリルに苦戦しながらも
どーにかこーにか?
ベラチーニの コンチェルトソナタ2楽章 は レッスン #102~103 で終わり。
(#103 のときは、 ベラチーニの3楽章も課題になっていましたが)

このあとのレッスンエントリも、曲中心でまとめていきますネ。
アップ、そんなに遅くならないようにしたい気持ちだけはあるんですけどね~
どうだか、ですがふきだし04
まあ、またアップしたら、見てやってくださーいウインク

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

ひーんやり、いやん

顎当てって「ひーんやり」「いやん」します?

自分はエレキギターを上半身裸で座って弾く時に
(今はあんまりやらないけど)
ギターがお腹に当たって「ひーんやり」「いやん」します(爆

しばらくすると体温で温まるのだけど・・・笑
  • 2009-11-05 15:28
  • URL
  • むらかみ☆ #coo0QYPI
  • Edit

むらかみ☆さん

むらさん・・? ぷっ! なにかと思えばー(^O^)

顎当てで、ひーんやり、いやん しますよぉ~
顎下に冷たいのはイヤ。
しばらく手で温めようかと思うくらいi-202
上半身裸で座ってギター、って。
そんなことしてたらお腹冷やしちゃうー(笑)

私のそれ以外での、ひんやり、いやんは・・
夏にノースリーブでいるとき、
冷蔵庫をあけて、両手でなんか取りだそうとしたら、
肩にドアが当たって ぞくーっと冷たーいんですよねえe-236
って、ヴァイオリンとはまったく無関係だけど(^◇^)
  • 2009-11-05 18:32
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。