スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン #104 ~105-1 ベラチーニ コンチェルト ソナタ 3楽章

今日は、レッスン ♯104、105 。(10月15、22日)

ベラチーニ コンチェルトソナタの3楽章は、前回レッスンでも弾いたのだけれど
そのときは、2楽章でほとんど時間を使ってしまい、
ほんの少しばかり音を出したのみだったので
レッスン ♯104 になってやっとまともに見てもらったのでしたーねこ

それにしても、だいぶ前だよなあ、
・・なぁんて書きながら思うわ~ あはっ、、(^^;




「レッスン」

【教材:鈴木ヴァイオリン指導曲集8】

●ベラチーニ  コンチェルト ソナタ 3楽章

3楽章は、2楽章のあとで ちょろっと弾いたときにも感じたのだけれど
なんとなく、(私にとっては)捉えどころがないような気がする曲。
これに続く4楽章もすこしそうかもしれない・・?
1~2楽章が(テクニック的にも音楽的にも)それなり気が張っていたので
そのあとで、やや気が抜けているのもあるかもしれません。

この楽章はメヌエット、ガボット(ともに舞曲の一種)が「atacca アタッカ」(続けて)で奏され、
次の4楽章 Giga (これも舞曲)もまたまた、atacca。
そういえば、考えたら これらみーんな舞曲でした。
舞曲はリズムに特徴があるから、それで曲の性格も決まってくるような。


はじめのところ。

3楽章 冒頭部分

特徴的な、後ろに付点音符がついた音型の連続。
ボウイングをみると、はじめのひとつがダウン、あとみっつがアップになっている。
とういうことは、考えナシに同じ弓使いで弾くと、元弓になりすぎるので
最初のダウンで、しっかり弓を多めに使っておく、とのこと。
affettuoso アフェッツォーソ (愛情をこめて)
弾き方も、ベタっとしないように舞曲らしく軽やかに。
(それが 難しいんですけどね あせ )


次の同じ音型

続いて同じことが、ppで。 ここではすべてアップボウ。
どうしてボウイングが違っているのか・・
弱音と、アクセントがなくなっていることと関係があるのかも。
フレージングスラーに注意! (ちゃんと 切って弾く)

この音型は、4つの同じリズムを続けっぱなしにしないで
1 + 3 にしているところが ポイントですね。


弓遣い

強弱の変化が激しい。cresc. molto なのでいきなり強くなる。
ピアニシモで小さく使っていた弓をフォルテで大きく。


ここも弓使い

アップボウの音符が多めになっていて、普通に弾いたら 弓は元弓に近づいていくけれど
ダウンボウのフォルテがくるので ちょうどいいかなlovecoBEAR09
8分休符でハッキリと 切る。


上の続き

一部被っているけど、上の続き。
はじめのところ、同じ音型なのに弓使いが違っている。
ボウイング指示の意図することを読みとり、そのように弾く・・
というか、そのように弾いてもらいたいから こういうボウイングになっているのかな。
いつもそこで求められている「表現」について、考えないといけないですね。

トリルのせいで、リズムが崩れやすい。
最後あたりの重音の音程、単純に動いてるかにみえて案外、弾きにくいのです~アップロードファイル
とくに最後、下のG(ソ)が離れているから・・ハズしてしまいそうになる。


そして atacca で、ガヴォットへ。

atacca で続く

色々なスタッカートがでてきて・・・難しいというか、しんどい~あちぃ…
先ほどのメヌエットが 3/4拍子 だったので
ついこれを 4/4拍子の感覚で4つにとって弾きそうになるけど、2分の2拍子らしく。


とばす

上の譜の2段目中央あたりにもある、スタッカートの連続するスラー。
「とばす」と言われて そのつもりでやっていたけど、
・・・うーん、うまく出来ているのかどうか(・_・;
のあとに、で連続スラーというのも さり気なく難しいですぅ



スタッカート連続はここも。

ここのところ、休符を挟んだ8分音符のフレーズふたつ。
ppのほうは、弓を使いながらスタッカートをするのだけれど、
ff は、ひとつずつ弓を置き直し 音を強調するように弾くように指導されました。


ガヴォットの最後

3楽章の最後も同じく。 重音はやっぱり5度アリねパンダ汗


ああー、もうだいぶ 記事が長い・・・
いつもレッスンエントリには楽譜を入れるから ながーくなってしまって。

4楽章も♯104、105 でやっていたのだけど 分けますね。もちb

Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

最後の「GEBE」の4重音ってちょっと押さえにくい?
気を付けないと「E線・開放E」が押弦した指にさわって発音不良とか?笑
自分、重音でのヴィブラートにちょい苦戦してます・・・
ま、慣れなのかな?

ちなみに・・・
ダウンボウの「 П 」
アップボウの「 ∨ 」
って、

ダウンはラテン語の「高貴」の「nobilis」の「n」
アップは同じくラテン語の「賤しい、値打ちの少ない」の「vilis」の「v」
との類似があるとかないとか何たらかんたら・・・
と、チェリストの鈴木秀美氏の「古楽器よ、さらば!」に書いてありましたそ。
まぁ単語の頭の符号は同じですけど・・・

同じく「強拍」を「ダウン」「弱拍」を「アップ」で
弾く事にも意味があるのだとかないのだとか・・・
でも天邪鬼のワタクシは「それじゃ逆を行ったろか!」て思ったりして?(爆
まぁ音楽の流れを優先させるケド・・・


と・こ・ろ・で・


弓を逆さまに持つって・・・まさか?笑
弓先をつまんで、フロッグが空中遊泳しているアレなのですか???笑


あと、「ボウイング」を「ボーイング」と書くと飛行機を連想してみたりして笑
  • 2009-11-12 16:12
  • URL
  • むらかみ☆ #coo0QYPI
  • Edit

むらかみ☆さん

こんばんは~

この重音ですか・・ 私は割と弾きやすいほうかも(^^ゞ
>「E線・開放E」が押弦した指にさわって
どうやったら触るのか、と思うくらい、
ふたつの弦を押さえるのでさえ、弦の間に指がスッポリはまるのでi-202
それより、この前の2楽章の最後ひとつまえとか、
1楽章の最後が、すごく弾きにくいですよー
重音の種類?の得手不得手って手の大きさによるんでしょうね~

ラテン語?・・そういうの知らなかった、そうなんですかー
じゃアップのほうが賤しいんだ。
>「強拍」を「ダウン」「弱拍」を「アップ」で
それは、単にやりやすいからだと思ってましたよー
意味があるの?へーえ~(^^)
まあ、どっちでも出来ないといけないんでしょうけどね。
曲でも重音のアップボウのをフォルテで、なんていう指示も出てくるし。
(苦手なんだけどー、 汗)

弓、まさか フロッグが空中なんてことはあり得ませんよー
そんなことしてたら、いくらなんでも弾けないし(^o^)
親指のあるべきところに、残りの3本?(だったかな)を入れていたんだと思う。
いい加減なことやってたときは、幸いそれほど弾いてなかったけどi-229

「ボウイング」は、私は昔、「ボーイング」ってブログで書いてたんですよ~
そのうち、なんかヘンだなあって思えてきて、やめましたけどねi-235
  • 2009-11-12 21:13
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

ごどのじゅうおん

>重音の種類?の得手不得手って手の大きさによるんでしょうね~
あ~これ。

自分は5度の重音は指を完全に寝かせて指の腹で押さえる事が割かし多いので・・・
(音形・vibの必要不必要による)
ていうか、フルフルさんとこの5度重音の押さえ方見て
「あ~なるほど」
って試したりYouTubeで演奏家のカプリス24番の曲終わりの部分の
5度の押さえ方見て研究したり。

で、今は「指寝かせ指腹押さえ」と「指立て気味指先側押さえ」
の二本立てで5度重音を押さえているとゆう笑

それら全部が全部フルフルさんとこの影響って訳ではないけど、
物事は色々な作用で変化していくのが不思議というか必然というか・・・ですね笑
  • 2009-11-13 20:18
  • URL
  • むらかみ☆ #coo0QYPI
  • Edit

むらかみ☆さん

5度の重音、
私はまだ、そこまで考えてやっていないですねー(‥;)
いまは弦から指が落ちないように、というので精いっぱいってカンジだから。。
もうすこし余裕が出てきたら、研究した方がよいのだろうけど。

状況によって、奏法が変わるというのは自然、ですよねー。
すこしでも(自分にとっての)やりやすい方法を模索する・・
曲は、奏者のことを考えて作られている訳ではないですもんね(^^)
  • 2009-11-14 10:02
  • URL
  • フルフル #2lSiax.U
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。