スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メトロノーム練習 について

この記事は、過日 私が「ふるふるの つぶやき」に載せたものです。

「メトロノームに合わせる練習」のことで
うまくいかないというお悩みを聞くことがしばしばあるので
メトロノームについての、私の考えをつぶやいてみました。

もうすこし 加筆 or 練り直しなど、しようかとも思ってもいたのですが
上のエントリに書いたように、いまは腕の状態が捗々しくなく 出来そうにないので
そのまま 載せるにとどめておきます。




メトロノームに合わないと悩まれている方へ。 
                               2009年12月 5日


合わないほうがまとも、ということもあり得ます。
悩む必要はないです。
メトロノームの使い方としては「基準のテンポ」を決めるためだけに使ってください。


練習方法は・・

メトロノームを鳴らして数秒間聴いて(弾かないで!)自分でその速さで打てるようにする。

→ワンフレーズを取り出して、そのテンポと合わせる(徹底的に)。

→できるようになったら、その感覚を頭で覚える。「覚える」のが大事!


メトロノームをかけっぱなしにするときは「弾かないで」刻みを覚える。
弾くと、テンポ感は絶対に身につかないし、音楽の内容がメタメタに( ̄□|||

慣れればテンポ100ならこのくらい、60なら..とだいたい分かるようになります。



一昨日、電子レンジに向かって ミルクを温めているとき ふと思いついて
デジタル表示が減っていく カウント感覚を、目を閉じて自分でも数えてみたら
目を開いたとき、ちゃんと思ったのと同じ数まで減っていた。

リズムの感覚とは こういうもの。


視覚的にカウントするのは、いい練習になるので
一度、ストップウォッチや、キッチンタイマーなどの、
デジタルの刻みにあわせて カウント出来るか試してみてください。

これを発展させると、
電子メトロノームを使って、いろんな速さをカウントする練習も有効でしょう。
(振り子になっているメトロノームで揺れにあわせて 視覚的にカウントすると さらによい)

音楽は まあるく揺れる振り子のようなもの。
可能であるならば、電子メトロノームだけでなく
アナログの振り子式のメトロノームも持たれるとよいと思います。


Theme:バイオリン
Janre:音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ(タブ)

**Page Selector**

♪読みたいページへ ひとっ跳び♪
1ページに 5記事 表示

TOTAL Pages

tree カテゴリー

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ヴァイオリン好きさん♪ブログ

*音楽が大好きな お友達の皆様です*

♪リンクはフリーです♪
でもお知らせ下されば嬉しいです・・

いま使っている教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集 9巻


いままでに使った教材

鈴木ヴァイオリン指導曲集1~8巻

新しいヴァイオリン教本 1

ブログ内検索

BlogPet

Your Birthday

生年月日を入力してみてね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。